2020年6月20日 (土)

乱高下な日

毎年この時期に実行しているハーフラン。今年も無事に21km走りました。

この数カ月の引きこもり生活で、かなり気力&筋力が落ちてしまっていたため、走りきれなくても仕方ないか、と思いながらスタートしましたが、なんとか、なんとか、最後の2周(約4km)は歩いた方が早いんじゃないかと思うような速度でしたが、走りきりました。

別に走ることが好きでも、運動が得意でもないのに、なぜ走るのか。

単に、去年できたことが今年できなくなるのがいやなのです。

去年できたのに今年できなくなったことが他にあれこれあるので、せめてこれくらいは、ね。

自分へのごほうびに、何年ぶりかで近所の人気のパン屋さん(それなりの価格)でパンを購入。おいしい!やっぱりこの店はおいしい!高いだけある!

昼過ぎには、2駅先にある某有名衣料品チェーン店へ、利用するのは初めて。話には聞いていたけど、ほんとに安い!これも安い!あれも安い!すっかりテンションが上がって、思いっきり買いまくってしまいました。

高さに感動し、安さに興奮し、乱高下な一日でした。

今日の「ありがとう」は、とても丁寧で感じのいい女性店員さんたちに。

2020年6月 5日 (金)

挨拶にドッキリ

昨日、砧公園に早朝ジョギングに行くと、数十メートル先で、若い男の子(20才前後かな?)が向かい合って立っていました。一方の男子は猫背気味で、かたわらには倒した自転車と地べたに置いたバッグ。もう一方は、スケボーに片足を乗せ、腰に手を当てている。

も、もしかして、これは、スケボー男子がもう一方の男子に絡んでいるところ?とちょっと不安になりながら徐々に近づくと、どうやら友だち同士のようで、仲良く、でも2メートルくらい空けて(偉い!)会話していただけのようでした。

なーんだ、よかった。と安心しながらも視線をその子たちに向けたままでいると、猫背男子が私に気づき「はよっす」(=おはようございます)と挨拶してきました。

え?なぜ?私が凝視しすぎていたから「僕たち怪しくないですよ」っていうアピールかな?それとも、単に年配への挨拶が習慣化しているだけ?ちょっとびっくりして、すぐには声を出せなかったので、大きく会釈して通り過ぎました。

理由はどっちにしろ、なんだか気持ちよかったな。ただ、そこで自分も元気に「おはよっす(^o^)/」って応えられなかったのが情けない。

早朝ジョギング中に挨拶されて驚いたといえば、2年程前にもありました。

駒沢公園の近くを走っていたら、こちらに向かって歩いてきた30才前後の細身の男性。私の顔をしっかり見た上で「あ、おはよっす」とはっきり挨拶してきました。ええええ!私に!?

なぜこんなに驚いたかというと、だって、その男性、細身の体にぴったりしたテラテラ光沢のある素材の開襟シャツ、スリムな黒系のパンツ、先のとがったエナメルの革靴という服装で、そう、チ○ピラ風な出で立ちだったのです。

あまりに驚いて、まったく反応できずにすれ違ったのですが、「絶対に間違いだよね。知ってる人じゃないよね。でも、知ってる人だったらどうしよう。あとあと、『あいつ、俺が挨拶したのに無視しやがった』って言われたら…」と、とても心配になりました。

その後、何も起こらないので、やはり間違いだったのでしょう。いや、もしかしたら、そのチ○ピラ風な男性も、単に挨拶が習慣化している気持ちの良い人だったのかもしれない。

チ○ピラさん、ごめんなさい。いや、そもそも、チ○ピラかどうかも不明なのですが。

今日の「ありがとう」は、久しぶりの書道のお稽古再開に。みんな無事で良かった。朝顔も無事に育っています。皆さんも引き続き体にお気を付けください。
Img_4812

2020年5月24日 (日)

緑の香りをチャージ

よく晴れた気持ちの良い朝。先日見つけた緑道をまたウオーキングしました。
Img_4795

緑道からちょっと逸れると、世田谷八幡宮がありました。世田谷八幡宮の存在は知っていたけど(知り合いが時々FBに上げていたので)、こんなに簡単に歩いてこられる距離だとは知らなかった。

世田谷八幡宮には土俵があります。コロッセオ風、と言ったら大げさかな。ここで奉納相撲が行われるそうです。
Img_4799

ウオーキングから戻ったら、いつも通り引きこもり。天気が良くて、出かけたくなるけど、我慢我慢。テレビで流れる新宿・渋谷の映像では、けっこう多くの人たちが出歩いていますね。明日にも緊急事態宣言の解除が発表されるという情報が流れているせいでしょうか。

明日が引きこもり生活の最終日になるかもしれない。気持ちの切り替えが必要だ。それはそれで、ちょっとしんどい。

今日の「ありがとう」は、朝の緑の香りに。

 

2020年5月17日 (日)

平日と同じ休日

週3回の朝ランはコロナ禍前からの習慣ですが、朝ランをしない日の運動量があまりに少ない(というよりゼロに近い)ので、30〜40分程度のウオーキングをすることにしました。

これまであまり足を踏み入れた事のなかった道に適当に入っていったり、ちょっとだけ冒険しています。今朝は、素敵な緑道があることを知りました。雨上がりの朝の緑の香りが気持ちいい。

そんな気持ちのいい朝で始まった日曜日も、あっというまに終わりそうです。平日となんら変わらない1日。

あ、でも、今日は黄身しぐれに挑戦しました。ちょっと失敗したけど、味はまあまあでした。写真は、できるだけ失敗が分かりにくい角度で撮っています。
Img_4786

今の心の支えは、早朝の緑と甘いものです。

今日の「ありがとう」は、烏山川緑道の草木を手入れしている方々に。

2020年5月13日 (水)

離れられない理由

引きこもっているうちに、砧公園のバラが満開になっていました。

Img_4761 Img_4764 Img_4765 

Img_4767 Img_4768 Img_4774

これら以外にももっと種類があるのですが、フェンスに囲まれて近づくのが難しいので撮れません。なぜ入れないようにしているのかな。引っこ抜いて行っちゃう人がいるのかしら。

明日には、39県で緊急事態宣言が解除される見込みだそうです。

それよりも、私は検察庁法改正案が通過してしまうことの方が気がかりです。書面の証拠も無く閣議決定されたK氏の定年延長を後付けで正当化するために、コロナ禍に乗じてむりくり通すつもり。だと私は解釈しています。そんなことが許されるのでしょうか。

今の政権は、「そんなこと、まさかありえないよね」って思えるようなことがいくつもいくつも起こってきた。こんな日本、私は嫌いだな。かといって、日本を離れてよその国に移る余裕(資金)は無し。

それに、桜も梅もバラもみごとな砧公園の近所からは、離れたくないのです。

今日の「ありがとう」は、思いがけず、問題の1つが解決した瞬間に。新しいソフトで、どうしてもうまくいかなかったことが、今日の夕方、なぜかうまくいきました。同じ事を、この数日間で2回は試したのに!なぜ今日うまくできたのか?

原因は分からず。原因が分からないと、この先も同じ不具合に陥る危険性が残っているのだけど、ひとまず今はなんとかなったので、とりあえず「良し」としよう。

2020年5月 3日 (日)

引きこもり修行中

両親が、たくさん野菜を送ってくれました。ありがたい!5日分はありそうだ。当分買い出しは不要になる。

しかし、独り身・独り暮らしにとって、このご時世、買い出しだけが社会とのつながり。平たく言えば、自分以外の人間と顔を見合わせて、ひと言以上、言葉を交わす唯一の機会。この大事な買い出しという機会を見送るのは、辛いな〜。

と思いましたが、不要不急の用事は我慢・我慢。ということで、外出しませんでした。この狭〜〜〜〜〜い居住空間に、一日中引きこもっていられるなんて、我ながら驚きです。そして大きな不安があります。

もし、無事にコロナ禍が収まって緊急事態宣言・自粛要請が解けても、そのままこの狭〜〜〜〜〜い居住空間から出られなくなるのではないかと。「出られなくなる」とはつまり、まったく出る気にならない、という事態。

今は収まった先のことは考えなくてもいい…か。まずは、収まることを考えなければ。

諸々の不安と闘いつつ、日々頑張ってくれている、医療従事者、流通関係者、ゴミ収集の方々、本当に頭が下がります。どうもありがとう。

ところで、近所のハナミズキ・ツツジの歩道にポツン、ポツンとあるこの樹の花。なんだろう?白バージョンと赤バージョンがあります。

Img_4724 Img_4720

2020年4月29日 (水)

天国での話題

近所で毎年この時期に見事に咲く、モッコウバラです。白は香りが薄いと聞きますが、さすがにこれくらいボリュームがあると、少し離れていても十分香ってきます。

Img_4698

日本では、少なくとも関東では、1年で最も快適なこの時期に、引きこもっているのはなかなか辛いですが、新型コロナウイルスとは関係なく昨年11月末から完全リモートワークに移行していた私は、おそらく、世の中の人々よりも比較的スムーズに自粛生活を送れているのではないかと思います。

しかし、これだけ人との接点・会話がないまま日々過ごしていると、精神面が不安になってきますね。ペットも飼っていないので、こうした花々が「癒やし」を与えてくれる数少ない存在です。

TBSラジオの「日曜天国」で、人気アナウンサーあずみん(仮称)が、「死んで天国に行ったら、1000年以上前の人たちとの共通の話題は花とか鳥ですからね!」と言っていた。

死後、もし運良く天国に行ことができて、1000年前の雅な人々と会話ができるように、こうして近所の花々を眺め続けたいと思う。

今日の「ありがとう」は、朝日にきらきら輝く白いモッコウバラに。

2020年4月19日 (日)

主役級のかわいさなのに

地元の八重桜も満開を過ぎ、駅前通りはこの週末の風で圧倒的な桜吹雪だったことでしょう。

「でしょう」というのは、見に行っていないから。昨日は大雨・大風だったのであまり外に出る気持ちも起きなかったけど、今日は打って変わってぽっかぽっか陽気で、とてもとても見に行きたい気持ちを抑えるのに苦労しました。でも、おそらくけっこうな人出になると思うので、駅方面に行くのは諦めました。きっと見事だっただろうなあ、桜吹雪。

しかし、とても陽気がいいので、陽を浴びないともったいないというか、今後の精神状態に良くないというか、そんな気持ちになったので、あまり人が多くないであろう通りを歩いてきました。

そこは、道路脇に植えられているハナミズキが、太陽の光を浴びて眩しいくらいでした。

ハナミズキ、いつもこの時期に咲いて、かわいらしい花を見せてくれるのに、桜の直後だからか、あまり取り上げられることがない。咲いている期間も案外短いので、話題に上ることもなくいつの間にか終わっている。

こんなにかわいいのですよ。
Hanamizuki

さて、あまり外に出られないので、久しぶりに練り切りを作りました。すっかり時季外れの梅。初心者向けの、道具がなくても簡単に作れるというレシピを参考にしたので…。
Img_4685

そうだ!これはハナミズキです!白と赤のハナミズキ…には見えないですね(^^:

今日の「ありがとう」は、ハラハラ散る八重桜と、まぶしいハナミズキに。

2020年4月 5日 (日)

自粛のご褒美?

再び砧公園。4月3日(金)朝の桜です。

満開後に、雪、大風、雨、と試練を受けながらも、こんなにも美しい姿を見せてくれました。
Img_4425Img_4418 Img_4427 Img_4436

今年は花見自粛で、人間どもの大騒ぎがなかったためか、なんだか、のびのびとこぼれんばかりに花を付けているような気がします。

4月4日(土)に訪れた駒沢オリンピック公園の桜も(写真はありませんが)、こぼれおちそうな花の付き具合でした。

どうやら、新型コロナウイルスは植物には悪影響がないようですね。むしろ、人間のうるさい宴の方が悪影響だったのかも。

冒頭に「再び」と書きましたが、実際には、砧公園に早朝桜の写真を撮りに行ったのは三度目。どんだけ砧公園が好きなんだ。

今年はまだアップしていなかった、砧公園の“私の”源平枝垂桃。今年も可愛らしい姿を見せてくれました(ホウキウメとソメイヨシノをバックに)。
Img_4325

今日の「ありがとう」は着物のお手入れを頼んだT店に。待つ覚悟だったけど、即受付してもらえました。助かった〜。
お互い、予防に十分注意して乗り切りましょう!

2020年3月25日 (水)

それでも桜は美しく

東京五輪の延期が決定しましたね。

もともと、東京でのオリンピック開催に、いや、オリンピックそのものに反対の私は、延期ではなく中止を強く祈っていたのですが、まあ、どちらがベターなのかは分かりません。

しかし、延期するにしても、もっと早く判断する機会はあったはず。それなのに、ずるずるずるずるずるずるずるずると判断を先送りにしてきたことで、「延期による悪影響から立ち直る力」が大きく落ちてしまったと思う。関係組織のトップたちは、みな「アスリートファースト」を口にするけど、あまりにしらじらしく、その言葉がその口から出るたびに不快に感じます。(ただし、山口香氏は、本当にアスリートのことを考えて信念ある発言をしたと思う)  

憤りと不安ばかりが膨らむ昨今ですが、それでも桜は咲いてくれます。花は本当にけなげです。人間はこんなにおろかなのに、きれいな姿を見せてくれます。写真は、昨日の朝の砧公園。

Img_4351 Img_4340

砧公園は本当に良い公園です。こんな風景、なかなか他では見られない。

Img_4337

今日の「ありがとう」は桜たちに。今朝も「ありがとう」と言いながら桜の樹の下を走りました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ