« 被害の大きさに呆然 | トップページ | 逃げられてのんびりと »

2023年2月24日 (金)

ゆっくり元気に

もうおとといのことですが、2月22日は「猫の日」。半年ぶりに、猫好き夫妻のお店(お好み焼き屋)を訪ねました。

最寄り駅「水天宮前」は今も変わらず水槽が設置されています。景色はもう桜になっていました。
Pxl_20230222_090000196

店内の月替わりの飾りはお雛様。
Pxl_20230222_090745201 Pxl_20230222_095800361

コロナ以前は、近隣の会社に勤めている人たちが個人やグループで来てにぎわっていましたが、コロナでステイホームが長く続き、ステイホームが解けても多くがリモートワークに移行したり、家に直帰する習慣が付いたりで、なかなかお客さんは戻ってこないそうです。

しかし、外国人観光客の入国制限が大幅に緩和されたことから、最近では韓国人のお客さんがぼちぼち来るそうです。

駅から近いとはいえ、大通りからちょっと入って、うっかりすると見落としそうな小さいお店。どうやって探し出してくるのでしょうか。それとも、通りがかりに小さい看板を見て「あ、ここ入ろう」って思うのかしら?ちなみに外から店内の様子は見えません。

いずれにしろ、友人夫妻にとってはありがたい存在。日韓関係が最悪だったころにメディアで報じられていたような「マナーが悪い」ということはなく、明るくとても感じの良い人たちだそう。そんなわけで、奥さんはメニュー説明のために韓国語を勉強中です。

コロナ前には奥さんが腰を痛めたりして、それからこの3年に渡るコロナ禍。もうずーっとたいへんな時期を過ごしてきたお二人。これから少しずつ活気を取り戻していけるといいですね。

猫の日の「ありがとう」は、いつ行っても笑顔でゆったり迎えてくれるT夫妻に。ちなみに「猫」は韓国語で「コヤンイ」と言うそうです。意外と長い。

« 被害の大きさに呆然 | トップページ | 逃げられてのんびりと »

コメント

お雛様たちが沢山ですね。お店も大変なのでしょう。観光客は口コミとかがあるのかもです。

>kazuyoo60さん

これだけたくさんだと、小さくてもかなり手間と時間がかかるそうです。
1年で一番大変な飾りつけだと言っていました。

半年ぶりとはいえ、心安らぐ行きつけの店があるとは羨ましい限りです。
店内を拝見して真っ先に、水槽に目がくぎ付けです。
かつては淡水魚から海水魚に至るまで手がけたアクアリスト(今はメダカミニ水槽ひとつ)にとっては、とても惹かれる憧れの光景です。
雛飾りを拝見し、さぞかしセンスの良い店主ご夫妻とお見受けしました。
まだ時間がかかると思いますが、一日も早くかつての賑わいを取り戻すことを願っております。

>omorinさん

友人夫妻へのエール、ありがとうございます!

水槽はお店ではなく最寄り駅(改札付近)に設置されています。
レンタル水槽会社の宣伝のようです。
そういえばomorinさんもアクアリストでしたね。メダカも最近では色んな種類があって、人気があるらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 被害の大きさに呆然 | トップページ | 逃げられてのんびりと »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ