« 麗しの七十代 | トップページ | サボロー暗躍中 »

2021年7月19日 (月)

酷暑に夢を見た

1カ月近くブログをさぼっていました。

書きたいことはあったのですが…、例えば、この1週間ほど前に読み終わった「日蝕」(平野啓一郎著)のこととか。久しぶりに何かが眉間を貫くというか、そんな衝撃と感動があったのだけど、うまく言葉にできず、そのまま書けずじまい。

「日蝕」の感想は、いずれ、じっくりと。

で、「日蝕」とは無関係で、世田谷文学館に「イラストレーター 安西水丸展」に行きました。

安西水丸。ずーっと第一線で活躍していたけど、私としては特に学生時代&社会人初期と直結する。さまざまな雑誌やCM、ポスターに安西水丸のイラストが使われて、どれもヒットした。単純な線と軽快な色づかいが心地よくて、見ているとクスッとしたり、ほっこりしたり。

20210718_101331

今回の安西水丸展は、撮影OK(フラッシュと動画は禁止)という寛大な展示で、お言葉に甘えてたくさん写真を撮りました。

子供の頃のノートとか、大人になってからの旅のスケッチとかも展示されていて、とにかく「描かずにはいられない」人だったんだなということがひしひしと感じられた。

作品そのものや、あるいはイラストが掲載されてた雑誌などに、「嵐山光三郎」やら「村上春樹」やらの名前もでてきて、かつての日々が蘇った。

  安西水丸、嵐山光三郎、村上春樹、渡辺和博、南伸坊・・・懐かしいなあ、楽しかったなあ、あの頃。

数十年前の思い出に浸りながらウキウキした気持ちでたっぷり展示品を見て回り、会場から炎天下の外に出たら、一気に現実に引き戻されてしまった。

「夢」だったんだ、たぶん。酷暑のアスファルトの「逃げ水」のような。

週末の「ありがとう」は、安西水丸展に。ひとときの夢を見せてくれてありがとう。

« 麗しの七十代 | トップページ | サボロー暗躍中 »

コメント

お気に入りの場所へ行かれて、楽しんで来られました。
暑さにお馴れになるまで、用心なさって下さい。

>kazuyoo60さん

実は「世田谷文学館」に行くのは初めてでしたが、
池に大きな鯉が泳いでいたり、近くに緑豊かな公園があったりと、素敵なところでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麗しの七十代 | トップページ | サボロー暗躍中 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ