« 緑の香りをチャージ | トップページ | 迷走中のふふふ »

2020年6月 5日 (金)

挨拶にドッキリ

昨日、砧公園に早朝ジョギングに行くと、数十メートル先で、若い男の子(20才前後かな?)が向かい合って立っていました。一方の男子は猫背気味で、かたわらには倒した自転車と地べたに置いたバッグ。もう一方は、スケボーに片足を乗せ、腰に手を当てている。

も、もしかして、これは、スケボー男子がもう一方の男子に絡んでいるところ?とちょっと不安になりながら徐々に近づくと、どうやら友だち同士のようで、仲良く、でも2メートルくらい空けて(偉い!)会話していただけのようでした。

なーんだ、よかった。と安心しながらも視線をその子たちに向けたままでいると、猫背男子が私に気づき「はよっす」(=おはようございます)と挨拶してきました。

え?なぜ?私が凝視しすぎていたから「僕たち怪しくないですよ」っていうアピールかな?それとも、単に年配への挨拶が習慣化しているだけ?ちょっとびっくりして、すぐには声を出せなかったので、大きく会釈して通り過ぎました。

理由はどっちにしろ、なんだか気持ちよかったな。ただ、そこで自分も元気に「おはよっす(^o^)/」って応えられなかったのが情けない。

早朝ジョギング中に挨拶されて驚いたといえば、2年程前にもありました。

駒沢公園の近くを走っていたら、こちらに向かって歩いてきた30才前後の細身の男性。私の顔をしっかり見た上で「あ、おはよっす」とはっきり挨拶してきました。ええええ!私に!?

なぜこんなに驚いたかというと、だって、その男性、細身の体にぴったりしたテラテラ光沢のある素材の開襟シャツ、スリムな黒系のパンツ、先のとがったエナメルの革靴という服装で、そう、チ○ピラ風な出で立ちだったのです。

あまりに驚いて、まったく反応できずにすれ違ったのですが、「絶対に間違いだよね。知ってる人じゃないよね。でも、知ってる人だったらどうしよう。あとあと、『あいつ、俺が挨拶したのに無視しやがった』って言われたら…」と、とても心配になりました。

その後、何も起こらないので、やはり間違いだったのでしょう。いや、もしかしたら、そのチ○ピラ風な男性も、単に挨拶が習慣化している気持ちの良い人だったのかもしれない。

チ○ピラさん、ごめんなさい。いや、そもそも、チ○ピラかどうかも不明なのですが。

今日の「ありがとう」は、久しぶりの書道のお稽古再開に。みんな無事で良かった。朝顔も無事に育っています。皆さんも引き続き体にお気を付けください。
Img_4812

« 緑の香りをチャージ | トップページ | 迷走中のふふふ »

ご近所」カテゴリの記事

コメント

山間へ行くと、見知らぬ人でも挨拶します。町は知った人でもしない人がいます。
今年も朝顔をお作りですね。学童が挨拶してくれる時があります。全員ではないので、戸惑いながら挨拶返しをしています。我が家は小学校から50mほどですので。

>kazuyoo60さん

山ではすれ違う人たち、皆挨拶しますね。
子供に挨拶されると、ちょっと安心します。一応「悪い人」には見えないらしい、と(苦笑)

話しは少し違いますが、当小学校区で変質者が出たり、事件が相次いだ頃、見知らぬ人と挨拶したり、接触することを禁じていました。
幸い現在では落ち着き、積極的に挨拶をしてくれるようになり元に戻りました。世相がらみもあり、その辺の兼ね合いが難しいところです。
先日も雨に濡れながら家路を急ぐ女児に、見かねた家内が「何時でもいいから(丁度通りがかりのうちの)倉庫へ返しておいて」と、自分の差していた傘を貸して差し上げました。翌日丁重なメッセージを添えて返されており感激したところです。

>omotanさん

見知らぬ人と挨拶しないようにとの指導の話は聞いたことがあります。なんだか残念ですね。挨拶しあっていた方が防犯につながると思うのですが、心も生活も複雑化している今の世の中では、そういうわけにはいかないのでしょうね。
傘の話、奥様の優しい心が少女にきちんと伝わって良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑の香りをチャージ | トップページ | 迷走中のふふふ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ