« 語らぬ心の嵐 | トップページ | はるばると、足らざるを知る »

2019年10月 9日 (水)

じっくりと淡々と静かに

「土の記」(高村薫著)。どういう内容かチェックせず、久しぶりに高村薫を読んでみようと、事前情報無しで手に取りました。

高村薫の作品では、合田雄一郎が登場する推理ものが好きなのですが、読み進めていくと、どうやらこれは合田シリーズではなさそう。

事故により16年間植物状態だった妻を亡くしたばかりの男の生活が、じっくりと淡々と語られていく。ストーリーがどういう方向に進むのか分からないまま、じっくりと淡々と細かく書き込まれた文章を読み進めるのは、私にはちょっと辛い。

「晴子情歌」も上巻はかなり辛かった。それでも、下巻になると、それまでまとまりのつかなかった数々のエピソードがだんだんとひとかたまりになって大団円へと向かっていく印象だった。

そんな感じかな、と思いながら、上巻を終え、下巻に移行。下巻もやはり、じっくりと淡々と、細かく、静かに・・・。

そんな中でも、事故に対する疑念、妻との過去の心弾む思い出やわずかな亀裂、若い頃の娘の反抗、現代っ子の孫の滞在、娘の再婚、脳溢血、そして遠くの地(小説の舞台は奈良県)での東日本大震災と、大小さまざまな動揺が寄せては引き、寄せては引き・・・。

晴子情歌のような大団円もなく、静かに進み、静かに終わる小説だった。

と思いながら、他の読者の感想などをネットで読んでいたら、「まさかの終わり方」「結末があまりにも予想外」などの言葉が。私は何か読み落としていたのかもしれない、と、図書館に行って最後を読み直した。

なるほど。意外と言えば意外かもしれない。でも、読み落としていたわけではなかった。つまり、私にとっては意外ではなかった。

しかし、読み進めるのが辛い小説だったな。だいぶ“飛ばしながら”読んでしまった。

それにしても、米作りの描写の細かさには驚いた。米作りはこんなにも科学的だったのか。台風が接近して空模様が怪しくなってから、あわててトラクターを引っ張り出すテレビドラマの演出が(放映当時はけっこう感動しながら見ていたけど)とても薄っぺらい印象に変わってしまった。

次に高村薫作品を読む時は、やっぱり合田シリーズにしよう。

今日の「ありがとう」は、心地よい秋晴れに。しかし大型で猛烈な台風が接近中。大きな被害がないことを祈ります。

 

« 語らぬ心の嵐 | トップページ | はるばると、足らざるを知る »

書籍」カテゴリの記事

コメント

じっくりと納得して読み込まれました。どの1か所も事実に近い情報を集めて書かれたもののようです。
猛烈な台風、まだ海水温が高いままだそうで、衰えずに近づいてきているとか。困った台風です。今日は青空です。

> kazuyoo60さん

高村薫氏は緻密な調査、緻密は描写で有名ですね。
丁寧なリサーチと表現に敬服しつつも、ところどころ読み飛ばしてしまって申し訳ない気持ちです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 語らぬ心の嵐 | トップページ | はるばると、足らざるを知る »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ