最近のトラックバック

2014年1月28日 (火)

魚が森に行く理由は

角田光代の「森に眠る魚」という本を読みました。

どういう内容の作品かはよく確認せず、「森」「魚」というキーワードと、作者が角田光代ってことで図書館で借りてきました。

そしたら、ママ友の話でした。主要登場人物はみな、ダンナがいて、子どもがいて、現在専業主婦、という同条件なので、なかなか区別ができず(シングルマザーとかバツ2とか、そのくらいの違いがないと判別できないワタシ)何度も何度も導入部分に戻って、誰がどれだか確認しながらゆるゆると読み進めた次第。

小学校お受験が一つのテーマになっていて、あまりピンとこない世界なので、さして熱中することなく読んでいたら、   いつのまにか    とっても    怖い世界に入り込んでいました。

1999年に起きた、お受験殺人事件がベースになっているそうです。

子どもの小学校お受験なんて無縁な世界のなので、特に感情移入することもなく読んでいたけど、まー怖かったな−。

ずるずると、読者を怖ろしい世界に引きずり込む、角田光代の手法に感心しました。

といっても、個人的にはあまりお勧めしません。最終的にもうちょっと「救い」が欲しかったという思いもあります。救いが無いなら、むしろ「告白」(湊かなえ)くらい、とことん救いゼロの方が読み応えあったかと。

それにしても、なぜ「魚」なのか。本来住むはずの水を離れ、森に眠り、命途絶えた魚は、いずれじわじわと異臭を放つ。そういう意味を含んでいるのではないかと勝手に想像します。

あまりお勧めする気にならないのは、私の愛する魚が、そんな象徴にされているのが不本意であるゆえかもしれません。

今日の「ありがとう」は、ちょっと暖かい陽気に。でも明日はまた寒いらしいです。

2013年4月14日 (日)

古典名作は導眠剤

Dscf7284 ようやく読了。某民放でドラマ化していましたね。でもあのドラマを見たから読み始めたわけじゃないのですよ。ドラマが始まる前から読もうと思って古本屋で買い揃え、ドラマ開始とほぼ同時に読み始め、ドラマがとっくに終わってからようやく今日、読み終わりました。

いったいどれだけ時間がかかっているんだ!と、他人に突っ込まれる前に自分で言っておきます。まー、辛かったですね、読み進めるのが。3ページくらいですぐに眠くなる。電車の中で立って読んでいて、何度“ひざカックン”になったことか。

決してつまらないということではなく、なんというか、感情がついていけない感じでしたね。登場人物の会話がいちいちテンションが高い(ヒステリック)のがどうも苦手。そのヒステリックな状況の中での人間関係がどうにもつかみ取れず、字面を負うので精一杯でした。正直なところ、眠りながら読んだので字面も追い切れていませんが。

友人Yは「少年少女世界名作文学」(でしたっけ?)の簡略版で読んだことがあるそうです。これ少年少女に読ませる作品か?まぁ、子どもの頃から名作に触れさせようということで収録されたのでしょう。Yちゃん曰く「少女のころの私には、男女の愛憎はよく分からなかった」と。そりゃそうでしょう。オトナになった私でもついていけなかったよ。

それからYちゃんとの共通意見は、「ロシア文学は登場人物の名前が難しい」。馴染みがない国(言語)の名前はどれも難しいですが、短縮形(親しい間柄での呼び方)にされた場合に特に分かりにくいですね。しかし今回、ドミートリー=ミーチャ、イワン=ワーニャ、アレクセイ=アリョーシャであることを修得できました。

結局まともに読めてなかったな〜、はふぅ〜(ため息)というのが読み終わってからの感想です。ではもう一度ちゃんと読み直してみるか?と問われれば、答えは「ニエート」です。

今日の「ありがとう」は朝の公園の気持ち良い空気に。

2012年3月15日 (木)

244年の歴史に幕

Britannica

ブリタニカ百科事典(全32巻)が印刷版を廃止すると発表しました。初版発行は1768年。1990年のピークに12万部を販売して以降、発行部数は低下し、2010年は1万2000部を印刷して、現在約4000部が在庫として残っているらしい。在庫がはけた時点で終了です。その後はオンライン版のみ提供されることになります。

オンライン版の方が改訂されても買い直す必要が無いし、コンテンツも豊富だし、調べたいことがあれば、パソコンやスマートフォンでちゃかちゃかっと手軽に検索できるし、使いやすさと身軽さでは断然印刷版より勝っていますね。

でも百科事典の役割って、「調べたいことが分かる」だけじゃないと思うのです。うちにも百科事典がありました。何かを調べたときに同じページに載っている全然関係ない項目にも目が行ったり、別に何を調べるってわけじゃないときでもきれいな写真を眺めながらぱらぱらページをめくったり、そんなことしながら、ちょっとずつ情報が頭の片隅に入ってきたり(入ってきてもすぐ出て行ったり)したものです。

印刷媒体にはそいういう「目的外の情報のかけら」が散らばっていて、ときにはそんな中の一つと出会った子どもが、のちのちノーベル賞を獲るような大人に育ったりするかもしれない。残念ながら私は出会いを生かせないたちなもので・・・。

でも、全32巻を所有するには、それなりのスペースが必要ですね。ちなみに定価は1395ドルです。(日本から購入する場合は送料込みで189000円)

今日の「ありがとう」は、「青」の字をほめて下さった書道の先生に。

2011年10月27日 (木)

明察を求めて—a la recherche du 'MEISATSU'

図書館で予約した本がようやく回ってきました。そして、私のあとも予約が並んでいるようなので、頑張って4日間で読みました。冲方丁著「天地明察」。遅読の私としては、かなりの速読モードでした。

とても面白かった。算術って、わくわくしますね。などと書くと、私が数学が得意なように聞こえますが、数学は苦手です。高校の時に、200点満点のテストで35点とりました。(平均点が40点くらいだったから、相当難しかったんですよ←都合のいい記憶かも)

こんな私でも算術が面白いって感じるくらいだから、数字と星に興味のある人はもっと面白いのではないかな。

算術と天体のことを置いても、登場人物の「パッション」に打たれるところが多く、電車の中で(読みながら)うるうると涙をにじませてしまいました。

いくつか賞を獲得している作品なので、参考になりそうなレビューや評は他の方々に任せるとして、来年公開予定の映画について考えてみることに。

映画「天地明察」(監督:滝田洋二氏)のキャスティングは

主演 岡田准一 (役柄:渋川春海)

    宮崎あおい(役柄:えん=春海の妻)

ということですが、私が勝手に考える渋川春海役は、田中圭。でも壮年の春海を演じられるかがちょっと心配だけど。←実際のキャスティングではないので心配する必要はないですが
できれば壮年は本木雅弘か堤真一に演じてもらいたい。でもどちらも田中圭と全然顔だちが違うなぁ、どうしよう。←実際のキャスティングではないので悩む必要は無いですが

妻役は・・・、最近の若い女優をよく知らないので、何とも言えず。宮崎あおいは私の抱くイメージとは違うけど、宮崎あおいでもなんとなくナットクという感じ。でも石原さとみに演じてもらいたい気もあり。

和算を生み出した関孝和役は是非とも段田安則に演じてもらいたかったけど、実際のキャスティングでは亀治郎でした。亀ちゃんはどちらかといえば塾頭の村瀬義益役がいいな。

原作がある映画やドラマは、どういうキャスティングをしても、なかなか「明察」ってわけにはいかない。それを覚悟の上で、来年、映画が公開されたら見に行きたいと思っている。

ちなみに、天地明察の中でとても感動したシーンの一つは、春海が参加する観測隊のリーダー的存在で天文に精通した老年(といっても現代では全然“老”ではない年齢ですが)の2人が、

「だいたいにして若い師というのは実によろしい」
「ええ、教えの途中でぽっくり逝かれてしまうということがありませんから」

と言うところ。

これまでの人生でたくさん努力してたくさん学んでたくさん習得した人は、若い人に師事するのが一番楽しいのかもしれない。そういう境地に達したいものです。

今日の「ありがとう」は、いつもながら適度にほめてつつ指導してくれる書道の先生に。先生、年齢不詳ですが美人です。

 

2011年7月20日 (水)

週末のシュール

先週末、ダイビングに向かう電車の中で「終末のフール」(伊坂幸太郎)という本を読んでいた。「8年後に惑星が地球に衝突して、地球が終わる」という観測が5年前に発表され、現在は地球滅亡まで残りあと3年という設定。

早朝に家を出て、電車の中でずーっと本に向かっていたせいか、現実と小説が融合してしまった。某駅で降りようとするとき、朝っぱらから少々はしゃいだ様子の女性数人組が別の車両から移ってきたとき、中国系の言葉を話しているのを聞いて、「あと3年しかないから、いろいろと旅行しておこうっていうニューリッチかな」などと一瞬本気で考えてしまった。

Kちゃんにピックアップしてもらって車の中で南の海の話をしたときも、「そろそろ行きたいな〜南の海」などと話しているとき、「そうだよね、あと3年だもんね」とこころの中でつぶやいたりして。

この小説、地球滅亡の観測が発表されてから5年経っているというところがミソ。衝撃的な報道に混乱と暴動が頻発する時期はおさまり、冷静にあるいはしぶしぶと、あと3年という期限に向き合い出すころあい。1年じゃ短すぎるけど、3年の猶予というのも、読み手が現実と混同させるにはちょうどよい長さ。

近づく終わりにおびえながら日々生活するのと、はてしなく続く現状に疲労しながら日々生活するのは、まったく違うようでとても似ている気がする。

登場人物の1人が、常々私が思っていたことをずばり発言した。「生きることは義務だ」。そう!そうなんですよ!生きることは権利じゃなくて義務なんです。いや、義務だからこそ権利、権利だからこそ義務なのか。

でもこの小説には希望があります。(でも、という接続詞はなんだかおかしいですが)
生き方を見つめ直すというほどおおげさではなく、ちょっと日常の心持ちを見直すことができたような気がする。

今日の「ありがとう」は、ぐっとくるメールをくれたK美に。

2011年1月 6日 (木)

なるほど5割の有用性

仕事に役立つかも知れないと、仕事関係の人から薦められて「すぐに稼げる文章術」(日垣隆著)を読みました。一応、仕事で文章書いています。

こうしたハウツー本やガイド本は、あまり役に立たないのが「標準」。なるほど〜と思うところが3割あれば「まぁまぁ」。なるほど〜が5割あれば「けっこう参考になった」と私は判断しています。

さて、「すぐに稼げる文章術」はどうだったかというと、けっこう参考になりました。しかしアマゾンでは散々な評価を受けてますけど・・・。

なるほど〜と思った1つは「どう書くかより、文章がどう読まれるかを最優先して考えなければならない」ということ。普通は自分の言いたいことをどう書かこうかと一生懸命考えてしまいますが、文章でお金をもらう立場なら、読者がどう読むを考えるべき。言われてみれば当然ですが、すっかり忘れていました、その基本を。

例えば、私がこの本を推奨しなければならない立場だとしたら(宣伝料をもらってるとしたら)、みなさんが「この本に興味が湧いた!読んでみたい!」と思うようなブログを書かなければなりません。でも、そういう立場ではないので、自分が感じたことを淡々と、たいした熱も入れずに書いております。だって、人によっては全然面白くないであろう本ですから(笑)。

本を推奨する、で思い出しましたが、昔読んだ「ヴェネツィアー水の迷宮の夢」(ヨシフ・ブロツキー著)の帯に、池澤夏樹氏の「心が疲れている人はヴェネツィアに行くがいい」という言葉が載せられていました。ええ、行きましたよヴェネツィア。その言葉に動かされて、「心が疲れている人、それは私だ!」とね。行ってよけいに疲れました。反省点としては、小説のヴェネツィアは冬で、私がヴェネツィアに行ったのは夏でした。次回ヴェネツィアに行くときは冬にしよう。

今日の「ありがとう」は、プチ同窓会兼新年会で集まったYとMに(年会は昨日でしたが)。

2010年7月 2日 (金)

めくるめく、めくる感

日本でもだいぶ知名度があがった電子書籍リーダー(電子ブックリーダー)。何百・何千冊分の書籍を保存して持ち歩ける。本を持ち歩くというより、本棚を持ち歩くという感じか。米国ではだいぶ普及しているようです。書籍代(コンテンツ代)が安いのも魅力。

しかし、日本では米国ほど普及しないと私は思う。本の良さって、あの指で触れた紙の質感が大きいと思いませんか?あの紙の手触り。どれくらい読み進んだか、厚みで分かるのも良い。あとどれくらい残っているのか確認できるのも安心。そして字体(書体)も大事。きりりとした活字は、どことなく表情がある。

本を読んでいると、たまに何かの言葉を探したい場合、「デジタルなら一発検索なんだけどなー」って思うことがある。でも、「この人物が最初に登場したのっていつくらいだっけ?どこかの駅だっけ?」というようなあいまいなときは、「4分の1くらい読み進めた頃だったような」とページの厚みで見当を付けてパラパラとめくる。そんなときの紙の手触り、ページをめくる感覚がこれまた良い。

そう、あの“めくる感”が好きなのです。日本は米国よりだんぜん紙に馴染んでいる国民だから、やっぱり紙媒体の書籍のニーズは残るのではないかと、個人的には思う(願う)のです。

今日の「ありがとう」は、メールをいただいたTちゃんに。今度、飲み・食べしながら演劇談義しましょう。

2006年6月29日 (木)

it brings tears to my eyes

今日、事務所に入った途端、はるか昔を思い起こす匂いがした。何の匂いだろう?と気になりながら仕事をしていて、はたと思い出した。
そうだ!リカちゃん人形だ!あのプラスチック素材の匂いです。が、リカちゃん人形が事務所にあるわけがなく(たとえあったとしても、遠くから匂うものでも無し)、実際の匂いの元は不明のまま。

さて、話はまったく変わって、最近よく利用する近所の紅茶&ハーブティー専門店でのこと。そこにはイートイン・スペースがあり、なぜか絵本が何冊もおいてある。注文したお茶セットを待っているとき、手近にあった絵本をパラパラと読んだ。

セピア一色のイラストで、文章がとても短く、数分で読み終わる程度のもの。もうすぐ終わりというところで、涙が出そうになった。絵本ごときで泣いては恥ずかしい、と思い、いったん本を閉じたのだけれど、どうしても気になって、また本を開き、うるうるしていたら、店長さんが「それ、松本大洋のマンガの中に出てきたんですよ。ちょっと感動しちゃうでしょ」と言った。

なぜこんなに短くて単純な話で泣けてしまうのでしょう。「年のせい」って答えは無しね
絵本は俳句に似てる。いろんな深い想いや考えが、短いページの中に凝縮されている。一見、シンプルな絵とことばで、いつかの感覚が呼び戻される。
そう、ちょうどリカちゃん人形の匂いのような……?

絵本のタイトルは「チョコレートをたべたさかな」です。

今日の「ありがとう」は店長さんに。

その他のカテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ