« 猫がいる、それだけの話 | トップページ | 体感は意外と正しい »

2019年3月 3日 (日)

食で節句を確認

久しぶりに“ちゃんと”ちらし寿司を作りました。酢飯の中には人参とかんぴょうを煮たもの、れんこんの甘酢漬けが。錦糸卵をかけて、鯛の昆布締め、ブロッコリー(菜の花の代用)と赤パプリカ(マグロ赤身の代用)。ハマグリのお吸い物を添えて。
Img_2460_1

あやうくご飯を失敗しかけましたが(なぜか水の分量を間違えたらしい)、なんとかごまかして仕上げました。

思いがけず、ハマグリのお吸い物がとっても美味しかった!思い切って熊本産はまぐりを使ったおかげか、利尻昆布で出汁をとったせいか?

そして、桜もちも作りました。ちょっとピンクが濃い目ですが、これくらい濃い方が桃の節句!って感じが出るかな?残念ながら、桜の葉は省略です。
img_2473

本日は桃の節句。ひな祭りです。

幼少の頃はひな祭りを楽しいと感じましたが、ある年齢から苦痛でしかなくなりました。でも、それももう何年か前に終わりました。

今は単純に、五節句の1つとして楽しんでいます。

今日の「ありがとう」は、静かで平和な雨の1日に。

« 猫がいる、それだけの話 | トップページ | 体感は意外と正しい »

」カテゴリの記事

コメント

綺麗なお寿司です。毎年丁寧になさっておられます。3日は月参りに来てくださって、帰られたらスーパーに行こうと思っていたのですが、先日からの膝痛でパスです。夕方から近所のお通夜もありましたから。
冷ご飯をチンして、寿司酢を掛けてチリメンジャコと赤芯大根の塩漬けとで簡単寿司、それは先日食べました。手抜きの最たるものですが、春は酢飯が美味しいです。
昆布+ハマグリ、美味しさの相乗効果でしょう。中国産が目立ちますもの。(笑い)
奈良の桜餅とは形が違っても、こちら、食べたいです。

>kazuyoo60さん

膝のお加減はいかがですか?お大事になさってくださいね。
kazuyoo60さんは、いつも手を掛けて栄養たっぷりのお料理を作られているので、桃の節句くらい手抜きしても良いと思います

関西風の桜もちは道明寺ですね(こちらでは関東風と区別するために関西風を「道明寺」と呼ぶことが多いです)。
関西風も好きです

ヘルシーで美味しそうな仕上がりで、ご相伴にあずかりたいほどです(パチパチ!)
小生は滅多なことで厨房に立つことはありませんが、ちらし(祭り)寿司は決まって家内の下手間を手伝うという、いわば共作です。その手間暇とご苦労をお察しします。それぞれの家庭によってトッピングや酢味が微妙に異なりますが、うちのちらし寿司は、おふくろ伝授の味です。

>omotannさん

お褒めに預かり光栄です。
でも、「ちゃんと」と言いつつ、あれこれ省いています。
岡山名物の祭り寿司と比べると、手間も具材もかなり「省エネ」でお恥ずかしい限りです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食で節句を確認:

« 猫がいる、それだけの話 | トップページ | 体感は意外と正しい »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ