最近のトラックバック

2024年2月21日 (水)

沁みる言葉

毎朝、通勤のために駅に入ると、ちょうど登校時の大量の高校生が駅から出てきます。

今朝、男子高生が友達に慰めるような口調で「もう忘れなよ」と言ったのが聞こえました。

その前の会話は全く聞いていないので、相手に何があったのか知りませんが、テストの点が悪かったのか、部活でミスしちゃったのか、あるいは失恋したのか。

でもその「もう忘れなよ」がじーんと心に沁みてきました。まさに今!私に言って欲しい言葉!

ここ数日、例の「明け方に心配ごとが頭の中をぐるぐる」症状が続き、しかもそれが、これからの心配ごとだけではなく、過去の心配ごと、それも、過去に心配していたけど結果的にはなんとかなったことまでも、まるでタイムスリップして時間が巻き戻ったかのように、頭の中をぐるぐるぐるぐる。そんな状態が続いていました。

そう、忘れてしまえばいいんだ。上司が、前日に指示したことを「僕はそんなことひとことも言っていない」としれっと言い放ったことも含めてね。

今日の「ありがとう」は、親切に対応してくれた総務課のNさんに。以前、総務課がらみで上司に怒られたことがあったからビクビクしてしまったけど、無事にコトが運びそうです。

2024年2月 7日 (水)

救いのひとことに乾杯

もう桜ラベルの登場です!早い!
Pxl_20240207_102741555mp

考えてみれば、暦の上では春ですもんね。

今日は嬉しいことがありました。

このブログに書いたかどうか忘れましたが、私は現在、某女子大で事務員(期限付き契約職員)をしています。

本日、4年生が「卒論終わりましたー。スージーさんありがとうございます」と報告に来たので「お疲れさまでした。私は何もしていないですが(^^;」と言ったところ、「スージーさんがいてくれると安心でした。本当です」と言ってくれました。う、う、嬉しぃ〜〜〜〜!なあ〜んて優しいんだろう。泣ける!(T_T)

実は昨日、例の上司の納得のいかない発言に、またまたモヤモヤが募り、精神的に疲労していたのですが、今日の学生の言葉で報われました!上司は・・・だけど、かわいい学生達のために明日からまた頑張ろう!

そんなわけで、今夜は桜パッケージのビールで乾杯したのでした。

今日の「ありがとう」は4年生のMAさんに。こちらこそ、感謝感謝です!

2021年10月17日 (日)

UKよりマグを詰めて

国際郵便が届きました。中身は、怪しげな革命家のような顔が印刷されているコーヒーマグ。
20211002_190902 20211003_080013

BBCのオンライン英語学習プログラム「Learning English」の教材ドラマ「Father & Son」の懸賞品で、怪しげな顔は、革命家ではなくドラマの主人公の刑事です。

この数年、英語の勉強をすっかり怠っていたので、久しぶりに同プログラムでの学習を再開したら、件の教材ドラマと懸賞企画が展開されていました。

オンライン英語学習なので、当然、利用者は英語を母国語としない人ですね。英国在住の人もいるかもしれませんが、大半は英国以外の国に住んでいる人でしょう。

懸賞の申込ページには、「英国在住のみ対象」とか「発送先は欧州圏内に限る」といった注釈はどこにも見当たらず、まさか英国外でも送ってくれるの?と、試しに応募したら、当たりました。もちろん、送料なし配達されました(3週間くらいかかりましたが)。

Webサイト上で発表された他の当選者も、欧州のほか、インドとか、フィリピンとか、韓国とか。もしかして、中国で製造して直接発送しているんじゃないの?(安っぽい作りだし)と思ったら、MADE IN UKでした。

さすがBBC、大英帝国の放送協会。潤沢な資金があるのか、あるいは特別な配達網を持っているのか。

ちなみに、このBBCのLearning English、登録無しでも無料で利用できて、内容も豊富。とても充実したサービスです。

上達するかどうかは、こちら(利用者)側の努力次第ですが ——— トランスクリプト無しのインタビュー動画はほとんど聞き取れなかった (^_^;

今日の「ありがとう」は、急激に寒くなったせいか、とっても小さく咲いた朝顔に。
20211017_072148

2021年9月22日 (水)

月も団子も

昨夜は中秋の名月でした。「中秋の名月」の名にふさわしく、ぴっかぴっかの眩しい満月でした。

中秋の名月が実際の満月になるのは8年ぶりだとか。次回は2030年だそうです。

近頃では毎月やたらと「なんちゃらムーン」という言葉が登場しますが、やっぱり中秋の名月だとか、十五夜だとか、十六夜だとか、そんな呼び方が風情がありますね。その方が和菓子が似合う。

ということで、お月見団子を作りました。
20210921_160750

やっぱり2段だと格好が付かないなあ、なんだかずんぐりした座布団みたいだなあ、などと考えていましたが、1段目を3個にすればよかったのですね😅

満月パワーのおかげか、今朝は新しい種類の朝顔が一輪咲きました。小さめの薄青い花です。
20210922_084834

今日の「ありがとう」は新顔の朝顔に。

 

2020年4月 8日 (水)

超満月!

昨夜はスーパームーンでした。

八重桜のあいまから覗く満月。
Supermoon2 Supermoon1

そして昨夜、東京を含め、7都府県で緊急事態宣言が出ました。「出すぞ出すぞ」とやってる感ゴリゴリに出していたので、驚きはしませんでしたが、それよりビックリしたのは、安倍晋三のこちらの発言。

例えば最悪の事態になった場合、私は責任をとればいいというものではありません

責任とりませんって言っているようなものではないですか!責任とらない人を首相にしているんですか!日本人ってバカじゃない!?

いやいや、情けなくて笑いが出てしまいますよ。

さて、スーパームーンは正確には、本日4月8日午前11時35分の満月だそうなのですが、昼間で見えないため、「夜見上げる月」としては、昨夜が一番近かったようです。

が、私は今朝、陽が昇る前にジョギングに出て、月を見上げました。大きい!本当に大きい!そして、明るい!未明のスーパームーンに向かって走りながら、日本に未来があることを祈りました。

今日の「ありがとう」はパッツンパッツンに膨らんだスーパームーンに。

2018年3月 8日 (木)

教えて!梅津先生、金田一先生!

第90回アカデミー賞の「メーキャップ&ヘアスタイリング賞」に辻一弘氏が選ばれました。

まったく知り合いではありませんが、おめでとうございます!

ひたすらクオリティを追求し、常にその上を目指し、妥協を許さないであろう風貌の辻氏。実年齢より若く見えます。

さて、辻氏受賞のニュースでとても気になったことは、「アカデミー賞を受賞」という言葉。

これ、「馬から落馬」ではないでしょうか?だって「受賞」自体、「賞を受ける」ことを意味しているのだから。私は仕事で「『賞を受賞した』はダメ、『賞を受けた』もしくは『賞を獲得した』と記述する」よう指示されました。

もちろん、普段友人同士で会話している際に、誰かが「日本人がアカデミー賞を受賞したね〜」と言ったからといって、「その言い方は…ウンタラカンタラ…」と説教するつもりはありません。

でも、ニュース番組や情報番組でアナウンサーが読む原稿は、当然、プロが書いているわけでしょう。私が見た番組の半分以上、いや、7割くらいで「アカデミー賞を受賞」と言っていました。それとも「賞を受賞」はヘンではない?

同様に、「違和感を感じる」も、それこそ違和感。正しくは「違和感を抱く」ではないかと。もちろん、普段の会話で誰かが「違和感を感じる」と言ったからといって、「それはね…ウンタラカンタラ…」と指摘するつもりはありませんが。

それとも、「違和感を感じる」もいまや正しい言い方なのでしょうか。ああ、梅津正樹先生、金田一秀穂先生に聞きたい!

今日の「ありがとう」は、嬉しいニュースを日本にもたらしてくれた辻氏に。腕が優れているだけでなく、主役俳優から是非にと誘われたとの逸話から、人柄も素晴らしいのだろうなと想像されます。

2018年2月25日 (日)

さんきゅー、まっちー

ここのところ、気になる言い方。「〜かなと思います」。

「とても満足できたかなと思いました」とか「株価の上昇傾向が見られるかなと思います」とか。

本人がとても満足できたのなら、「とても満足できたと思います」「とても満足できました」と言えばいいし、経済の専門家であれば「株価の上昇傾向が見られるかと予測しています」「株価が上昇傾向に進むと見ています」などと言うべきではないでしょうか。

とにかく、必要以上に遠回し遠回しに言おうとする風潮があるように感じます。まあ、一般の人がなんとなくそういう(最近流行りの)言い方になってしまうのは仕方がないにしても、報道のプロ(アナウンサー、コメンテーター、特定分野の専門家など)がこういう言い方をすると、かなりイラッと来てしまいます。

そんな中、今日、テレビ東京の番組で、平昌五輪フィギュアエキジビションの解説に登場した町田樹氏。「〜かなと、私は推察します」「〜だと、私は分析しました」「〜という印象を私は受けました」等々、できるだけ自分の立場や考察を明確に伝えようとする言い方。

さすが哲学者まっちー。その誠実な態度に感動しました。

言葉できっちり話そうとする分、時間を要するため、絶妙なタイミングで的確な説明を入れる本田武史氏や、芸人なみに見事な“返し”をする織田信成氏のように、リアルタイムで競技を報道する番組の解説には向かないかもしれないけど、なんといってもフィギュア全般や個々の選手に対する愛に溢れている!!

もちろん、本田氏も織田氏もフィギュア愛は人一倍、いや人十倍あるに決まっていますが、出演している番組の性質上、どうしてもトップ選手(特に日本人選手)のテクニックや得点にフォーカスせざるを得ない。

しかし、まっちーが登場したのは、なんといってもテレ東。羽生選手のジャンプ、ザギトワ選手のプログラム構成、そんなことはもう他局が十二分に放送してくれちゃっているのですね。

まっちーは、トップ選手のジャンプやステップ以外のアピール面を説明したり、あまりスポットライトが当たらなかった田中刑事選手の言葉を伝えたり、入賞しなかった外国の選手に焦点を当てたり、各選手の魅力をいろんな角度から紹介していました。

これからも、まっちーの解説に期待です。多くの人に理解しやすいよう、なるべく難しい言葉は使わずに、平易な表現を利用するともっといいかなと思います。おっと

今日の「ありがとう」は嬉しい解説をしてくれたまっちーに。テレビに向かって「うん、うん」と頷いてしまいました

2018年2月 4日 (日)

超青血月

先週水曜日は「スーパーブルーブラッドムーン」でした。
世の中が「月が欠けてきた!」と盛り上がり始めたころには、私は約3年ぶりの風邪のために、頭痛と咳に苦しみながら布団の中でした。

翌朝、Facebookにはいろんな方々がスーパーブルーブラッドムーンの写真を上げていました。どうやったらあんなに綺麗に撮れるのでしょうね。みなさん、写真の腕がすばらしい。

それにしても、"超青くて血のように赤い月"とは、英語圏の人もすごい名付け方したな〜と思って調べたら、「スーパームーン(地球に最も接近した月)」「ブルームーン(月に2度めの満月)」「ブラッドムーン(皆既月食)」の3要素が揃っているということだったのですね。

でも、実際、FBに上げられた写真を見ると、若干青ざめた色合いになってから欠けていって、暗赤色になり、そこからまた満ちていく感じですよね。

私が見た情報番組によると、「スーパー」「ブルー」「ブラッド」の3条件が揃うのは、計算上、平均265年に1度だそうです。

3年ぶりの風邪のために、265年に1度を見逃してしまったのかっっっっ

と非常に悔しい気持ちになりかけましたが、実のところ、前回からは35年ぶりだそうです。それでも非常に残念ではありますが。

さて、風邪はどうかといいますと、すぐにピークを過ぎたものの、“治りかけ”状態がだらだらと続き、おそらく明日ごろ全快する見込みです。

今日の「ありがとう」は、昼間の青空に。予報より晴れ間がずいすぶん少なかったけど、五島美術館の庭を散策しているあいだは穏やかに晴れてくれました。

2016年3月 1日 (火)

4年に1回跳ねたり閉じこもったり

昨日は4年に1度の2月29日でした。

せっかく4年に1度なので、昨日中にブログをアップしようと思ったのですが、結局時間がなくなってしまい、果たせず。

さて、そんな4年に1度だった昨日、FBでは「4年に1度の肉の日!」といって肉料理をアップしている人がかなりいました。なんのことかと思ったら、4年に1度の「ニク(29)の日」ってことだったのですね。

しかし面白いことに、いや、むしろ当然なことに、いつもハイカロリーな食事をしている人ほど「4年に1度の肉の日!」といって大量の肉料理を食べている様子でした。

まあ、いつもよくスイーツを食べる人ほど、「今日は自分へのご褒美♡」といって高価なケーキを食べるような感じですね。

ところで、閏年って英語でなんて言うのかな?と思って調べてみたら「leap year」でした。跳ねる年。

1日余分にはさむから、跳ねるというのはむしろ逆の表現ではないかと思ったら、3月1日以降の曜日が前年に比べて2つ進むことになるため(閏年以外は1つ進む)「曜日が通常より1日多く飛び越える」ということでleap year(飛び越える年)という表現になったという説明をネットで見つけました。

じゃあ「うるう」はどういうい意味?と思ってオンライン辞書を引いてみても、「暦を調節するため、1年のうちの日数・月数を普通の年より多くすること、またはその余分な日や月のこと」と記載されているだけ。つまりは「うるう」は「うるう年」「うるう月」「うるう秒」のためだけの言葉だったのですね。

で、「閏」の文字は、暦からはみ出た余分な日に王が門の中にとじこもって政務をとらなかったことを表しているそうです。

閏年を何十回か経験して、ようやく知りました。

4年に1度の日の「ありがとう」は、楽しい思い出話と美味しい焼き鳥で盛り上がったE美とKちゃんに。また近々会おうね。

2014年12月22日 (月)

復活へのゼロ日和

本日は19年に一度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」だそうです。新月と冬至が重なる日、ということは、明日から月が満ち始め、太陽も少しずつ高くなる。今日はこれ以上ないくらいの「ゼロ地点」、つまり復活に向けたうってつけの日ですね。

Pc220006 ということで、朔旦冬至を祝ってかぼちゃ(南瓜)、にんじん、いんげん、れんこん、こんにゃくを揃えました!「ん(運)」が付いてる食材が5種類!よーし、明日から復活じゃ!これにワインもプラス。

ところで、先ほど「これ以上ないくらいのゼロ地点」と書きましたが、ゼロはゼロ(無)だから、これ以上もこれ以下もないはずなのですが、やはり私の気持ちとしては、「これ以上ないくらい」と付けたい。

昔読んだ、日本に長い間住んでいるイギリス人の著書(日本語)に、日本映画の中のセリフがとても不思議だったと書いてあった。そのセリフは「あの人は思いやりがなさ過ぎる」だそうです。

「思いやりが無い」とはつまり、思いやりが「ゼロ」ということ。ゼロが「過ぎる」なんてことはないはずなのに、「なさ過ぎる」とはオカシイと。

その著者(名前失念)は、その映画を見たのはまだ日本語がそれほど堪能ではなかった頃で、著書を出した時点ではもうすっかり日本語が母国語同様になっていたので、「なさ過ぎる」も分かるほどだったようです。

今日の「ありがとう」は、書類の発送をちゃんと調べてくれたS社の担当者に。でもまだ書類届きません 大丈夫なのかなぁ。

その他のカテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ