最近のトラックバック

2017年3月11日 (土)

その人の声を聞こう

あの日から6年経ちました。

被災地から遠く離れ、自宅作業ゆえに帰宅困難を経験することもなく、まったく被害を受けていないにもかかわらず、果てしない孤立感に襲われたあの日。

“その時間”には必ず東北に想いを馳せようと思っていたのに、実際には友人の落語発表会を見に行き、笑って過ごしていました。

ああ、自分の薄情さを反省。

この日に向けて、テレビでは「復興した」とか「復興などまだまだ」とか「復興ってなんだろう」とか報道されますが、「復興」はそこに暮らしている人々しか判断できないし、人によっては永遠に「復興」はないかもしれない。辛いテーマです。

阪神大震災の被災地の方々はどうやって乗り越えてきたのでしょうか。経験した人たちの声を聞くことが大事ですね。震災しかり、先の大戦しかり。

今日の「ありがとう」は、楽しい空間を作ってくれたE美、そしてその素敵なご友人たちに。

2017年3月 8日 (水)

マイナンバーは誰のため?

マイナンバーカード、みなさんはもう取得しましたか?

私は昨年12月に取得しました。

マイナンバーカードについては安全性や利便性に疑問の声があって、拒否する人が多いらしいですが、取得した時点で危険性が発生するわけでもないので、とりあえずとっておこうという、これといって主義主張の無い気持ちで申請しました。

まずは申請。送られてきた専用の申請書に必要事項を記入して、写真も貼って、投函。すると忘れた頃に交付通知書が送られてきます。しかしいつでもマイナンバーカードを受け取れるわけではなく、指定された窓口に受け取る日時をオンライン予約しなければなりません。予約した日時に予約した窓口へ、交付通知書と通知カード、本人確認証を持って行き、手続き用紙に希望パスワードなどを記入して待機。しばらくするとパソコンの前に呼ばれ、パソコンで必要なデータをあれこれ入力してようやく交付になります。

バカか!!!!と思うくらい面倒くさい。

しかもパスワードというのが、「住民記帳台帳用」「券面事項入力補助用」「公的個人認証情報の利用者証明用」「公的個人認証情報の署名用」と4種類も!「券面事項入力補助」ってなんだよ!「公的個人認証情報の利用者」と「公的個人認証情報の署名」の違いはなんだんだよ!

私が窓口に行った時は、高齢者がちらほらいらっしゃいましたが、彼ら/彼女らは無事に手続きできたのでしょうか。そこそこ、デジタル関係の手続きに慣れている私でも、そうとう疲労しましたよ。

だいたい4種類のパスワードなんて覚えられるはずもなく(それぞれの意味も分からんし)、マイナンバーカードそのものにパスワードを書いておくわけにもいかないので、たぶん、一生使わないでしょう。でも盗まれたりしたら困るので、大事に大事に奥の方に保管しておこう。

と思っていたら、確定申告で必要になりました。パスワードは不要でしたが、マイナンバーの記入欄があったのです。はて、どこにカードをしまったやら?なにせ、大切に奥の方にしまったので、探すのにひと苦労しました。マイナンバーカード、きっと普及しないでしょうね。

今回つくづく思ったのは、お上が言い出す「デジタル化(近代化)」は、消費者のためよりも、「自分たちの仕事が今よりも楽になる」ことを最優先に考えている。「自分ファースト」なので、消費者には広まらず、認知度も上がらず、税金を使うだけ使って、最終的に「自分たちの仕事がさらに増える」ことになるのです。

マイナンバーカード、持っているだけで損害を被るものではないけど、これに巨額の税金が使われたと考えると、詐欺に遭って消費者金融に借金して自己破産したほうが割り切れるとすら思ってしまいます。

今日の「ありがとう」は、書道用具店の親切な店員さんたちに。キョー○の店員さんはみな感じのいい人たちでした。

2017年2月20日 (月)

ずらーりと

フィギュアスケート四大陸選手権、男子の結果。1位:ネイサン・チェン、2位羽生結弦、3位宇野昌磨、4位ボーヤン・ジン、5位パトリック・チャン、6位ハン・ヤン・・・。

アジア系人種ずらり。私が若い頃は、フィギュアスケートは見た目からしてアジア系人種は不利という印象だったけど、この活躍ぶり。ネイサン・チェンは来年の平昌オリンピックでアメリカに金をもたらす第一候補かも。

フィギュアスケートに限らず、スポーツでアメリカ代表として活躍している移民ファミリーはたくさんいますね。アメリカの学術分野も多いですね。ビジネスの世界でも多数。

移民や非白人や
性的マイノリティーを除いたら、アメリカがGREATであり続けるのは非常に難しそう。

いや、そもそもアメリカは移民が作った国でしょ。あの人も分かっていないわけはないと思うのだけど。数々の外国人美女と交際してきたし、あ、これは関係ないか。

などと外の国のことはいろいろと報道されてあれこれ考えるけど、「分かっていないはずはないと思うのだけど、どうしてそうなっちゃうの?」ということは、この国でも多々あります。「知らないうちに、こんなことになっちゃった」ってこともたーくさん。

人間、人のことはよく見ても、自分のことはあまり見ていないですね。

今日の「ありがとう」は、電話を取り継いでくれたTさんに。

2017年1月 3日 (火)

1+1+1+1+1=1(位)

強い。強すぎる青山学院大学。7区の田村選手があわやブレーキかという状況に陥っても、5人全員が1位で襷リレー。往路優勝に次いで復路も優勝。つまり、第93回箱根駅伝総合優勝、で3連覇!

だいたい、脱水症状になりかかけて“大幅にペースを落とした”とされる後半の田村選手でも、1kmあたり3分半弱ですよ!ちなみに私は普段のランニングで7〜7.5分/1kmですshock

選手(学生)もすごいし、原監督もすごい!

今年はリタイヤが1人もいなくて良かった。たしか昨年もリタイヤゼロだったような。リタイヤ寸前なのに無理に前に進むという痛々しいシーンもなく、無事に全員が走り終わったのは非常に嬉しいことです。

箱根駅伝の復路終了とともに、私の正月も終了。テレビ観戦を終えて、ちょこっとランニングに出かけました。真っ青な空が気持ちいい。

砧公園のロウバイもだいぶ咲き進んでいます。昨年暮れはわずかに3輪ほどが咲いているだけだったのに。
P1030039P1030049

ところで昨年の初冬から、朝夕に鳥の合唱がものすごい騒ぎで、外に出てみるとこんな光景です。
P1010092_1

電線上の黒いポツポツは、全部鳥です。なんの鳥かは分かりませんが、写真に収まりきらないほどの相当な数です。今のところ「恐怖」は無いですが、この先どうなるのでしょう。果てしなく増えていくのかな。

2017年はどんな年になるのでしょうか。今日の「ありがとう」は感動をくれた箱根駅伝の選手たち、監督たち、関係者たちに。

「お涙ちょうだい」的エピソード紹介の仕方はちょっとウンザリな感じだったけど、アナウンサーも気持ちが入っちゃってるんだろうな〜ってことで大目に見てあげます(←なぜか上から目線)。

2017年1月 2日 (月)

4+2+1+1+1=1(位)

強い。青山学院大学。第93回箱根駅伝、往路優勝。

青学で区間賞を取ったのは3区の秋山選手のみ。でも5人合わせると1位。駅伝って、やはりチーム力だな〜とつくづく思った今回の往路でした。

しかし2位の早稲田とは33秒差、7位までが5分以内という接戦ぶり。新しいスター(2区神奈川大学 鈴木選手とか)の登場もあったし、復路も何が起こるか、見逃せません!誰も棄権することなく、無事に完走できますように。

箱根駅伝は批判も多く聞かれるけど、それでも私は箱根駅伝が好き。しかし若い有望な学生たちに無理はしないでほしいと願う。といっても、目の前の1つ1つのレースに全身全霊をかける学生が無理かどうかを判断できるものではない。だから、立派な監督という存在が必要になるのでしょう。学生の能力が高ければ高いほど、監督の責任は重くなるように思います。

P1010093 この数年、私の正月(気分的に)は箱根駅伝の往路で始まり、箱根駅伝の復路で終わる。正月が始まった今夜は、先月友人から富山のお土産にもらった日本酒「苗加屋(のうかや)」を封切りです。最初の味と、後の味に変化があって面白い。

今日の「ありがとう」は、感動をくれた関東の大学21チームと、お土産をくれた幼なじみに。

2016年11月10日 (木)

たぶん、きっと、アメリカはアメリカ

BREXIT(英国のEU離脱)に続く「どんでん返し」とでも言いましょうか。米大統領選、トランプ氏の勝利。

アメリカの外に住んでいるシロウトから見ると、いくらなんでも政治未経験の下品な成金よりは、多少いけすかないところはあっても政治のプロの方がいいでしょうと思っていましたが、ヒラリーさん、かなり嫌われていたみたいですね。

「どうせヒラリーが勝つんだろうからトランプ(あるいは他の候補者)に投票しちゃえ」って人が多かったという意見も聞きます。

それでもまあ、トランプ氏を支持する人がそれなりにいたことは事実ですね。「Make America Great Again(再び偉大なアメリカを!)」が大きな共感を呼んだのか。

オバマ大統領の再選の際のスローガンは「CHANGE!」でした。数々のchangeは実行されたようだけど、アメリカ国民が求めるchangeではなかったのかもしれない。

オバマ大統領の2期目に、私はつくづく思いました。大統領が黒人であっても、アメリカはアメリカだ、と。だから、女性が大統領になっても、アメリカは依然アメリカだろうな、と。つまり、下品な成金が大統領であっても、やっぱりアメリカはアメリカなんだろう、と。良くも悪くも。そんな気がします。

思いがけない(マイナスの意味で)人が当選してしまうということは、我が国にはしょっちゅうあることで、今回の大統領選の結果について、私たちは投票者の行為や判断をどうこう言えた立場ではない。

でも分析は必要ですね。偏らない透明性のある分析を願います。

今日の「ありがとう」は、追加でチャンスをくださったS木さんに。ご期待に添えるよう頑張ります。

2016年9月11日 (日)

あちらを笑っている場合ではない

築地市場の移転、盛り土が一部実施されていなかった。どんな言い訳をしようとも、嘘をついていたことには変わりない。

まったく、ここは中国か!?北朝鮮か!?って思っちゃいましたよ。

で、「お前ら、東京都民を、いや、日本国民を(築地市場のものは日本全国に廻るからね)バカにしてるのか!担当者ってやつぁ誰だ!顔出せ!タダで済むと思うなよ!この税金ドロボーが!!」ってなメールを都議会および都庁に送りつけたい気持ち満々なのですが、脅迫罪で逮捕されちゃうのかなー。結局、一般市民は税金吸い上げられるだけ吸い上げられて、泣き寝入りなのか。

日本も案外、ヒドイ(非道い)国なのかもしれない。(かなり失望モード)

それでも、今日も「ありがとう」を言いたい相手はいる。一般市民はまだヒドくない。日本がこの先も誠実な国でありますように。

2016年6月19日 (日)

心優しき人々に感謝を

今日は誕生日でした。

ここ数年、誕生日に必ず言っていることですが、よくまあこの歳まで無事に生きてこられたと思います。

年を取るのはイヤだけど、長く生き延びることは嬉しい。人間って、勝手ですね。私が勝手なだけか。

誕生日を前に、友だちから私好みのお菓子をもらったり、お昼ご飯をごちそうしてもらったり、立派な花器をいただいたり、そして当日はSNSで“おめでとう”メッセージを受け取ったり・・・。

つくづく、優しい人達に囲まれています。ありがたいことです。

誕生日の前日には、この時期恒例の21km走を遂行しました。もう6回目ともなると、人に抜かれるのもなーんとも感じなくなりました。抜かれても気にしなくなった結果、タイムは2時間30分。ふーむ、もしかして最遅?

走っている時の青空がとてもきれいだったけど、カメラを忘れたので撮れませんでした。

今日の「ありがとう」は私を取り巻く優しい人たちに。

2016年6月15日 (水)

迷走都市

舛添都知事、とうとう、ようやく、辞職決定。

いや〜、なんというかもう、呆れましたね。話の噛み合わなさとせこさと・・・。

某大阪府民が「東京以外の人間にはとってはどうでもいい。いい加減にしてくれ」ってツイートしていましたが、そうですよね〜。もしこれが大阪府知事のスキャンダルで、連日長い時間を使ってテレビで報道されていたら、私はよりいっそう「大阪府知事のことなんてどうでもいい。いい加減にして」って思ったでしょう。

そして、「そんな舛添都知事を選んだのは、あなたたち東京都民ですよ!」という声を聞きますが、私はちょっと違うと思います。

東京都民が選んだ結果ではなく、東京都民が選ぶことを放棄した結果なのです、きっと。

舛添の得票率は43%で、投票率自体が5割を下回る46%。もともと2人に1人が選ぶ権利=義務を放棄していたわけですね。だからこんなことになっちゃったのさ〜( ̄▽ ̄;)アハハハハ(乾いた笑い)

次の都知事選。投票率が5割を下回るようなことがあったら、猪瀬問題も舛添問題も、それこそ「東京都民がバカだから」ってなことになるでしょう。

だから東京都民のみなさん!ちゃんと投票しましょうね!

都知事選の費用は約50億円だそうですよ。( ̄▽ ̄;)アハハハハ・・・・

2016年5月31日 (火)

再会と遭遇の五月

あらまびっくり。前回の投稿から10日も経っていました。

そして、なんと5月がもう終わってしまいます。5月は短い!なぜこんなにあっという間なのか?と考えたら、ゴールデンウィークがあるからなのですね。

5月はいろんな再会・出会いがありました。

12〜3年ぶりくらいに会ったダイビングつながりの仲間たち。十数年経って、今はそれぞれ違う生活をしているけど、みんな昔のままでした。いやホントに変わらない。会話のテンポ、会話の展開、会話の逸れ具合(笑)、「ああ、こんな感じだったなー」って。楽しい仲間達にたくさんのパワーと笑いをもらいました。

そして、十数年前から変わらず素敵な憧れのHママに、素敵な大島紬を譲っていただきました。
P527001e

写真だとわかりにくいですが、もう少し鮮やかな赤や青がちらちらと織り込まれています。Hママ、ありがとう!また袷の時季になったら、たくさんの人に見せびらかします!

数日後、急きょ誘われた文楽のイベントにで、昔同じお稽古場に通っていた“私のことを大嫌い”なNさんに遭遇!おお!なんと久しぶりな!

遭遇といってもだいぶ離れていたのですが、Nさんは目が大きい方なので、私に気づいて急いで目をそらせた様子が一目瞭然。声をかけたら申し訳ないかなと、そのまま挨拶せずに帰りました。念のため、重ねて言いますが、Nさんが“私を大嫌い”なのですcoldsweats01

そして、5月も残すところあと1日となった昨日、電車の中で優先席に座っていた若者(♂)が私に席を譲ろうとしてくれました。

なぜ!?なぜ私に!?そんなにおばあさんに見えるshock!!??と詰め寄りたい気持ちを抑え、「いえいえ大丈夫ですよー。どうぞ座ってください」と言うと、ちょっと照れたように笑って再び座った若者。ひと言も発しなかったことと、その顔だちから、もしかしたら韓国人かな。韓国では年配の人を大切にするっていうし。あ、私が着物を着ていたってことも何か関係があるかも・・・・・と、一生懸命「何らかの理由」を考えながら電車を降り、落ち込みそうになりながら改札を抜けて地上に出ると、フジテレビの木村○哉アナが(中継のため?)居ました。

ナマ木村○哉アナは画面を通して見る以上にハンサムでした。目の保養。優先席で席を譲られかけたショックも軽減し、無事に自宅にたどりつきました。

5月に再会、遭遇した方々、どうもありがとう。6月も平和な月でありますように。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ