無料ブログはココログ

« 笑って泣いて | トップページ | 終わりと始まりは同じ »

2019年2月 2日 (土)

5000坪の庭でのんびり

昨年11月末以降、契約しているN社の仕事で、朝起きてからパソコンに向かって作業→オフィスでパソコンに向かって作業→帰宅してパソコンに向かって寝るまで作業、という生活がほぼ毎日続き、ようやく2月1日に一区切りつきました。

2月1日はあらかじめ決められていたデッドラインで、本当に終わるのかと何度も不安になり、明け方3時半くらいに目が覚めて眠れなくなるということが幾度もあり、かなり参りました。

が、私以上に参っていたのは、発注元の担当者さんのようで、大詰めの1月下旬に体調崩してお休み

それでも、とにかく、まあ、なんとか終わって良かったです。

それで、今日は肩の荷を降ろして五島美術館へお出かけ。展示は「茶道具取合せ展」。時間をかけてゆっくり見ました。そして、久しぶりに庭を散策しました。

Img_2371 冬囲いしたシュロ

Img_2375 まだ蕾の影も形もない枝垂れ桜

Img_2380 銀色の蕾がまぶしいミツマタ

Img_2382  見事なアカマツ

Img_2391 眩しい陽射しをよける椿

Img_2378 石灯籠の向こうは二子玉川の街

五島美術館のエントランスは、人力自動ドアです。つまり、スタッフがドアを開けてくれます。なんだかとても気恥ずかしい&嬉しい気持ちになります。

今日の「ありがとう」は、丁寧な五島美術館のスタッフの方に。そのあとに寄ったメガネのJIN○のスタッフも丁寧な人たちでした。みなさん年代はいろいろ。

« 笑って泣いて | トップページ | 終わりと始まりは同じ »

地上活動」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんと根を詰められました。お疲れ様です。
棕櫚の保護ですか。棕櫚にも品種が有るのでしょうね。我が家に有ったのは直立でしたので。
ミツマタ、沢山の蕾ですから、咲く時期はさぞ見事でしょう。
>人力自動ドアです
丁寧な接客をしてくださるのですね~。

>kazuyoo60さん

ミツマタ、枝垂れ桜の時季に訪れなければ!と思います(その時になると忘れちゃうのですが

人力自動ドア・・・それほど来場者が多くないので、できることですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5000坪の庭でのんびり:

« 笑って泣いて | トップページ | 終わりと始まりは同じ »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30