« 出会いの機会は玉川の高台に | トップページ | 主役不在の桃の節句 »

2020年2月25日 (火)

はじめて踏み込む23(ふみ)の世界

去る2月23日の天皇誕生日に、切手の博物館を訪れました。

決して切手に造詣があるわけでも、切手蒐集家でもマニアでもなく、たまたま「2月23日に記念小型印限定風景印の押印サービス」というニュースを見て、三連休だというのにヒマ〜〜〜な私はとろとろと出かけていったのです。

23日は「ふみの日」でもあるので、入場無料。天皇誕生日の記念小型印限定風景印は整理券が必要なので残念ながら断念したのですが、いちごの風景印というのを押してもらえるとのことで、わざわざ自分宛に葉書と切手を購入し、押してもらいました。
Img_4014 Img_4014ed

その葉書が無事に本日配達されました。風景印なんて、今の今まで意識したことがなかったのですが、これを「風景印帳」というものに集めている方、多いようです。御朱印帳みたいな感じで。

初めて知った切手の世界。なかなか楽しい体験でした。ついついこんなものまで買ってしまいました。
Img_4015

猫の日(2月22日)に1日遅れて猫の葉書も。
Img_4018

世界各国の記念切手も展示していて、シロクマとペンギンは世界的に人気のモチーフなようです。うっかりするとハマりそうな切手の世界、気をつけねば。

今日の「ありがとう」は無事に葉書を配達してくれた郵便局員さんに。

« 出会いの機会は玉川の高台に | トップページ | 主役不在の桃の節句 »

地上活動」カテゴリの記事

コメント

綺麗な梅の花、見頃のも沢山です。
早咲きの桜は多いですが、河津桜が多く植えられていますね。
風景印の言葉も初めてです。
猫ちゃんの切手も---、白クマやペンギン、欲しい方が多いのですね。

「ご自分宛に葉書と切手を購入し押印投函」とは、なかなかのマニアとお見受けしました(笑)
家内が結婚する前に郵便局へ勤めていた関係もあり、二人して切手蒐集をしていた時期があります。
またいささかこじつけになりますが、義妹の名は文子(フミコ)なので、「ふみの日」と縁があります。
ただ、これも溜まる一方で“本棚の肥やし”になり不経済なので止め、お年玉年賀状の切手シートだけ残してあります。先日suzieさんに封書をしたためた時に貼った切手が今年の干支切手だったと思います。

追伸
前文を一部訂正してお詫びいたします。
「ご自分宛」どころか「当方」にまで記念のいちごの風景印つき葉書を、先ほど賜りました。加えて、思いがけず「国宝曜変天目茶碗」まで拝見でき甚く感激し、恐縮をしています。
今日の「ありがとう」は、お心のこもった世界に一枚のsuzieさんからのカードでした。

>kazuyoo60さん

シロクマとペンギンは、写真、絵、マンガなど、デザインのバリエーションを作りやすいようですね。
アスリートの切手も多かったです。

>omotannさん

奥様は元郵便局勤めでいらっしゃいましたか。そして妹さんが文子さん!
知らなかったとはいえ、切手の博物館から葉書を送ったのも、「ふみの日」の縁かもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出会いの機会は玉川の高台に | トップページ | 主役不在の桃の節句 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ