« 終わりと始まりは同じ | トップページ | 前向きな挫折 »

2019年2月16日 (土)

怖かった話

ゆうべ、外出から帰る電車でのこと。

J駅で停車すると、「インフラが整備されてないって!!」と怒鳴りながらドア脇をバンッと叩いて乗り込んできた男性。

「水道のインフラが整ってないって!なんだよ!」と文句を言っていたかと思えば、「あ、スイマセン、スイマセン」と周りに謝り、「スイマセン、若造みたいなことして。こう見えても50代のジジイです」と低姿勢に。でもすぐに「○×※◎☆△なら、死ねばいいじゃん!死ね!」とまたまた過激な文句を言い、かと思えば、鼻歌を歌いながら、リュックを降ろして荷物をガサゴソ。

こ、怖い!

どうやら酔っ払いではない様子。酔っ払ってないからこそ、怖い。

鼻歌を歌っていたかと思えば、またぶつぶつと文句を。まさか、リュックの中から刃物を取り出して急に暴れ出すなんてことには・・・。その男性は私の後方にいたので、電車の窓で確認しようとしたのだけど、他の乗客に遮られて全然様子が分からない。

まわりの乗客のほとんどは、怪訝そうながらもそれほど危険に思っていない感じ。

私はとても恐怖を感じたので、次の駅でドアが開いたときに、一度ホームに出て場所を移動しました。同じように場所を異動した人が、私以外に2人ほどいました。

さて、私が乗り替えをする駅で、件の男性も電車を降り、何かを怒鳴りながら階段を降りていき、私が乗ろうとしている路線のホームにいました。

怖いよ〜。男性が居るその位置、乗りたい場所なのに(目的駅でエスカレーターが一番近い)、少しだけ場所をずらして電車に乗りました。

私の目的駅の1つ前のY駅で、電車のドアが開くと、何かを叫びながらその男性が私の横を走り抜け、ホームに降りていきました。たまたま、その駅でエスカレーターに一番近いドアだったのです。あー、びっくりした。

その男性は、エスカレーターを駆け上がっていきました。その後どうなったかは知りませんが、特にニュースになっていないところを見ると、何事もなかったようです。

結局、考えすぎだったわけですが、とても怖かったです。もし、誰かが車内で狂気を手にして暴れ出したりしたら、防ぎようがないですよね。頑丈なカバンでももっていれば、少しは防御できるかもしれませんが。ほとんどの女性は「頑丈なカバン」は持っていませんから。

まあ、とにかく、私を含めて乗客のみんなが無事でよかったです。この先もずっと日本が平和でありますように。

今日の「ありがとう」は、たくさんお稽古してくれたお茶の先生に。

« 終わりと始まりは同じ | トップページ | 前向きな挫折 »

もの思うこと」カテゴリの記事

コメント

まだらに奇怪な言動をですね。近くの小学校の傍に住んでるのか、その男性もブツブツと、何度かすれ違いました。異様な気配を毎度感じて、気持ち悪いです。
気持ち悪さはお感じでも、体への被害が無くて、ほんとに良かったです。

>kazuyoo60さん

身なりは普通の会社員という感じだったのですけど。何か、仕事で上手くいかなくて、カッとしていたのか。だとしても、やはり怖いです。

ご近所の小学校のあたりに住んでいるかもしれないその人物も、怖いですね。住民や子供たち(小学生)の安全が守られますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怖かった話:

« 終わりと始まりは同じ | トップページ | 前向きな挫折 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ