« 熱きお正月 | トップページ | 笑って泣いて »

2019年1月 5日 (土)

昔も今もちんぷんかんぷん

ずいぶん停滞していました。簡易読書感想。

今回読んだ本は「ヴィトゲンシュタインの箒」(デヴィッド・フォスター・ウォレス著)。

以前読んだ「これは水です」のスピーチをしたウォレス氏の小説です。

とにかく、読み進めるのに苦労しました。最終的には、飛ばし飛ばし読んで、とりあえず最終ページまで到達したという感じ。つまり、正直に白状すると、ちゃんと読んではいないです。

いろんな会話がランダムに展開され、いろんな場面がランダムに進行し、面白い!と思う時もあるけれど、訳が分からなくなってどうでもいいという気分になったり。

最終的に、私が期待する「結末」というものは存在しませんでした。

行方不明になった祖母レノアと他の人たちはどこに行ったのか?孫レノアとアンディーは本当にこのあとうまくいくのか?もともとリックは何者だったのか?それらが分からないまま終わるなら、今までの展開は何のためだったのか?

もはや、貸出期間内に読み終わらなければ!ということだけを念頭にページをめくりました(図書館から借りたので。

ただ、本筋と関係あるのかないのか分からないまま展開する場面のいくつかが、昔読んだドイツの幻想小説の劇中劇のようで、それは不思議な感覚が味わえた。

ちなみに現代は「システムの箒」なのですが、訳者が「ヴィトゲンシュタインの箒」としました。これは、ヴィトゲンシュタインを読む必要があるのかも?学生時代に何か1冊読んだことがあったけど、私の頼りにならない記憶が確かならば、まるっきりちんぷんかんぷんでした。

今日の「ありがとう」は、頑張って大役を果たしてくれたS崎さん、K賀さんに。私も疲れたけど、二人の方が疲れたよね。ゆっくり休んでください。

« 熱きお正月 | トップページ | 笑って泣いて »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔も今もちんぷんかんぷん:

« 熱きお正月 | トップページ | 笑って泣いて »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ