« 醜くなっていく私たち | トップページ | ありがとうとおめでとう »

2019年9月 7日 (土)

若い子たちの成長にウキウキ

久しぶりに歌舞伎座へ行きました。

演目は、「寺子屋」「勧進帳」「松浦の太鼓」。お目当ての菊之助丈は、寺子屋の「千代」役。久しぶりの女形。若い頃の可愛らしい女形とは違って、ちょっと怖いくらいの印象でした(^^; が、ま、それも貫禄が出てきた所以でしょう。

寺子屋には菊之助丈の息子、丑之助も出演していて(親子の絡みはありませんでした)ファンとしては嬉しい舞台でした。舞台上では相変わらず“淡々と”していたけど、これからもどんどん色んな役をやって成長してほしいなあ。

寺子屋では福助丈が登場。私が福助丈を見るのも久しぶりだし、福助丈が舞台に立つのも久しぶりらしい。息子の児太郎@戸浪に手を引かれて、ようやく歩いて移動できる感じ。その頼りない動作や心配になる表情に少なからずショックでしたが、児太郎丈がなかなか頑張っていたので、ちゃんと芸は伝わっているのだなと思いました。

勧進帳は、仁左衛門丈が弁慶!いやー、表情1つひとつが、まるで写楽の描く歌舞伎役者!絵になる!歌舞伎通の知人曰く、「何を演じても仁左衛門」だそうですが、別の歌舞伎通曰く「仁座さんは何を演じてもかわいいから良し!」だそうです。どちらの意見にも大きく同意(^o^)

ちなみに勧進帳には、仁左衛門丈の孫・千之助丈も出演。なかなかハンサムに成長していました。こういうところで喜ぶなんて、私も着実におばさん化しています(^^;

松浦の太鼓は、赤穂浪士の討ち入りを題材にしながらも軽妙な演出で楽しめる・・・・はずが、いまひとつ地味な印象なのと、私自身の体調がいまいちのため、1時間15分は辛かった。米吉君の可愛らしさでなんとか耐えたという感じです。

それでもやはり、歌舞伎座はいいですね。観劇に来た高揚感があります。次回はいつ来られるかな。

週末の「ありがとう」は誘って下さった歌舞伎通のK子さんに。そしてお話が楽しい、K子さんのご友人・SさんとHさんに。

« 醜くなっていく私たち | トップページ | ありがとうとおめでとう »

古典芸能」カテゴリの記事

コメント

お好きな歌舞伎鑑賞ですね。
綺麗な衣装と演題、ごひいきの方達、良いお時間でしたね。
台風被害ありませんでしたか。

>kazuyoo60さん

観劇は土曜日だったので、台風の影響を案じることもなく楽しめました。
久しぶりに楽しい時間を過ごしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 醜くなっていく私たち | トップページ | ありがとうとおめでとう »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ