最近のトラックバック

2018年6月23日 (土)

理解者の祈り

昨年末頃からお茶の稽古に加わった女性(たぶん30代後半)。まわりの友達はどんどん結婚し、自分ひとりが独身で、非常に悩んでいるとのこと。話している内容がちょっとまとまりがなくて、それくらい心が焦りと不安であふれちゃっているのでしょう。

分かる、分かるわ。私もそうだった。私が何かいけないのかしら。私は一生このままかしら。うすぐらーい夜道を歩き続けるような感覚。どっちの方向に行けば光が見えるのか。誰か教えてほしい。必ず光にたどりつくなら、それが1万km先だろうと、その方向を進むのに。

結局どうやってそんな状況をやり過ごしたか、よく覚えていない。たぶん、不安が長引いて、鈍感になって、慣れた、という感じかな。

「今、彼氏もいないし、出逢いもないし・・・。将来が不安で不安で・・・。ずっと出逢わないままなんでしょうか」と、彼女。

普通はここで「大丈夫よ。きっといい人に出逢うから」と元気づけてあげるのでしょうけど、私の口からは言えない。なんといっても、私自身が、一生出逢わなかった成れの果てなのだから。

あなたのその不安を世界一理解できるのは、たぶんこの私。でも、あなたを救ってあげられるのは、おそらく私ではない。

人生は不安と失望の繰り返しよ。でも、ところどころ、楽しいことや嬉しいことが落っこちているのよ。という言葉が頭に浮かんだけど、うーん、なんの慰めにもならないな・・・。ごめんなさい。まったくお役に立てなくて。

彼女を救ってあげられる人が、早く彼女の前に現れますように。

2018年6月19日 (火)

愚かすらも愛おしく

久しぶりに、分厚い本を読んでみたいと思って、うっかり「光圀伝」(全751ページ 冲方丁著)を図書館で借りたのが2週間前。

最初の1週間はなんだか忙しかったり集中できなかったりで、ほとんど読めず。

読めるのか!?残り1週間で751ページ。ちなみに私は遅読です。

読み終わらなかったら貸し出し期間延長という手もあるのだけど、返却日が「6月19日」だったので、なんとか読み終わって「読了」という「区切り」を付けたいと思い、頑張りました。

そして感想。「私は冲方丁が好きだ!」

なんというか、冲方丁が描く人物って、“いつのまにか”引き込まれているのですね。淡々と書かれているので、最初はこれといって思い入れはないつもりなのだけど、いつのまにか、同じ時代を生きたい気持ちになっている。

思慮深く判断力と行動力に優れた主人公はもちろんのこと、つまらない見得やプライドで愚かな失敗をしてしまうキャラクターにさえ、愛着を感じる。

光圀伝は、特にラスト200ページ、眠るのを忘れそうなほどに入り込み、そして泣きました。

私の人生に大義は無く、大義を求めることもなく無為に生きている。でも、大義とは、抱くべき人が抱いてこそ、世のためになるのでしょう。

さて、なぜ返却日「6月19日」にこだわったかというと、今日は私の誕生日でした。

毎年言っていますが、この歳まで生き延びてきたのは、本当にありがたいことです。誰にともなく謝辞の気持ちを。

2018年5月18日 (金)

アイドルがスターだった頃

往年のアイドル、西城秀樹氏の訃報。

63才。まだまだ若いのに。とはいえ、大杉漣氏(享年66才)のときほどの衝撃はなかった。2度の脳梗塞に見舞われたことからか「ついにこの日が」という感じ。(死去の報道を聞いた瞬間は三度脳梗塞かと思ったのですが、実際には急性心不全です)

しかし、死去が報じられてから何度もテレビで流れる若かりし日の映像に、「やっぱりかっこよかったな〜」と見とれてしまった。

あの頃はいい時代だったなあ。「いい時代」というのは、社会が良かったという意味ではなく、「私の人生の中でかなり幸せだった時代」という意味。

毎週必ず「ザ・ベストテン」を見て、翌日の学校では友達と「ザ・ベストテン」の話で盛り上がり、悩みといえば仲良しのYちゃんがかわいすぎて一緒に居ると差が付きすぎることくらいだったあの頃。まだまだ未来に希望があった(希望があると信じていた)あの頃です。

なんてことを思っていたら、ヒデキの映像を見ながら涙してしまいました。

ヒデキ、幸せな時代をありがとう。どうぞ安らかに。

2018年3月19日 (月)

痩せるセオリー

珍しく風邪を引きました。胃腸風邪(ウィルス性胃腸炎)です。何が原因か分かりませんが、冷や汗が出るほどの胃の痛みは数年ぶりです。

仕事は半日分休ませてもらいましたが、翌日は無事に通常どおり就業しました。

数年前は、友人数名と外食し、その翌週に友人たちから「ノロにかかって、週末大変だった。たぶんあの店が原因だと思うけど、スージーは大丈夫だった?」とメールが。確かに、その週末、私はダイビングに行き、潜り終わった後に激しい胃痛に襲われ、楽しみにしていたランチを全然食べられなかったのです!!!

はい、私としては、十分に「たいへん」な事態でした。たぶん、一般的な人より、免疫力が高いのかも知れません。

激しい胃痛は(薬のおかげもあって)1日でおさまりますが、何か食べると胃が反応して痛みがぶり返すので、2日間くらいは栄養ドリンクとかヨーグルトなどで我慢です。空腹感は普段通りにあるので、我慢するのがつ・ら・い。

そして、この3日間でちょっと痩せました。学生時代、痩せたという男子(もともと痩せ型)に「どうしたら痩せるの?」と聞いたら、「食わなきゃ痩せるよ」と言われたことを思い出します。

まあ、こうして体調不良で痩せた分は、すぐに戻るのですけどね。

そんな中、東京でも桜の開花宣言。あああ、どうしよう、もう咲いてしまった。今年は桜を愛でている余裕がなさそうですsad

今朝、砧公園の桜がどうなっているかどうしても気になったので、明け方視察に。ほとんどの樹は蕾がだいぶ膨らんで、ほんの数輪、開きかけている花がある程度。
P3190040

少しほっとして帰宅しました。なぜ「ほっとした」のかは不明ですが。

今日の「ありがとう」は体調を心配してくれたCちゃん、Kさん、Mちゃん、幼なじみのYに。

2018年3月11日 (日)

あの日を忘れない、けど記憶はおぼろげ

今日は「春の陽気」との予報にも関わらず、午前中は雲が垂れ込め、気温も上がらず、ずっと寒かったのですが、昼ごろ陽が差すようになると、予報通りぐんぐん気温が上昇。

あの日の東京は、これほどまで暖かくはなかった気がします。雨は降っていなかったけど、晴れていたか、あるいは薄曇りだったか。記憶は曖昧。

あの日、つまり、東日本大震災の日です。

あれから7年経ちました。もう7年、まだ7年。

東京にいる私は、物損被害もなく、在宅勤務のため帰宅困難者になることもなく、後の「計画停電」でも対象外の地域(当時の閣僚の数人が区内に住んでいたからという噂)だったので、ありがたいことにまったくもって無事でした。

しかし一人暮らしのため、被害の甚大さに対する不安や脅威、被災地に親類を持つ親しい人への心配、そういったものを話す相手もなく、無事に過ごしていることへの申し訳なさとともに、重い孤独感に包まれていました。

毎年3.11が近づくと、あのときのニュース映像がテレビで流され、とても悲しい気持ちになります。

それは、被災地と被災者に寄せる哀惜や憐憫だけではなく、あの頃の孤独感が蘇ってきているためだと、今年はっきり気づきました。気づいたというか、認めたというか。

まったく被害に遭っていなくてもこんなに悲しい気持ちになるのだから、一人暮らしで被害に遭った方、あるいは震災によって一人暮らしになってしまった方は、どんなに辛いことでしょうか。

3.11、忘れてはならないのだけど、今日は東日本大震災の特番は見ないでおきます。

ぽかぽか暖かくなったので、自転車を飛ばして駒沢公園へ。梅はだいぶ散っていました。被災者の方々が少しでも早く穏やかな生活を送れますようにと、心の中でつぶやきながら、パチリ。
P3110039

今日の「ありがとう」は、トートバッグの上に舞い落ちた花びらに。こんなにかわいい形でこんなにきれいな色。
P3110058

2018年1月26日 (金)

太陽があるからくじけない

過去最強クラスの寒波襲来ということで、昨日と今朝は、個々都内で最低気温約-4℃を記録しました。

今朝も洗濯物が凍りました。
Img_1371

昨日は厚手のシーツを洗濯しましたが、バリバリに凍ってしまい、ちょっと位置をずらすのにも難儀しました。

東北や北海道の方々からすれば、-4℃なんて冬としてはたいした寒さではないかもしれませんが、いや〜〜〜〜寒いです!寒いというか、冷たいです。まるで冷蔵庫の中です。実際、-4℃は冷蔵庫の中より寒いはず。(最低気温と思われる早朝に外に出てみました)

そして今日の予想最高気温は3℃とのこと。もう冬眠したい寒さですね。晴れているから、なんとか持ちこたえられますが。これで天気が悪かったら、くじけそうです。

みなさん、どうぞご自愛下さい。

今日の「ありがとう」は、日焼けしそうな陽射しに。真夏だと、ギラギラ太陽にくじけそうになるのに、勝手なものです。

2018年1月21日 (日)

不倫釈明会見(他人事)

近年、週刊誌に不倫疑惑を突かれた芸能人が記者会見を開くことが多々ありますが、あれは、なぜなのでしょうかね?

しかも、だいたい「世間の皆様をお騒がせして申し訳ありませんでした」って謝罪するのですが、謝罪、必要ですかね?

もちろん、褒められた行為ではないですが、世間の皆様の一人である私は、(たかが芸能人の)あなたが不倫しようが、別にどーでもいーのですけどね。

謝らなければならないのは、自分の配偶者(家族)や相手の配偶者(家族)。あるいは、もし、さわやかイメージで契約しているドラマや映画、CMがあればその関係者、くらいでしょう。

特に、記者会見に集まった記者達には、まったく謝る必要なし!と思います。なぜなら、彼ら(記者等)は、(テレビ番組なら)視聴率が上がるとか、(雑誌なら)発行部数が増えるので、迷惑どころがおいしい思いをするのだから。

有名人のスキャンダルにまったく興味が無いと言えばウソになるけど、芸能人の不倫を暴いて糾弾する時間と資金と労力があるのだったら、森友・加計問題をもっと追及して欲しかったなとつくづく思います。


今日の「ありがとう」は、一緒に観劇と食事を楽しんだ幼なじみのYとその家族に。3月末からどうなるかな。お互い頑張りましょう。

2017年10月22日 (日)

“乗らない”一票、投じてきました

今日は衆院選投票日でしたね。

大型台風21号が接近中のため、2日ほど前からテレビやネットで期日前投票を呼びかけていましたが、期日前投票所は歩いて17〜18分、当日投票所は歩いて5分。ということで、どうせ雨の中を歩くなら近い方がいいので、今日、投票してきました。

朝7時過ぎに行ってみると、多くの人が「雨がこれ以上ひどくなる前にとっとと朝のうちに投票を済ませてしまおう」と考えていたご様子で、珍しく並びました。4人くらいですが。

それにしても、今回は、大事な選挙とは分かっていても、まったく「気乗り」せずでした。ぎりぎりまで、どういう人が立候補しているかすら確認する気にもならず。結局、誰に投票したいかではなく、誰に投票したくないか、つまり消去法で決めました。

ところで昨日、複数の知人女性と選挙→政治家の話題になり、そのうち1人が「小○進次郎は父親の真似をしないところがいい!彼は自分というものを持ってる!」と賞賛していましたが、私には父親のやり方をきっちり踏襲してるように見えます。ゆえに、若いくせに「海千山千」臭がプンプンして苦手です。(ファンの方がいたらゴメンナサイ)

多少バカっぽくても兄の小○孝太郎の方が好感持てます。と、ここで比べるのはズレていますがbleah

さてさて、選挙の結果はどうなることやら。これから選挙特番を視聴です。望まない結果になりそうな嫌な予感です。

今日の「ありがとう」は、遅延なく動いてくれた電車に(午後に出かける用事があったのです)。そして、台風21号が大きな被害をもたらさないことを祈ります。

2017年8月20日 (日)

この歳にして「人生初」

昨日はめまぐるしい1日でした。
私が、ではなく、天候が。

朝は予報通り曇り。走るにはちょうど良い季候。ゆっくりのろのろ、朝の公園をランニングしました。

終日曇りの予報でしたが、その後は意外にも昼過ぎにかけて太陽が顔を出す時間が多く、「こんなに天気がいいならシーツも洗濯すればよかった」と後悔したほど。

午後になると、太陽が雲にかくれる時間が長くなったけど、それでもまだ太陽が頑張っていました。

しかし、午後5時過ぎごろ。いつのまにかあたりは暗くなり、雨がパラパラ降り出したなーと思ったら、窓をバチバチと何かが叩く音。そんなに風が強いのか?(強風で葉っぱが飛んできたのかと)と思って窓の外を見たら、なんと、氷が降ってるではないですか!こ、これが「雹」ってやつね!人生初の「雹」体験です!

けっこう大きい氷です。家庭用冷蔵庫の製氷機で作る氷に近いサイズ。(大きい塊が降ったのはごく短時間でしたが)
Img_0963Img_0964

朝の時点で「開催決定」と発表していた二子玉川花火大会は、急きょ「中止」になりました。開始まであと2時間ほどだったのに。ぎりぎりまで準備していた、いや、すでに準備万端だった(はず)なのに、そうとうな損失だろうな〜weep

8月に入ってから主に東側で雨が続いていますが、日照不足による経済損失はすでに2400億円にのぼるそうです。

暑ければ暑いでやるきが失われ、寒ければ寒いで売り上げが失われる。いつの間にか夏は、ネガティブな気分漂うシーズンになってしまっていました。かつて夏は、もっとポジティブで明るく、脳天気だった気がします。

昨日の「ありがとう」は日中頑張ってくれた太陽に。おかげでダイビングブーツがようやく渇きました。

2017年8月11日 (金)

いつもより長く咲いています

3日連続の20輪越えです!

一昨日、26輪。昨日、22輪。今日、20輪。
“危険”なほど暑かった一昨日が一番多かったけど、この3日で一番涼しい今日は、17:30過ぎでもこの通り開いています。
Img_0945

やっぱり朝顔も涼しい方がいいのね。
暑くても花がたくさん開いたのは、たまたま蕾のタイミングが合ってしまっただけ、かな?

今日は、やろうと思っていたことの半分もできませんでした。
「できませんでした」というと、外部作用によって阻まれたような口調ですが、正直に言うと、「やろうと思っていたことの半分もしませんでした」です。

単にやる気が萎えてしまっただけsad
せっかく涼しい一日だったのに。

夕方、友人がわざわざ、親類からもらったというお米と野菜を車で届けに来てくれました。
自己嫌悪に染まった休日になりそうだったけど、友人の顔を見られただけでも、1日の良い締めくくりになりました。

今日の「ありがとう」は、お米とジャガイモと玉ねぎを持ってきてくれたY江に。明日はカレーかなhappy02

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ