2021年6月21日 (月)

麗しの七十代

土曜日は誕生日でした。

せめて自分で自分にプレゼントを、と思って、19日指定で紅茶の詰め合わせが届くようにしていました。

こんなご時世なので、宅配のドライバー宛に「置き配(署名・捺印省略)でお願いします」との貼り紙をドアに貼り、閉じこもって来月の書道の課題などをしていたら、自分からのプレゼントに加え、幼なじみY子と友人K美からのプレゼントが、静かにドアの前に置かれていました。

出かけるちょっと前に気付いてびっくり!嬉しいサプライズ!
20210621_134734

他にも、友達数人からおめでとうメッセージをいただきました。

さて、久しぶりの歌舞伎観劇は、仁左玉(仁左衛門丈&玉三郎丈)コンビの「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」。4月に「上の巻」が上演され、今月は「下の巻」です。

これがもう、とんでもないストーリーで、歌舞伎は「トンデモ話」が当たり前ですが、これはまた非道いというかむごいというか。仁左玉でなければ気が滅入っちゃって見ていられなかったかもしれません。特に仁左衛門丈が演じる釣鐘権助(つりがねごんすけ)がろくでなしの人でなし。こんな極悪非道の色悪(いろあく)を演じられるのは、現役の役者では仁左衛門丈しかいないでしょう。

玉三郎丈は、世間知らずのお公家のおひい様、鞍替えを繰り返してすっかりハクが付いた女郎、仇討ちを果たして凜とした姫君を、流れるように演じる。さすが!

孝玉そして仁左玉コンビとして、幾多の名作を共演してきたお二人。布団の上にうつ伏せで肘を突いて並んで会話をするシーンなんぞは、とてもチャーミングでかわいらしかった。仁左衛門丈77才、玉三郎丈71才。こんな70代カップルって他にいますか!?(笑)

次にいつ仁左玉を見られるか分からないので、グッズを買っちゃいました。う〜ん、麗しい。実際、実物より麗しいかも?
E4tndtavuambmfc

週末の「ありがとう」は、いつも支えてくれるK美とY子、そしてメッセージをくれた友たちに。

2021年3月16日 (火)

嵐のあとの開花

東京都で桜の開花発表があった14日、「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」を観劇に、国立劇場へ。

ちょっと早めに到着して、まずは桜をチェック。

ぽつぽつと咲き出した駿河桜(たぶん)。
Suruga_or_sendai

神代曙(たぶん)はまだ一輪も咲いておらず。でも紅色がちらりと覗いている蕾も。
Jindai_akebono

小松乙女(たぶん)は日当たりが良いのか、だいぶ咲いていました。
Komatsu_otome

さて、「時今也桔梗旗揚」は明智光秀が決起するまでの過程を描いた作品。大河ドラマにあやかって上演を決めたのかどうかは分かりませんが、大河ドラマと同様の目線、つまり、暴君・織田信長のイジメに耐える明智光秀が描かれています。作者は四世鶴屋南北で、約200年前に書かれたもの。そう、200年前にすでに、明智光秀は浅はかな謀反者ではない、という見方があったのですね。

舞台上では、菊之助丈が明智光秀(作中での名前は「武智光秀」)を演じます。怒りを内に抑え込む表情、反旗を掲げることを決意する表情、なかなかの迫力でした。表情だけでなく、声も、歩き方すらも、菊之助丈の岳父であり、監修を務めた吉右衛門丈が重なって見えるほど。

さすが、真面目で研究熱心な菊之助丈。どんどん芸を吸収していきます。

ファンとしてたいへん嬉しい。嬉しいのですが、いずれ「菊五郎」を継ぐことも忘れないで〜、と(もちろんお忘れになるわけはありませんが)、ちょっと心配にもなりました。

週末の「ありがとう」は、春の嵐を観劇がうまくズレたことに。

2021年1月 9日 (土)

女郎もババアもありがとう

1年ぶりの初春歌舞伎、1年ぶりの国立劇場、なおかつ、1年ぶりの歌舞伎観劇でした。菊五郎劇団による「四天王御江戸鏑(してんのうおえどのかぶらや)」。

2度目の緊急事態宣言が出た翌日でしたが、もうチケットも買ってあるし、ひとりで行くので誰かと会話・接触することもないので、リスクは低いと判断して出かけました。

劇場側も、体温測定と手指消毒はもちろんのこと、座席を減らして、時間も短縮して、食堂の営業も停止しての開場です。

座席は最前列と花道脇を使用不可にして、1席ずつ飛び飛び。
20210109_150105

上演時間が短いことが理由なのか、お値段もいつもより安くなっています。座席数が半分未満だから、売上は相当減っているでしょう。しかし、通常よりも諸々の手間がかかっているはず。むしろ公演しない方が痛手が少ないのではないかとも思えるけど、公演を続行してくれて、私としては1年ぶりに舞台で菊之助丈を堪能できて、嬉しい限り。

菊之助丈は、美しい女郎、実は土蜘蛛の精、という役。妖艶な女っぷりにうっとりしていると、最後に立役でワイヤーアクション。たっぷり堪能しました。

初春歌舞伎では、毎回、前年の流行りや話題を盛り込んだ場面があるのですが、今回は、宴の場で「アマビエ」の掛け軸やらアクリル板のパーティションやらソーシャルディスタンスやら(笑)そして、NiziUの縄跳びダンス♫みんな(特に菊之助丈)かわいらしかった。

ずっと閉じこもり&引きこもり生活なので、少し、いや少しどころかだいぶ気持ちが晴れました。

今日の「ありがとう」は、開演してくれた国立劇場とスタッフの方々、菊五郎劇団のみなさんに。

そうそう、時蔵丈の婆(ばばあ)っぷりが素晴らしかったです(笑)

2019年9月 7日 (土)

若い子たちの成長にウキウキ

久しぶりに歌舞伎座へ行きました。

演目は、「寺子屋」「勧進帳」「松浦の太鼓」。お目当ての菊之助丈は、寺子屋の「千代」役。久しぶりの女形。若い頃の可愛らしい女形とは違って、ちょっと怖いくらいの印象でした(^^; が、ま、それも貫禄が出てきた所以でしょう。

寺子屋には菊之助丈の息子、丑之助も出演していて(親子の絡みはありませんでした)ファンとしては嬉しい舞台でした。舞台上では相変わらず“淡々と”していたけど、これからもどんどん色んな役をやって成長してほしいなあ。

寺子屋では福助丈が登場。私が福助丈を見るのも久しぶりだし、福助丈が舞台に立つのも久しぶりらしい。息子の児太郎@戸浪に手を引かれて、ようやく歩いて移動できる感じ。その頼りない動作や心配になる表情に少なからずショックでしたが、児太郎丈がなかなか頑張っていたので、ちゃんと芸は伝わっているのだなと思いました。

勧進帳は、仁左衛門丈が弁慶!いやー、表情1つひとつが、まるで写楽の描く歌舞伎役者!絵になる!歌舞伎通の知人曰く、「何を演じても仁左衛門」だそうですが、別の歌舞伎通曰く「仁座さんは何を演じてもかわいいから良し!」だそうです。どちらの意見にも大きく同意(^o^)

ちなみに勧進帳には、仁左衛門丈の孫・千之助丈も出演。なかなかハンサムに成長していました。こういうところで喜ぶなんて、私も着実におばさん化しています(^^;

松浦の太鼓は、赤穂浪士の討ち入りを題材にしながらも軽妙な演出で楽しめる・・・・はずが、いまひとつ地味な印象なのと、私自身の体調がいまいちのため、1時間15分は辛かった。米吉君の可愛らしさでなんとか耐えたという感じです。

それでもやはり、歌舞伎座はいいですね。観劇に来た高揚感があります。次回はいつ来られるかな。

週末の「ありがとう」は誘って下さった歌舞伎通のK子さんに。そしてお話が楽しい、K子さんのご友人・SさんとHさんに。

2019年5月 4日 (土)

末は大物か?

「團菊祭」夜の部を観劇しました。

「絵本牛若丸」では、菊之助丈の長男・丑之助丈の初舞台。前夜の某テレビ番組では何度も楽しそうな笑顔を見せていたけど、さすがに舞台上では笑顔は見せず。かといって緊張しているようにも見えず。立ち回りもしっかりこなし、片足立ちも見事にぴたっと決めて見せた。

いとこの眞秀〈まほろ〉くんが舞台上でもにっこにっこと笑顔で、舞台に立つ嬉しさを体全体から感じさせるのに対して、丑之助丈=和史〈かずふみ〉くんはどことな〜く「やらされている」感が漂う(←あくまで個人的な印象)。でも、そこが大物の片鱗を感じさせると、私は大いに期待しているのだ(*^_^*)

と、他人の私でもひいき目で見てしまうのだから、祖父である菊五郎丈と吉右衛門丈の「孫可愛や」ぶりといったらいかばかりか。特に私の席からは吉右衛門丈のデレデレ具合がよーく見えました。

続いて「京鹿子娘道成寺」。実は今回一番のお目当て。菊之助丈の美しい女形と素晴らしい舞踊をたーっぷり堪能できる演目。久しぶりに見たけど、以前よりも色気というか深みが増した気がする。じっくり見入りながら、何年も前に玉三郎丈と共演した「二人娘道成寺」を見たさに名古屋や博多まではるばる観劇に行ったなあ、とか、以前歌舞伎座で演じた時は2回も見に行ったなあ、などと、かつての情熱が蘇ってきました。

そして恒例の手拭い蒔きでは、久しぶりに手拭いをゲットしました。わーい!と喜んでいたら、隣席の友人は2つもゲットしていました。どんだけ「手拭い運」がいいんじゃ!(@_@)

Img_3032

そんなこんなで充実の令和初観劇になりました。楽しい一日を共有した幼なじみのYに特大の「ありがとう」を。

2016年10月27日 (木)

言葉の壁は高い、壁の内側は心地よい

久しぶりに歌舞伎座に行きました。

しかし今夜の歌舞伎座はとっても違和感。それもそのはず、歌舞伎公演ではなく、東京国際映画祭のイベントでした。やたらと外国人記者と劇場スタッフが多い。

お目当てはもちろん菊之助丈の「鷺娘」です。これだけ見てさっさと帰ってもいいかな〜とさえ思っていたのですが、鷺娘は最後だったので全部見ることに。考えてみたら、映画祭だから映画がメイン。鷺娘は特典みたいなものですよね。

メインは、ほとんどが消失してしまった1928年製作の「血煙高田の馬場」と昨年発見されたという1926年製作の「忠臣蔵」(デジタルリマスター版)。血煙高田の馬場は古舘伊知郎氏のしゃべり倒し(フリートーク)付き。

ナマ古舘氏、初めて見ました。よくしゃべるわ〜〜〜〜 外国人客が多いので、というか外国人向けのイベントでもあるので、同時通訳者がいたそうなのですが、う〜ん、あのしゃべり倒しは通訳できるのでしょうか。きっと無理だと思う。それでもおかまいなしにガンガンしゃべる。日本人には非常に楽しめました。

続いてプロの弁士が語る忠臣蔵が上映され、幕間に特製お弁当を食す。美味しかったです。

Dsc_0027_1Dsc_0029_1

最後の鷺娘はあっという間でした。実際には30分くらいあるのですが、私にはせいぜい10分くらいに感じられます。とても美しくてうっとりしているうちに幕。ちなみに菊ちゃんが鷺娘を歌舞伎座で舞うのは初めてだったそうです。そういえば、以前見たのはなんとかホールだったっけ。

今日の「ありがとう」は素敵なイベントに誘ってくださったK子さんに。久しぶりに着物で歌舞伎座に行って、体がバキバキ、痛くなりました。

2016年1月18日 (月)

初歌舞伎はスカーーーッと

Hatsuharukabuki_2今年の観劇初めは、例年の如く、国立劇場の初春歌舞伎。演目は「小春穏沖津白浪(こはるなぎおきつしらなみ)」。簡単に言うと、怪盗ものです。こちらはチラシ→

私のひいきの菊之助丈は、狐の妖術を使う盗賊、娘、若旦那を演じ、ファンにとっては1粒で2度も3度もおいしい舞台でした。しかし、若旦那と“いい仲”の花魁が萬次郎丈ってのが、どうも納得がいかん!もうちっと若い子にやらせるわけにはいかなかったのか・・・。

そして、今回とても感心したのは、身体能力の高い若い弟子たち。映画「マトリックス」のを上回るほどののけぞり!

さらに、クライマックスの立ち回りで使用された、鳥居の舞台装置。まずは鳥居の志太下で立ち回り、その後鳥居の上で、ステージが回転しながらふんだんな見せ場。

見ていてスカーーーーーーッとしました。初春の歌舞伎はこうでなくっちゃね!

そして恒例の手拭いまきでは、やはり手拭いゲットできませんでした。手拭い運ナシナシ。

でも、一緒に行った友人のお母様が、菊五郎丈の投げた手拭いをキャッチできたので、おめでたい締めくくりになりました。

初観劇の「ありがとう」は、チケットを手配して下さったK子さんと、一緒に楽しんでくれたY&お姉さん、お母様に。

P1180001 手拭いは手に入らなかったので、桜吹雪の花びらを持ち帰りました。今年1年のお守りにします。

2015年7月10日 (金)

ファン冥利に尽きる

P7110001 五月以来の歌舞伎。今回は歌舞伎座ではなく国立劇場「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」でございます。

演目は「義経千本桜」 の「渡海屋の場」と「大物浦の場」。菊之助丈はなんと、主役の知盛を演じます。

なぜ「なんと」なのかというと、菊之助丈のニンではないからです。「ニンじゃない」というのは、平たく言うと、「カラーじゃない」でしょうか。でもちょっと違うな。

「あの役者のカラーじゃない」っていうと、その役者に合わない役柄(キャラクター)って感じですが、「あの役者のニンじゃない」っていうと、役柄(キャラクター)が求める雰囲気と役者の持ち味が合致しない、という意味で使われていると私は解釈しています。

そんなわけで、今回の配役が決まったときは、菊ファン仲間は「えーーー!?知盛!?」という反応でした。

それで、たぶん、空回りしてしまうんじゃないかな。と、少々不安を抱きつつ見に行ったわけですが、なんのなんの!素晴らしい!

確かに「ニンじゃない」感はいなめず、特に2場目の「大物浦の場」で花道に知盛が登場したときには、私の近くの席から“クスクスッ”という笑いが起こっていたほどですが、いつもの鈴を転がすような声が今回は低くお腹に響く声になり、セリフの余韻や間(ま)は人物の大きさ感じさせ、鬼気迫る緊張感、死を覚悟したときの静けさ、ものすごい迫力で演じきっていました。

ニンではないのにここまで演じてしまう菊之助丈、すごい!この役者を好きで良かったとつくづく思いました。

今回のご指導は幾度も知盛を演じている吉右衛門丈。この舅&婿コラボ、けっこうポテンシャル高いかも。

今日の「ありがとう」はいつも良い舞台を勧めてくださるK子さんに。
これで3900円は安すぎる!

2015年5月27日 (水)

あちらとこちらの見方

五月といえば團菊祭。昼の部は1等席で、夜の部は3等席で観劇しました。

昼の部は、菊之助丈が主役の玉手御前を務める「摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)」と、準主役(という認識でいいのかな)の天一坊を務める「天一坊大岡政談(てんいちぼうおおおかせいだん)」。ちなみに大岡越前を演じるのは菊五郎丈。

夜の部は、松緑丈が立ち回りで頑張る「丸橋忠弥(まるばしちゅうや)」、海老蔵丈が復活させた歌舞伎十八番の1つ「蛇柳(じゃやなぎ)」、祭に相応しい「め組の喧嘩」。め組の親分、辰五郎はもちろん菊五郎丈。

てな具合に、團菊祭というより菊菊祭といった様相。団十郎丈がいないので、「団」と「菊」のバランスをとるのはなかなか難しい。海老さんは昼の部で天一坊にちょろっと出て、夜の部で蛇柳だけ演じておしまい。

私は「菊」ファンなので、これで十分楽しめたけど、「団」(成田屋)ファンはどうなんだろう?と、成田屋びいきの團菊祭観劇ブログをちょこっと検索。

海老さんが「不当に」出番が少ないって思っている人がちらほら。まー確かにファンにはそう思えるだろうな〜。

さらに海老さんファンらしきブログを読み進めていくと、「菊之助は博多人形のような顔をして表情が乏しく味気ない」と。「所詮博多人形なので、立役(天一坊)をやっても物足りない」と。

菊之助=博多人形という着眼点は菊ファンの私も同意見ですが、それに続く展開が、まったく違う!同じ地点からスタートしても、立場が違うとこんなにもかけ離れたコースになるのかと、驚きの発見でした。

もちろん、菊ファンの私から見ても、玉手も天一坊もこれが完成形ではなく、まだまだ勉強する余地は十分有りそう。菊ちゃんはこれからもどんどん進化しますよ。どんなゴールになるか楽しみです。

ちなみに夜の部は、丸橋忠弥もめ組も、上(3階)から見たら、立ち回りの形式美や、屋根の上での工夫(=苦労)などが見えて、かなり楽しめました。たまには3階席もいいですね。すんごく狭いけど。

週末の「ありがとう」はチケットをとってくださったK子さんと、久しぶりに感想を語り合ったCさんに

2015年1月18日 (日)

空色と赤色が降ってくる

国立劇場の初春歌舞伎。今回は「南総里見八犬伝」。菊之助丈は犬塚信乃でした。ぴったりですね。

久しぶりにとっても近い席で見た菊之助丈は、やっぱり素敵でした。声は心地よく、オーラもキラキラ。松緑丈@犬飼現八との屋根の上での立ち回りは、菊五郎劇団らしくテンポ良くて迫力満点。比較的満足度の高い公演でしたが、一幕目の伏姫も菊之助丈に演じて欲しかった。そうすれば女形・立役、両方楽しめたのに。

 

P1180004 写真下方の空色の布は、恒例の手拭いまきで友達がゲットしてくれたもの。短い赤いテープは、煙幕を表現する演出効果で降ってきたもの。着物の襟足部分にたっぷり入りました

観劇後は、友達と母上&姉上と一緒に早めの夕食。久しぶりにわいわいと楽しい観劇&夕食になりました。

今日の「ありがとう」は友達ファミリーと、チケットをとってくださったK子さん、そしてK内さんに。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ