最近のトラックバック

2024年2月29日 (木)

2月は逃げる、逃がすな悪党

4年に1度の2月29日。いつもより1日多かったにもかかわらず、やっぱり2月は逃げる! あっという間に過ぎ去りました。

そういえば、かつて知り合いに、誕生日が2月29日という人がいました。誕生日を聞いた人のほとんどが「えー!珍しいね!でも絶対に忘れないね!」と言うのですが、ほとんどの人が忘れているのだそうです。で、閏年の2月がめぐってくると「そういえば2月29日が誕生日だったよねー」と思い出したように言う。つまり、4年に一度しか思い出してもらえないと。

確かにそうかもね。そしてこれから4年に1度、人々は思い出すのでしょう。「そういえば閏日に大○翔平が結婚発表したよねー!」と。

それよりもまず、これから1週間はテレビの情報番組はこの話題で持ちきりでしょう。興味がないわけではないけど、もっと大事なことがまったく報道されなくなることが心配です。自民党のあいつらはラッキーだと思っているだろうなあ。みなさん、自民党の非行を忘れちゃダメですよ。

 

2024年2月27日 (火)

応援したい彼女たち

今年卒業する3人の院生からいただきました。
Pxl_20240227_092739320

その前に私が卒業おめでとうの印し程度のものをあげたので、そのお返しなのですが。

あまり大げさなものを渡してはいけないかなと、いつも利用している紅茶屋さんの小さいティーバッグセットを用意しておいて、先週、「もう卒業式まで学校に来ることはない」と言うのでもう会う機会がなさそうだなと渡したのでした。しかしそれ以上のものが返ってきてしまいました。嬉しいと同時に、気を遣わせてしまって申し訳ない。

この3人は、もともと世代的にそうなのか、あるいはコロナ禍がなにがしか影響しているのか、あるいは育てられ方なのか、とても几帳面で気い遣いです。学生特有の「ずうずうしさ」とか「いい加減さ」がほとんど無い。「きちんとしている」という言葉がぴったり。

例えば、大型ディスプレイを使ったあと、PCと接続していた長いケーブルをちゃんとまき直して元通りにする。社会人だったら当然ですが、別の学年の学生は「っぱなし」です。まあ、っぱなし な子たちも子どもらしくてかわいいのですが、きちんとしている彼女たちは特に応援してあげたいという気持ちがどうしても強くなりますね。できるだけ彼女たちの要望を優先したい気になります。とはいえ、「私を優先して下さい」みたいなことは決して言わなかったですが。

昨年度は、私が仕事と上司に慣れていないこともあり、まったくサポートできなかったのですが、今年度はできるだけ力になりたいと思ってきました。その彼女たちが、この春社会へ。

社会は冷たいから最初は苦労するでしょうけど、あなたたちなら絶対大丈夫!輝かしい未来を切り拓いて欲しいです。

今日の「ありがとう」は、A田さん、K子さん、N西さんに。頑張ってね!

2024年2月17日 (土)

やんわりと義理感

なんと、月曜日に「休み明けの仕事が憂鬱」と愚痴ったまま、ブログを更新していませんでした。ご心配をおかけしました。ちゃんと仕事に行っていました。

誰も心配していないと思いますが(^^;

その間にバレンタインデーなるイベントがあり、もちろん上司に渡しましたよ、義理チョコを。

一目で義理チョコと分かるブラックサンダーを渡すような気さくな仲ではないので、義理感をオブラートに包んだような義理チョコをあげました。それにしても、びっくりするくらい高いチョコレート、ありますね〜。きっとそうとう美味しいのでしょう。美味しくなかったら怒る値段ですよ。高いお金を払ってでも食べたいという人がいるのですね。私は「誰かが買ってくれるなら食べたい」です。

さて、近所のスーパーでは、バレンタインデーの翌日にはもう「ホワイトデーの準備はもう済みましたか?」というキャンペーンが始まっていました。ホワイトデーもすっかり定着しましたが、どうしてもバレンタインデーの盛況ぶりに比べると控えめな印象ですね。でもここ最近、高級クッキーの詰め合わせ缶が注目をあびているので、今年はバレンタインデーに負けない盛り上がりを見せるでしょうか。

話題はもう3月半ばですね。週明けには気温も3月半ばなみになりそうです。

今日の「ありがとう」は笑顔で声をかけてくれた大家さんに。めがねかけても視力0.5なのですぐには気づかず、失礼しました。

 

2024年2月12日 (月)

連休最終日の愚痴

この週末は三連休でしたね。

3日間の休日はなんと高速で過ぎ去ることか!普段の土・日の2日間よりも早いと感じます。「休日が1.5倍になると、過ぎ去る速度も1.5倍」説。今私が考えました。

特に連休最終日の今日は、12時間くらいしかなかったのでは?と思うほど、あっという間に一日が過ぎました。

それにしても、この三連休というのは困りものですね。これといって遠出する計画のない私には「厄介」以外の何物でもありません。普段より休みが1日多い分、仕事が1日滞る。つまり、そのぶん心配事が増える。不安を増幅させて休み明けの仕事に臨まなければならない。

かといって休日に仕事を前倒しでやっておく気もさらさら無いのですけどね。はい。単なる愚痴です。

明日からまた頑張ろう。(力なく言う)

 

2024年1月31日 (水)

アウトプットで化学変化をストップ

昨日は、上司の行動・言動にあまりに呆れてしまい、とても大きなモヤモヤが心の中に残ったので、これを誰にも言わずにおくと、あとあと邪悪なドロドロになってしまうかもしれないと思い、何かにアウトプットしようと、このブログに長時間かけて事細かに書き込みました。

しかし、他人がそれを読んでもモヤモヤ感はほぼ通じないだろうと気づき、不毛なので公開は取りやめました。

それにしても、人間呆れすぎると怒りに近い感情が沸き起こるのだな、ということを知りました。自分で頭部に血が上ってくるのを実感!顔がカーッと熱くなりました。おそらく、その時の私は顔が真っ赤だったに違いない。

結局誰にも話せずじまいですが、書きだした=アウトプットしたことでモヤモヤは邪悪なドロドロに化学変化せずに済んでいるようです。

今日の「ありがとう」は今朝の駅のアナウンスに。珍しく、ゆっくりはっきりしゃべっていた。言っていることは毎日毎回同じなので内容は分かりきっているのだけど、やっぱりちゃんと聞き取れるようにしゃべってくれると気持ちがいい。

2024年1月29日 (月)

ここはどこ?東京なんです

この記事を書いた人がどういう意図で書いたのか。

全国最少156人の村、青ケ島村長選 元村長が22年半ぶり返り咲き
佐々木宏氏(79)が63票を獲得し、50票だった菊池利光氏(70)を破り、4回目の当選を果たし、約22年半ぶりに村長に返り咲いた。

朗報のつもりなのか、悲報のつもりなのか分かりませんが、少なくとも私には未来のない話だなと思いました。

人口わずか156人の村で、次期首長が79歳。

高齢者がリーダーに相応しくないと言っているのではありません。しかし、高齢というのはやはり健康面で不安がある分、多忙なポジションに就いてもらうにはリスクがある。

それに、せっかく156人という小規模なコミュニティなのだから、もっとフットワークよく動けてググッと全体を引っ張るエネルギーのある若い人が村長になってみると良いのではないか?この村の平均年齢が70歳というのなら、また別の意味でこの村の行く末は厳しいのだが。

調べてみると、1989年から2001年まで佐々木氏、2001年から2021年まで菊池氏が村長を務めている。直近の約35年間のうち約32年間を2人の人間が村長をしていたことになる。そしてさらに4年がここに追加される。

民主主義国家の自治体としてはいびつではないか?ヘタすると2人とも90歳くらいまでやりあう気だぞ(注:あくまで勝手な想像)。

それでいいのか?村民!もっと真剣に村の未来を考えないと!と思ったけど、投票率86.13%という驚愕の数字。

人口156人のうち有権者数は137人。つまり投票権を持たない子どもは19人か…。う〜ん、やっぱり厳しいな。

ちなみにこれは東京都の話です。

今日の「ありがとう」はネット通販の販売店の方に。ぐちぐち文句言われるかな〜と思ったけど、すぐにファイルを送ってくれて助かりました。

 

2024年1月28日 (日)

日常が続くありがたみと憂鬱

今朝は東京で地震がありました。震源地は東京湾。

東京23区で最大震度4なので、まあ、たいしたことはありませんでしたが、ひさしぶりに「お!けっこう揺れてる」と感じたので、東京でこの揺れだったらどこか遠いところで相当な大地震が発生したのかと、一瞬、いやな想像をしてしまいました。

それにしても、能登ではいまだに4.4万戸で断水が続いているとか。こんなに長期間水が自由に使えないとは、なんと過酷なことか。水が使えても寒いだけでも辛いし、暖房が効いていたとしても食事が満足に摂れなければ胃も心もひもじい。

日常が突然崩れてしまうなんてことは、普段、想像もしないし予測もしない。予測するべきなんだろうけど、そんなことは予測したくない。でも、しっかりリスクを見据えて予測しないといけないですね。

そう言いながらも、明日からまた仕事だ、先週と同じ日常が始まる、などと、リスクから目を逸らせて別の方向に憂鬱になるのです。

今日の「ありがとう」は早朝の十六夜の月に。空気がキンキンだったので、月がキラキラくっきり見えました。

2024年1月23日 (火)

寂しき語彙

私は近年定着しつつある「〜しかない」という表現が嫌いです。「尊敬しかない」とかね。

「尊敬以外の何物でもない」という意味の最大級の賛辞なのだろうけど、「しかない」というのはなんだか「それだけ」という感じがして、語彙力の貧困を感じます。「そんなに尊敬しているなら『しか』ってことはないでしょう。もっとあるでしょう。畏敬とか畏怖とか憧憬とか崇拝とかさ」、と言いたくなります。

若い人が使うならまだしも、いい大人がこれを使うと、ちょっと寂しい。

さて、某民放局の某アナウンサーが退社することが発表され、「(局に対して)感謝の気持ちしかありません」と言ったそうな。仮にも言葉を駆使する仕事であるアナウンサーが…。う〜ん。残念でしかありません。

今日の「ありがとう」は猫のグリーティングカードを送ってくれたダイビング友達Bちゃんに。しばらく音信不通だったけど、生存確認できてよかった。

 

 

2024年1月22日 (月)

すでに仕込まれている?

迷惑メールが非常に多い。迷惑メールというより詐欺メール。もし、うっかりリンクをクリックしたら、ウイルスを仕込まれるか、個人情報を入力させられてしまうという類いのメールです。

メール自体は、すぐに詐欺と分かるので引っかかることはないのですが、なぜこれが送られてくるのか、そこが怖いのです。

というのも、私が使用するサービスの会社を騙って、それらしい内容で送られてくる。口座のある銀行はもちろんのこと、先日、その銀行から、普段ほとんど縁の無いR銀行の口座に振り込みしたところ、R銀行の名を騙ったメールが送られてきました。

なぜ?誰かに見られてる?実はもうすでにパソコンにウイルス仕込まれてる?

楽天やアマゾンで買い物をすると、楽天やアマゾンを装ったメールが立て続けに送られてくるのはすっかり慣れっこですが、さすがにR銀行はびっくりしました。

ちなみにR銀行は何も悪くないので名前を伏せる必要はないのですが、なんとなく、ね。

今日の「ありがとう」は、忙しい中、特急で見積書を送ってくれた生協の担当者に。本当は明日でも間に合うのですが、なぜか上司が焦りまくっていて…😥ご迷惑をおかけしました。

 

2024年1月20日 (土)

従姉妹の衝撃発言

本日は近所の叔母宅にランチ訪問。お正月に挨拶に行こうと思ったのだけど、叔母の体調がいまいちだったので今日に延期になっていました。

訪ねてみると、ランチバイキング!?と思うような昼食が用意されていました。
Pxl_20240120_031444249

ローストビーフ!カニ!牡蠣フライ!イクラ丼!(写真に写っていないけど)生ビール!

腹十二分目くらいいただきました。あー、お腹が苦しい。

日程を合わせて来ていた従姉妹と、お互いの仕事遍歴について初めてじっくり話をしました。私より10歳くらい下の彼女は、私と同様に職を転々としてきたけど、今は小さいながらも彼女に合った雰囲気の会社で十分に能力を発揮している様子。

そして彼女の驚きの発言。「仕事が楽しい。月曜日に仕事に行くのが楽しみ」と。

なーんーでーすーとーーーー!?

私は社会人になってから、仕事が楽しいなんて、い・ち・ど・も!思ったことがありません。何十年も、毎朝毎朝、今日も仕事かと思うと憂鬱。いったいいつになったらこの憂鬱から解放されるのだろう、解放される日が来るのだろうか?と明け方にグルグル考えて眠れません。

そうか、仕事が楽しい人がいるのか。

今日の「ありがとう」は新鮮な驚きをくれた従姉妹と、美味しい料理を用意してくれた叔母に。

それが楽しい仕事かどうかではなく、いかに自分が仕事を楽しめるか、ですよね。分かっていますよ、頭では。分かっているけど、ひとつも楽しくないんですよ、私にとって仕事は。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ