最近のトラックバック

2018年8月13日 (月)

口に入りそうなアオリイカ

働く日本人の多くがお盆休みの初日だったであろう11日に伊豆の黄金崎に潜りに行きました。

車が多く、行き帰りはたいへんでしたが、頑張って行って大正解!アオリイカの乱舞をじっくり観察できました。

P8110076
P8110081
P8110091
P8110101

壮観!知人ダイバーいわく「口を開けていたら入ってきそう!」happy02

水温は28〜29℃。透明度10〜18m。夏にこれだけコンディションがいいのは珍しいです。今年の夏は、(伊豆の海は)当たり年です!毎週でも行きたい!

現実には無理ですがcoldsweats01

夏の間にまた行けるといいな。週末の「ありがとう」は懲りずにバディになってくれたBちゃんに。美味しいカレー、ごちそうさまでした。

2018年7月16日 (月)

温・冷・熱のIOP

約1カ月半ぶりのダイビングでした。今回はIOP。

この一週間ほどで、水温が急速に上がったので、今年初の5mmウェット。5mmウェットだと、ほんと身軽でラクチンです。

透明度は10〜15m。水が青くて気持ちいい。

イシモチ系の稚魚の群。
P7150017

ミナミハコフグの幼魚。正面顔を撮りたかったけど、なかなかタイミングが💦
P7150041

ベニカエルアンコウ、お腹がぷっくり
P7150052

クマノミと卵(赤いプチプチが卵です)。
P7150058

で、水温はといえば、22〜24度。温か〜いhappy01

ところが、午後に潜ったときは冷たい潮が上がってきて、深いところでは一気に17度代にcoldsweats02

でも、冷たい潮から外れると22〜24度の温かさにホッ。そして地上は猛暑で熱っ!

そんな楽しいIOPでした。Kちゃん、どうもありがとう!

2018年6月 2日 (土)

思い立ったが四日前

しばらく潜りに行けそうもないな、と思っていた黄金崎(西伊豆町)。

透明度も良くて、水温も上がっているという情報をネットで見て、「行きたい!どうしても行きたい!土曜日なら行けそうじゃん!」と急に思い立ち、Bちゃんにお誘いのメッセージを出したのが5月29日(火)。即「行きます!」との返事。

え?ほんと?そんなに簡単に決めちゃって大丈夫?(Bちゃんはけっこう遠くに住んでいる)と、誘っておきながらびっくり。

で、Bちゃんと行ってきました黄金崎ビーチ。しかし、「行こう!」と思い立った日から徐々に透明度が悪くなりweep結局「透明度3〜5m」に。

いやもう、エントリーした途端、曇りガラス越しの風景のようでしたよ。全体的な景色が全然分からないので、ところどころ、迷ってしまいまい、来たルートを戻ったり・・・。Bちゃんにけっこうな運動量を課してしまいましたcoldsweats01

今回の大ヒットはコウイカの赤ちゃん。ちびのくせに一生懸命威嚇しています。
P6020063

どれだけチビかというと、私の人差し指と比べてこれくらい。
P6020064

かわいい〜。30分くらい見つめていられそうです。

しかし、そういうわけにもいかず、「無事に育つんだよ」と声をかけてその場を離れました。

久しぶりの海、久しぶりのダイビング仲間。とてもいい時間を過ごしました。

今日の「ありがとう」は、快くお供してくれたBちゃん、そして笑顔で迎えてくれた黄金崎ダイビングセンターのスタッフのみなさんに。

2018年4月22日 (日)

愛しいゴカイ

全国的に暑くなった週末、久しぶりに潜りに行きました。なんと、2018年の初潜りです。

以前は月に1回以上は潜りに行っていましたが、昨年からペースダウンしてしまい、とうとうブランクが4カ月に!wobbly

このままだと、海の楽しさを忘れてしまいそうなので、Kちゃん・Bちゃんを声をかけ(正確には「お願いして」)大瀬崎に行ってきました。

雲の上に山頂が見える富士山と青い海が絵になります。
P4210070

水中は、青というより少し緑がかって、やっぱり「春の海」という感じ。でも陽射しのおかげでだいぶ明るくて気持ちいい。

色とりどりのイバラカンザシ。きれいでしょう。この傘の形をした海藻のようなものは、実は動物(ゴカイ)に分類されます。触ると傘部分が引っ込みます。
P4210094

こちらは繁り始めた海草たち。箱庭みたいでかわいい。
P4210102

もちろん、魚もいろいろいましたが、久しぶりの海の中は、こんな景色がいっそう愛おしく感じられました。

それにしても、水温15〜16℃はちべた(冷た)かったbearing もう少し上がっているかと期待していましたが。せめて18℃まで上がってくれないかな。

週末の「ありがとう」は、Kちゃん、Bちゃんに。また潜りに行きましょう!

2017年12月24日 (日)

2017年の海活動終了

昨日の天皇誕生日は、井田で2017年の潜り納めでした。

潜る前に「水温、16〜17度」と知り、前回潜ったときより一気に3〜4度も水温が下がっているので、「寒さに耐えられるかしら ガクブル(((;゚Д゚)))ガクブル」と心配したけど、

こんなに青くてきれいだったし
Pc230046
タカベの群を追いかけてけっこう泳いだので
Pc230096
あまり寒さを感じずに済みました。

今回はいろんなクラゲが漂っていて、小魚が隠れ家に使っている
こんなのや
Pc230090
こんなのもいました。
Pc230138

2017年のダイビング活動も、安全で楽しく締めくくることができました。ダイビング仲間に大きな「ありがとう」を。

さて本日
は、ダイビング仲間のM里からもらったマリアージュの紅茶と手作りのシュトーレンで“ぼっちクリスマスイブです
Img_1219

2017年11月12日 (日)

幸せは海の中に

本日は1200本記念ダイブでした。
社会人1年目に始めて、○○年続けて来たダイビング。今日、1200本目と1201本目を潜ってきました。

以前のペースなら、昨年の今頃1200本記念のはずだったのですが、昨年後半から諸々の理由によりペースダウンしたために、今日までずれこんでしまいました。

しかも、当初、この週末は別の予定が入っていたのですが、金曜日の夜に突如その予定がキャンセルになったため、ダメもとで仲間に声をかけてみたところ、なんとなんと、スケジュールを調整して集まってくれました。

ああ、私はなんという幸せ者でしょう。

ポイントはIOP。天気予報サイトでは、「風はあるけど波はおだやか」な様子だったので、あまり心配せずに向かいましたが、着いてみると、ときおりサーフィンができそうな波がザッパンザッパンと。「潜水注意」の条件付きオープンでした。

地上は南国のような秋晴れ!
Img_1137

水中は思ったよりも暗めでした。(前列真ん中が私)
Pb120065

アオリイカの群れ。
Pb120094_1

カスザメの幼魚。
Kasuzame

他にも特大ヒラメとか、タカベの群とか、カマスの群とか、おいしそうな魚もいっぱいでした。

海に潜れる幸せと、仲間がいる幸せをしみじみ感じた1日でした。今日の「ありがとう」は、もちろん、海と仲間達に。(予定があって来られなかった友だちにも感謝を)

2017年9月18日 (月)

一生分の「運」はいつ使う?

なんと18日もブログを更新していませんでした。

さて、三連休最終日は大瀬に潜りに行きました。本当はIOP(伊豆海洋公園)に行ってジンベイザメを見るつもりだったのですが、台風一過の風ビュービューのおかげで、IOPはクローズ。

大瀬崎の湾内。青い空、青い海。これぞ夏休み!といった感じの風景。しかしかなり空いています。かなたに見えるのは富士山。中腹にかかっている雲が、風が強いことを示しています。
P9180091

陽射しが強いおかげで、海の中も青くてきれい。クラゲがキラキラしています。このクラゲは刺しません。
P9180046

キンギョハナダイがこれでもか!というくらい湧いて出ます。こんな感じでダイバーの周りを乱舞。
P9180108

そろそろ水中からあがろうという頃、小さめのアオリイカのグループがずっと近くを漂っていました。透き通っていて、海と同化しています。
P9180138

足を上げて威嚇しているチビアオリイカ。一生懸命annoyでかわいらしい。
P9180147

やっぱり海の中はいいな〜。海の中が好きだな〜、とつくづく思いました。

念のため言っておきますと、伊豆でジンベイに会えるのは極めて希です。が、この2日前に、IOPにジンベイが出現したのです!しかしIOPがオープンしていたとしても、ジンベイに遭遇できる可能性はほぼ無かったでしょう。むしろ、会ってしまったら一生分の「運」を使い果たしてしまうのではないかと懸念していたほど。だから会えなくてよかったのです。と負け惜しみ、負け惜しみ。

今日の「ありがとう」は、まったりのんびり楽しい海を過ごしたKちゃん、Bちゃんに。

2017年6月12日 (月)

すごいサカナ

気づけば1カ月近く書いていませんでした。

そして、気づけば約1カ月半、潜っていませんでした。

ということで、久しぶりのダイビング。すっかりブランクダイバーです。

あまりに間があいているので、ダイビングサービスのスタッフに「今朝、イサキがすごかったですよ」といわれ、「イサキってどんな魚だっけ?」とすぐに思い出せなかったくらい。

ちなみに、ここ、井田で「イサキがすごい」といえば、「イサキの稚魚の群がすごい」という意味です。

それがこちら。ほんとに「すごかった」。
P6110077_1

さて、井田に行く途中で寄ったセブンイレブンにこんなものがありました。津波・水害発生時のための救命艇です。
Img_0725

内部は昔のSF映画の宇宙船内のよう。
Img_0723

ちょっと乗ってみたい気もしますが、使う機会がないことを祈ります。

久しぶりのダイビングの「ありがとう」は、久しぶりでもいつも通り楽しいいつもの仲間たちと、だいぶ水温が上がってきた海に。

2017年1月23日 (月)

なんとか1月中に初潜り

ようやく2017年の初潜りです。

これまでコンスタントに一緒に潜ってきた仲間とは、生活の変化やらなんやらで、一昨年あたりから都合を調整するのが難しくなって、すっかり潜りに行くペースがダウンしていました。

なかなか潜りに行けずに、でもネットで「透明度20m以上!」なんていう情報を読みながら、行きたいな〜とうずうずしていました。

で、数年前に一緒に潜ったことのあるM記さんにお願いして、今回の潜りに加えてもらうことに。Mさんとは、一度潜ったきりお目にかかってなかったけど、ずとFacebookでつながっていました。

ポイントは、久しぶりの大瀬崎。よく行く井田とは車で15分くらいの距離なのだけど、井田よりも断然富士山が大きく見える!
Img_0401

週末の強風で透明度は8mくらいにおちたとの情報だったけど、水が青いのと、太陽光が差しているおかげで、先端はけっこうなブルーです。
P1220040

まずは、赤いチェック柄がかわいいクダゴンベ。
P1220046

あとはひたすら湧き上がるようなキンギョハナダイ。
P1220061

2本目は湾内。人生で3度目のミズタマウミウシ、人生初のツノザヤウミウシ、カンナツノザヤウミウシ、コソデウミウシを愛でました〜heart02 が、なぜかこのときカメラが不調でまったくピントが合わず、写真が撮れませんでしたcryingなぜ〜〜!?

こちらは、初めてまともに写真が撮れたヒメイカ。体長約1cm。超チビッコのイカです。
P1220102

水温15℃とだいぶ冷たかったですが、太陽光が差す中でキビナゴの群のキラキラが、寒さを忘れさせてくれました。
P1220097

快く仲間に入れて下さったM記さん、本当にありがとうございました。これからもどうぞ宜しくお願いします。そして、ナビ、ガイド、運転をこなしてくれたスーパーマンM田さん、どうもありがとうございました。また宜しくお願いします。

海を好きな人に悪い人はいない!

2016年12月25日 (日)

クリスマスは青く

クリスマスは井田でダイビングでした。

2日前は波が大きかったためクローズでしたが、1日前にはだいぶおさまり、今日はかなり穏やか。水温17℃、透明度10m。朝一で潜ったスタッフは「透明度15m」って言ってたけどねcoldsweats01

Pc250080 体長1cm程度のサガミリュウグウウミウシ。正面から撮った写真ですが、実物を見たことのない方には、どこがなんだか分からないでしょう。もっと分かりやすい角度からも撮影したのですが、まったくピントが合っていなかったため、これしかお見せできません。

相変わらず元気なキンギョハナダイの群れ。
Pc250142

久しぶりのアカハチハゼ。
Pc250169

ほかには、カミソリウオ(緑)、マトウダイ、ニセカンランハギ、タカベの群、イサキygの群、などなど見ました。

朝、到着したときは厚い雲が空を覆っていましたが、昼前には陽が差し、午後にはすっかり青空に。帰り道ではこんな景色が見られました。
Pc250171
霊峰富士。実に、実に、美しい姿です。楽しいクリスマスダイビングをありがとう、と心の中で富士山にお礼を言いました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ