最近のトラックバック

2017年9月18日 (月)

一生分の「運」はいつ使う?

なんと18日もブログを更新していませんでした。

さて、三連休最終日は大瀬に潜りに行きました。本当はIOP(伊豆海洋公園)に行ってジンベイザメを見るつもりだったのですが、台風一過の風ビュービューのおかげで、IOPはクローズ。

大瀬崎の湾内。青い空、青い海。これぞ夏休み!といった感じの風景。しかしかなり空いています。かなたに見えるのは富士山。中腹にかかっている雲が、風が強いことを示しています。
P9180091

陽射しが強いおかげで、海の中も青くてきれい。クラゲがキラキラしています。このクラゲは刺しません。
P9180046

キンギョハナダイがこれでもか!というくらい湧いて出ます。こんな感じでダイバーの周りを乱舞。
P9180108

そろそろ水中からあがろうという頃、小さめのアオリイカのグループがずっと近くを漂っていました。透き通っていて、海と同化しています。
P9180138

足を上げて威嚇しているチビアオリイカ。一生懸命annoyでかわいらしい。
P9180147

やっぱり海の中はいいな〜。海の中が好きだな〜、とつくづく思いました。

念のため言っておきますと、伊豆でジンベイに会えるのは極めて希です。が、この2日前に、IOPにジンベイが出現したのです!しかしIOPがオープンしていたとしても、ジンベイに遭遇できる可能性はほぼ無かったでしょう。むしろ、会ってしまったら一生分の「運」を使い果たしてしまうのではないかと懸念していたほど。だから会えなくてよかったのです。と負け惜しみ、負け惜しみ。

今日の「ありがとう」は、まったりのんびり楽しい海を過ごしたKちゃん、Bちゃんに。

2017年6月12日 (月)

すごいサカナ

気づけば1カ月近く書いていませんでした。

そして、気づけば約1カ月半、潜っていませんでした。

ということで、久しぶりのダイビング。すっかりブランクダイバーです。

あまりに間があいているので、ダイビングサービスのスタッフに「今朝、イサキがすごかったですよ」といわれ、「イサキってどんな魚だっけ?」とすぐに思い出せなかったくらい。

ちなみに、ここ、井田で「イサキがすごい」といえば、「イサキの稚魚の群がすごい」という意味です。

それがこちら。ほんとに「すごかった」。
P6110077_1

さて、井田に行く途中で寄ったセブンイレブンにこんなものがありました。津波・水害発生時のための救命艇です。
Img_0725

内部は昔のSF映画の宇宙船内のよう。
Img_0723

ちょっと乗ってみたい気もしますが、使う機会がないことを祈ります。

久しぶりのダイビングの「ありがとう」は、久しぶりでもいつも通り楽しいいつもの仲間たちと、だいぶ水温が上がってきた海に。

2017年1月23日 (月)

なんとか1月中に初潜り

ようやく2017年の初潜りです。

これまでコンスタントに一緒に潜ってきた仲間とは、生活の変化やらなんやらで、一昨年あたりから都合を調整するのが難しくなって、すっかり潜りに行くペースがダウンしていました。

なかなか潜りに行けずに、でもネットで「透明度20m以上!」なんていう情報を読みながら、行きたいな〜とうずうずしていました。

で、数年前に一緒に潜ったことのあるM記さんにお願いして、今回の潜りに加えてもらうことに。Mさんとは、一度潜ったきりお目にかかってなかったけど、ずとFacebookでつながっていました。

ポイントは、久しぶりの大瀬崎。よく行く井田とは車で15分くらいの距離なのだけど、井田よりも断然富士山が大きく見える!
Img_0401

週末の強風で透明度は8mくらいにおちたとの情報だったけど、水が青いのと、太陽光が差しているおかげで、先端はけっこうなブルーです。
P1220040

まずは、赤いチェック柄がかわいいクダゴンベ。
P1220046

あとはひたすら湧き上がるようなキンギョハナダイ。
P1220061

2本目は湾内。人生で3度目のミズタマウミウシ、人生初のツノザヤウミウシ、カンナツノザヤウミウシ、コソデウミウシを愛でました〜heart02 が、なぜかこのときカメラが不調でまったくピントが合わず、写真が撮れませんでしたcryingなぜ〜〜!?

こちらは、初めてまともに写真が撮れたヒメイカ。体長約1cm。超チビッコのイカです。
P1220102

水温15℃とだいぶ冷たかったですが、太陽光が差す中でキビナゴの群のキラキラが、寒さを忘れさせてくれました。
P1220097

快く仲間に入れて下さったM記さん、本当にありがとうございました。これからもどうぞ宜しくお願いします。そして、ナビ、ガイド、運転をこなしてくれたスーパーマンM田さん、どうもありがとうございました。また宜しくお願いします。

海を好きな人に悪い人はいない!

2016年12月25日 (日)

クリスマスは青く

クリスマスは井田でダイビングでした。

2日前は波が大きかったためクローズでしたが、1日前にはだいぶおさまり、今日はかなり穏やか。水温17℃、透明度10m。朝一で潜ったスタッフは「透明度15m」って言ってたけどねcoldsweats01

Pc250080 体長1cm程度のサガミリュウグウウミウシ。正面から撮った写真ですが、実物を見たことのない方には、どこがなんだか分からないでしょう。もっと分かりやすい角度からも撮影したのですが、まったくピントが合っていなかったため、これしかお見せできません。

相変わらず元気なキンギョハナダイの群れ。
Pc250142

久しぶりのアカハチハゼ。
Pc250169

ほかには、カミソリウオ(緑)、マトウダイ、ニセカンランハギ、タカベの群、イサキygの群、などなど見ました。

朝、到着したときは厚い雲が空を覆っていましたが、昼前には陽が差し、午後にはすっかり青空に。帰り道ではこんな景色が見られました。
Pc250171
霊峰富士。実に、実に、美しい姿です。楽しいクリスマスダイビングをありがとう、と心の中で富士山にお礼を言いました。

2016年11月24日 (木)

54年が巡ってくる前の水中

本日は、54年ぶりに東京で11月の初雪となりました。
最近多いですね。何十何年ぶりの○○。

さて、そんな真冬の気候になる前日に、井田に潜りに行ってきました。

地上は風が強く、空気がとても冷たかったけど、水中はそこそこ温かくて20〜21℃。
20〜21℃は決して温かくはないのですがcoldsweats01 まあ、地上の寒さに比べれば&覚悟していたよりは、という意味です。

ところどころ青空は見えるものの、低い雲が広がっていて、ちょっと暗めの水中でした。それでも水は青く、気持ち良かった!青い海に、魚たちも浮かれています。

イサキ幼魚の群。
Pb230215Pb230237_2

タカベ若魚の群。
Pb230258Pb230259

こちらはクマドリカエルアンコウの白バージョン。通称「シロクマ」。
Pb230281_2

ニシキフウライウオのペア。大きい方がメスです。
Pb230276

今回は、都内から参加する人に自宅でピックアップ&ドロップしてもらったので楽々。1台に5人乗って、道中も賑やかで楽しいダイビングになりました。

いつも楽しい海を案内してくれるKちゃん、ずーっと運転してくれたM田さん、どうもありがとう!
   

2016年10月29日 (土)

青い海と感謝の雨

土曜日は、久しぶりに井田へ。予報は曇りだったのに、到着してみるとポツポツと雨。それでも気温は20℃以上あるので、寒くないのがありがたい。

雨の中、エントリーしてみると、水が青い!そうだった!秋の伊豆の海は青いのだった!

手前がタカベ、向こうの小さいのがイサキの幼魚。
Pa290073

Pa290085 ニシキフウライウオのペア。2匹いるのが分かりますか?大きい方(手前)が雌です。お腹に卵を抱えていました。ニシキフウライウオはユラユラ漂ってあまり動かないのに、なぜかうまくピントが合いません。

ときおり陽射しがありましたが、結局、終日降ったりやんだり。ワタクシ、晴れ女のはずなのに・・・。

でもなんとなく理由は分かっています。朝、前夜の冷たい雨にうっかり感謝してしまったから。

この週末はハロウインの仮装連中が渋谷駅周辺にわんさか集まってくるはずだったけど、ありがたいことに金曜日は寒い上に雨だったので、思ったほどの混乱・狂乱がありませんでした。ダイビングに行くために早朝に渋谷を通った際、(朝帰り仮装連中で混雑しているかと案じていましたが)スムーズに乗り換えができて、「雨降ってくれてありがとう」と、天にお礼を言いました。

そうです。お礼の言葉が届いてしまったのですよ、天に。そういうことにしましょう。

今日の「ありがとう」は、久しぶりにセルフダイビングに付き合ってくれて、しかもお昼ご飯を用意してくれたBちゃん、ライトを貸してくれたTさんとKちゃん、笑顔で対応してくれたSちゃんに。

2016年10月 9日 (日)

失敗を感謝に変える海

くもり時々雨の中、2カ月ぶりのダイビングでした。台風18号が高速で本州を横切ったので、土曜日は比較的静かな海。潜ろうと準備しているところでどしゃーっと雨が降り出しましたが、それから徐々に天気は回復傾向。

海の中では、ニシキフウライウオの赤バージョン。
Pa080051

貝殻に住んでいるミジンベニハゼ。
Pa080106

ミジンベニハゼは空き缶や空き瓶に住みついているものがよく観察されますが、貝殻など自然物に住み着いている姿は風情があります。

このほかにも、小さいネジリンボウ、小さいヒレナガネジリンボウ、ちいさいミノカサゴ、若いカンパチなど見ましたが、どれもピントがずれずれでとてもご覧いただける写真ではありませんでした。

地上では、さんま食べ放題の「さんま祭り」〜♪やはり炭で焼くさんまは美味しい!4本いただきました。ペロリ
Pa080086

そして夕飯ではスタッフのお誕生日会に参加。数日前に35歳になったT君と、翌日36歳になるW君をお祝い。30代か〜、いいなあ〜、羨ましいな〜、若いな〜。これからも頑張ってね!
Img_0180

一晩明けた日曜日は、西風がビュービュー、波はパシャパシャ。透明度も下がって、少し暗い分、水が冷たく感じました。カメラの電池残量が少なかったため、水中の写真は無し。

水から上がったあとのお昼ご飯は、まぐろの剥き身&しらす丼。
Img_0193_1

水中写真より食べ物の写真の方が多いダイビング週末になってしまいまいした。

そうそう、なぜカメラの電池残量が無いという事態になったかというと、充電して準備万端のバッテリーを家に置いてきてしまったのです。カメラのバッテリーだけでなく、ライトのバッテリーも。

加えて、往路の某路線の切符を無くすという失態。親切な駅員さんが私の話を信じてくれたので、追加料金を払わずに済みましたが、はあ〜、ショックです。

こんな失敗だらけの私を無事に潜らせてくれて、誕生日会の仲間に入れてくれて、美味しいサンマやらまぐろやらを食べさせてくれて感謝です。

週末の「ありがとう」は黄金崎ダイブセンターとTATSUMIのスタッフのみなさん、黄金崎と安良里の海に。

2016年8月 8日 (月)

楽しいだけでは終わらない

昨日は久しぶりのダイビングでした。久しぶりって、先週も行ったでしょ!という声が聞こえてきそうですが、今回は、久しぶりのメンバーとのダイビング。

以前は月に1回必ず一緒に潜っていたのだけど、生活の変化やら体調の変化やら仕事の変化やら財政の変化やらで、なかなか日が合わずにいたのです。

いつものメンバーで潜るポイントは井田。いつも私たちの面倒を見てくれるKちゃんが不参加だったので、面倒を見てくれそうな若者ガイドを予約。笑顔でBCジャケットの上げ下ろしを手伝ってくれましたよ。今どきの若者は年寄りに優しいhappy01

その若者ガイド・カマちゃんお薦めの極小ミジンベニハゼ。サザエの貝殻に住み着いています。けっこう人慣れしていて、近づくと初めはさっと奥に入っちゃうんだけどすぐに顔を出す。
P8070058

こちらはハクセンアカホシカクレエビという透け透けのエビ。お腹の中に卵があります。ちなみに透け透けのエビって結構多いですよ。
P8070052

実はこの日は、いつものメンバーの1人、M里が700本記念ダイブ。ということで、水中で記念撮影。「700」のスレートを持ってるのがM里。
P8070090

その後、主役であるはずのM里が用意してくれたランチを食べ、器材を撤収し、帰路へ。

横浜市民であるY江の車に同乗し、15:35に井田を出発。ところが、かつて経験した「55km渋滞」を上回る渋滞!!都内の自宅に着いたのは23:50でした。

しかし新東名の入口や途中のボードで表示される渋滞情報は「19km」だの「11km」だの「6km」だの細切れ。結局何km渋滞だったのか分からず、ダマされた気持ち満々でヘトヘトになりました。

いや〜、疲れた疲れた。でも楽しかった。M里700本おめでとう!しかし楽しかったけど疲れた。

日曜日の「ありがとう」は、こんな渋滞の中でも不機嫌にならずに運転してくれたY江に。もちろん私もちょっとだけ運転交代しました。

そして今朝、ようやく大輪朝顔「雪」が咲きました。
P8080093

2016年7月31日 (日)

姫はきまぐれ

土・日は西伊豆・黄金崎へダイビング。先週、ヒメヒイラギが光ったとの情報を受け、数年ぶりにナイトダイビングをしようと意気込んで行きました。

ヒメヒイラギというのは、あの植物のことではなく、魚の1種です。体内に発光体を持っていて、集団でいると、まるで蛍のように呼応するような点滅をみせます。

が、必ず光るというワケではなく、光ってくれるかどうかは運次第。水温は20℃前後であまり流れがない方が良いようなのですが、他にも何か条件がありそうで、未だ謎がいっぱい。

で、結局発光は見られませんでした。残念!weep ガイドのS木さんはしっかり動画を撮るつもりで大きいデジタル一眼レフを持って入ったのですが・・・。

それでも私は久しぶりのナイトだったので、夜光虫がキラキラしてアニメの世界に入り込んだような気分でした。

ナイトではお目当てのものに会えなかったけど、昼間のダイビングではサザナミウシノシタの幼魚(左)、シマウシノシタの幼魚(右)を執念で見つけましたよ。
P7300145P7300149

そしてイワシ稚魚のシャワー!
P7310217
 
そこにワラサが突然登場!驚いてピントが合わない!
P7310283

久しぶりに男前に遭遇して感激しました。

陽が暮れる頃はまさにゴールデンな風景に。
P7300164

海をたっぷり堪能して7時半に帰宅。日曜日は東京都知事選の投票日でした。期日前投票に行っておいたので、のんびり荷物を広げて整理していると、テレビで「小池百合子氏、当確」のニュース速報が。

投票締め切りから10分そこらで当確が出るって、どういう仕組みなんでしょう。出口調査のデータ?でも、全投票所で出口調査しているわけではないし、調査対象になった全員が正直に回答するわけでもないし、なのになぜ?不思議です。

出馬表明当初からの挑戦的な態度と、初の女性都知事ということで、都議会のおやじどもからイジメや嫌がらせに遭うと思いますが、なんとか頑張って任務を遂行してもらいたいです。

週末の「ありがとう」は、たっぷり黄金崎を案内してくれたS木ガイドさんと、黄金崎ダイブセンターのみなさんに。

2016年6月26日 (日)

海のように、広く深く

土曜日はウネウネ・ニゴニゴ(うねっていて透明度が非常に悪い)の海を潜ってきました。もちろん、好き好んで悪い海況で潜ったのではなく、たまたまダイビングの予定を入れた日に、海況が悪くなったわけですが。

安良里のトビエイが出現するポイントに潜りたかったけど、うねりが大きいのでそこまでボートが出せないということで、手前のポイントにエントリー。

あまり期待していなかったけど、タカベ若魚の群、イワシ稚魚の群、大型ヒラメ、アカエイ数匹などなどに出会えて楽しいダイビングになりました。

久しぶりにカスザメにも遭遇!
P6250059

トビエイも1匹だけ登場してくれました(写真がうまくとれていませんでした)。

P6250093 お昼ご飯はカレーライスと陸前高田の焼き牡蠣。カレーのお皿が小さいわけではありません。牡蠣が大きいのです。カレーも牡蠣もおいしゅうございました。

P6250097 さらに、私の誕生月ということで、Bちゃんがチョコレートケーキを作ってきてくれました。カットする前のホールの状態のときに撮影すればよかった。おいしかったです。

そんな楽しい土曜日を過ごした翌日の今日は、ちょっと憂うつ気分。なぜかというと、自分がちょっとはためいわくなオバサン行動をとってしまったため。あー、みっともない。自己嫌悪です。もっと、海のように広く深い心で余裕を持たなければ。深呼吸、深呼吸。

昨日の「ありがとう」は、一緒に安良里で潜った仲間とスタッフの方々に。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ