最近のトラックバック

2024年2月18日 (日)

良い疲れと悪い疲れ

今日はお茶会でした。

会場内で5つのお茶席が立ち、3席でお茶をいただきました。朝8時半に集合し、3席目から退室したのが14時半。約8割が待ち時間!(←ちょっとだけ盛っています)

待っている間、かつて某役者が「ロケは8割が待ち時間」と話していたのを思い出しました。そうか、ロケもお茶会も辛抱が必要ね。私は役者、と言いきかせて頑張って待ち続けました。

会場内にあるお稲荷さん。お供え物の中に、本日のお茶会で供される和菓子もありました。
Pxl_20240218_004655393 Pxl_20240218_004637002 

お茶会の御朱印もいただきました。
Pxl_20240218_104145521mp

待ちくたびれたけど、ふと気づいたら久しぶりにすっかり仕事のことを忘れて一日が経っていました。疲れに「良い疲れ」と「悪い疲れ」があるとしたら、お茶の疲れは確かに「良い疲れ」です。

今日の「ありがとう」は楽しいお茶席を開いてくださった先生方と、一緒に参加した庵の友たちへ。

2024年2月10日 (土)

皇居とラビリンスと

本日はよく晴れたので、皇居三の丸尚蔵館「皇室のみやび」の第2期へ。

第1期の開館初日に比べれてとても空いていて、のんびりゆったり見られました。

展示数は少ないけど、一部を除いて撮影可だし、人が写り込まず写真が撮れるくらいじっくり鑑賞できるし、入場料1,000円は安い。

こちらは横山大観。幅4メートル半。
Pxl_20240210_060614278

本物の赤珊瑚を使った置物。
Pxl_20240210_055055332

サウジアラビア国王から贈られたネックレス。サファイヤとダイヤがキラッキラでした。さすが富豪国サウジ。
Pxl_20240210_055818114

大手門内側から大手町のビルを臨む。
Pxl_20240210_063242477

第3期も楽しみです!

今日の「ありがとう」は帰りに寄った紅茶屋の店員さんに。大手町駅でさんざん歩いて疲れていたけど、店員さん達がなんだか楽しそうで、ちょっと元気になりました。

大手町ラビリンスは気を抜くと迷う!

2024年2月 4日 (日)

お歴々がはるばる

立春の今日は、朝から雨が降り、寒〜い一日でした。立春とはいえ、やっぱりまだまだ冬ですね。

天気の良い昨日のうちに、「中尊寺金色堂展」に行っておいて良かった。阿弥陀様や菩薩様など、国宝のお歴々がはるばる東京・上野に。平泉に行かずしてお参りできるとはありがたい。そして、増長天立像・持国天立像の躍動感、紺紙金銀字交書一切経の精緻な美しさは素晴らしかった。

さらにここでも迫力の8K映像が!原寸大の金色堂とその内部が映し出されていました。ものすごい立体感でした。

こちらは1/5縮尺の金色堂の模型。きんきらきんでした。

Pxl_20240203_063338987

あの国宝の数々を運んでくるのはたいへんだっただろうなあ。どこの運送会社が担当したかしらないけど、どうもありがとう。

2024年1月28日 (日)

8Kにびっくり

今日はこちら、東京国立博物館「本阿弥光悦の大宇宙」展に行きました。

Pxl_20240127_073315200

普段、企画展の時は、いくつかの展示物は飛ばして見ることもあるのですが、光悦ファンとしては今回の展示は1つたりともなおざりにはできません。ひとつひとつじっくり鑑賞。2時間強かかりました。もうヘトヘトです。

光悦の作品はもちろん今までに何度も見たことがありますが、光悦をテーマにした展示は初めてです。こんなに光悦に関連した作品を集めてくるなんて、さすがトーハク!

展示室の最後に、光悦の作品を紹介する数分の8Kビデオが公開されていたのですが、8Kすごい!とても細かいところまでくっきり!今、この(8Kで写されている)作品見てきたばかりだけど、こんな細部は見えなかったよ!?え?こんな筆致や運筆まで分かっちゃうものなの!?

人の眼は案外きちんと物象を見ていないのですね。いや、私の眼が悪いだけかも知れないですが(近視・乱視・老眼)。

絶対に混んでいると思って覚悟していったら、意外と空いていました。今が見頃です。いずれNHKの「日曜美術館」で扱われたら混みますよ、きっと。

今日の「ありがとう」は光悦展を発案してくれた誰かに。

2024年1月14日 (日)

古くてモダンでワクワク

本日は遠州流の初点でした。
Pxl_20240114_073327110

遠州流のお道具はなんとなく可愛らしくてワクワクします。残念ながら撮影不可なので写真でお見せすることはできませんが、外側を真っ青に塗り、内側に絵付けが施された祥瑞茶碗。ちょっととぼけた龍が描かれている明時代の菓子盆。時代は古いのだけど、なんだかモダンな感じがして、お洒落。

3年ぶりに点心席があり、歓談しながらの食事。提供する方はとてもたいへんだと思いますが、やはり温かい汁ものなどが味わえる点心席は嬉しい。

恒例のくじ引きは懐紙でした。裏千家よりちょっと大きめのサイズです。
Pxl_20240114_104907902

今日の「ありがとう」は、お声をかけてくださったHさんに。Hさんと一緒のお茶席は本当に楽しい。Hさんが心から楽しんでいるのが伝わってくるから。

2024年1月 8日 (月)

利かない眼で鑑賞

本日は久しぶりに五島美術館を訪ねました。毎年楽しみにしている「茶道具取合せ展」、茶道具の名品がずらりです。

「名品がずらり」な〜んてまるで見る目があるような言い方をしましたが、まったく分かりません。安い贋作が一緒に置いてあったとしても、きっと気づかないでしょう。

高価なものを見分けるのではなく、茶人達がどんなものを愛でたのかを知るのが鑑賞のポイントだと思って、眺めてきました。買うわけではないですからね(笑)

五島美術館は、以前の住まいからは比較的近かったのですが、現在の住まいからは1時間10分。ぐっと遠くなってしまいました。

今日の「ありがとう」は、いつも感じが良い同館スタッフの方々に。もっとゆっくりしたかったな。

こちらはトイレに飾られていた花。可愛らしい。
Pxl_20240108_030309278

2024年1月 3日 (水)

お正月終了

第100回箱根駅伝は、おおかたの予想を覆し、青山学院大学が往路・復路・総合優勝しました。おめでとう!

私が年末に聞いた・読んだスポーツ記者の予想では、ほとんどが「駒沢大学優勝」でした。駒澤大学は「隙が無い」と。

私も、青学を応援しながらも、往路の途中まで駒大が優勝すると思っていました。いや、青学ランナーが1位になっても、どこかで駒大に首位を奪還されるのではないかとハラハラしていました。しかし、「負けてたまるか大作戦」が見事に成功!やはり、箱根は何が起こるか分からない。

青学以外で注目していた中央大学のY選手が、今回は実力を十分に発揮できなかったのが少し残念だったけど、一所懸命に走る若者達は本当に素晴らしかった。1kmを2.5分〜3分くらいで走り抜ける彼ら・・・速い!私の3倍も速い!いや、私がのろすぎるのだが。

元日の能登半島地震、2日の羽田空港衝突と、重大事件が立て続けに発生したけど、箱根駅伝の2日間は辛いことを忘れる幸せな時間を過ごせました。今日の「ありがとう」は箱根路を駆け抜けたランナーたちに。

今朝は、元旦にお参りしたけどスマホを持っていなかったの写真を撮れなかった神社を再訪。写真を撮って、お賽銭も“後払い”で。ずらーっと並ぶ提灯が風情があります(ろうそくではなく電灯ですが)。
Pxl_20240102_202840583

こちらは昨日の夕方に撮った雲の様子。パッと見、どこかに龍の形があるように思えて撮っておいたのです!じっくり見てみると・・・龍の形はありませんでした。残念。
Pxl_20240102_073927793

箱根駅伝が終わるとともに、私のお正月も終わりました。ああ、現実が待っている。

2024年1月 2日 (火)

初夢は英語の手紙と昭和の演歌歌手

初夢は断片的に覚えている。

友人Aに友人Bへの伝言を手紙でお願いすることになっていて、手紙をなぜか英語で書かなければならない。昭和の任侠映画に出てきそうな眉の濃い男の人が突然登場し、その人は笠なんとかという演歌歌手で、これからPRで歌うところ。などなど。

毎年初夢はまったく覚えていないのに、今年はなぜか、断片的にではあるけれど、覚えている。

それより不思議だったのは、目覚ましが鳴るまで寝ていたこと。目覚ましで起きたのは何か月ぶりだろう。何か月どころではない。少なくとも2年ぶり以上…いや、もっと?

ぐっすり眠れる要因は思い当たらない。むしろ、前日はあの、北陸の大地震という心配なニュースがあったというのに。

なんとなく申し訳ない気持ちもするが、新年早々しっかり睡眠が取れたのはありがたい。

今年は花びら餅を作るための準備(ごぼうの蜜煮やら味噌あんやら)をしていなかったので、代わりに大福を作りました。お正月感ゼロですが。
Pxl_20240102_044009397

今日の「ありがとう」は、トーハク恒例正月企画「博物館に初もうで」に。いろんなお宝「龍」で目の保養ができました。
Pxl_20240102_064004978Pxl_20240102_063934817

2023年5月13日 (土)

雨降りの穏やかな時間

雨降りの土曜日。この天気なら空いているだろうと、出光美術館に行ってきました。「茶の湯の床飾り」。期待通り、ゆったり観賞できました。

チラシにも使われている牧谿の「平沙落雁図」。このセンスと技法が見事。ぼんやりと墨で描かれている、V字飛行する雁の群と湖畔で羽を休める数羽の雁。
 pxl_20230513_234023242

詳細な画像と説明はこちらで確認できます。

他にも素晴らしい墨跡や古筆などが展示されていて、本来の目的は実はこれら書の方。良い字を見て、少しでも書の上達につながれば、と(つながるのかどうか分かりませんが)。

ちなみに新しい書道教室では、こんなこともやっています。
Pxl_20230513_004130839

小学生か!(苦笑)

毛筆とあわせて硬筆もずっとやってきましたが、普段書く字は相変わらずヘタ字。ということを先生に話したら、「確かに毛筆の腕に比べて硬筆の方は低いね」とズバリ。そんなわけで、あいうえおからやり直しです。

今日の「ありがとう」は丁寧な応対の出光美術館スタッフの方々に。入った瞬間、とても穏やかな気持ちになりました。

 

2023年5月 7日 (日)

終わりは悲しくない

長いゴールデンウィークも今日でおしまいです。

連休前は「5日も休みが続いているのに、な〜んも予定ない!何しよう?」と思っていましたが、あっという間に4日が過ぎ・・・。1日が16時間くらいしかなかったのではないでしょうか?

連休1日目は、約半年ぶりにダイビングに行きました。水温17〜19℃。6.5mm(ロクハン)のウェットスーツで潜りました。ロクハンのダイビングはなんと4年4カ月ぶり!

大瀬崎は富士山と山の緑がきれいでした。水中カメラはもう持っていないので、海の生物の写真は無し。
Pxl_20230503_040942102mp

連休2日目は、歌舞伎通のご夫婦が切り盛りするお好み焼き屋さん。近頃は、インバウンドの復活で、外国人観光客の来店が多いとか。この日も、ベトナムから(だと思う?)のお客さんが1組いました。今月の飾りはもちろん端午の節句。
Pxl_20230504_110302764

連休3日目は大学時代の友人と、大学時代の先輩が営むアフリカンバーに。コートジボワール料理、ケジュヌ(写真左の煮込み料理)はお世辞抜きで美味しい。
Pxl_20230505_092621201

連休4日目は1日遅れでかしわ餅を作りました。かしわの葉無しのかしわ餅。つぶあんとずんだあんです。
Pxl_20230506_014309125

連休5日目の今日は、雨です。これから雨脚が強くなるとの予報。早めに買い出しに行っておこう。

さて、自然に目を向けると、気温上昇と強い風、そして大きな地震。

国内外の観光客でごった返している都会や観光地でこの規模の地震が起きていたらたいへんなパニックだったな。という考えがまず頭に浮かんでしまったのですが、翻せばこれは、そういう場所での地震ではなくて「よかった」ということになってしまうので、なんて(被災地に対して)失礼なことを思ってしまったんだろうと反省。まだ断水しているエリアもあるとか。早く復旧しますように。

今日でゴールデンウィークは終わりですが、昨日までの暑さとうって変わって涼しく、なんだかホッとしています。終わることは悲しくない。それより、明日から5日連続で出勤しなければならないことが・・・・つ・ら・い。

連休中の「ありがとう」は、急な誘いに応じてくれた、Kちゃん、Sちゃんに。道に迷ってごめんね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ