« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月26日 (土)

笑って泣いて

5日にブログを書いたきり、あっという間に3週間が過ぎてしまいました。

年が明けて最初の月にこれでは、この1年がおもいやられます。

平成も残りわずかだと言うのに…。

書きたいことはいくつかあったのですが(遠州流初点でお家元の点てたお茶をいただけたこと、恒例の初春歌舞伎で相変わらず手拭いがゲットできなかったこと等々)、心と時間に余裕がないままに今に至ってしまいました。

久しぶりに書くとなると、ネタが思いつかない。

ということで、手っ取り早く、読んだ本のことを。

「ヴィトゲンシュタインの箒」の後、「13階段」(高野和明著)と「ふくわらい」(西加奈子著)を読みました。

「ヴィトゲンシュタインの箒」があまりに苦労したので、「13階段」は一気に、遅読の私にしては相当な勢いで読みました。

映画化されるだけあって、面白い(笑う面白さではなく)。テーマは重いけど、話の展開に引きつけられて、とにかく次が気になってどんどん読み進めてしまう。

でも、読み終わった後に、テーマが重い割にどことなく「晴れやか」な気持ちがあるのが気になりました。作品のせいではなく、読む側の責任かもしれませんが。

そして、「ふくわらい」で「私は西加奈子が好きだ!」ということを確信しました。性格が奇異な人も、外見が奇異な人も、行動が奇異な人も、みな愛しい。みな実は心の奥底では闘っていて、そのエネルギーが外に出る人と内で燃える人がいる。

どちらも見ていると辛くて、どちらも共感できる。

クスっと笑ったり、ボロボロと泣いたり、私を翻弄してくれる本でした。

今日の「ありがとう」は、JIN○のにこやかな店員さんに。

2019年1月 5日 (土)

昔も今もちんぷんかんぷん

ずいぶん停滞していました。簡易読書感想。

今回読んだ本は「ヴィトゲンシュタインの箒」(デヴィッド・フォスター・ウォレス著)。

以前読んだ「これは水です」のスピーチをしたウォレス氏の小説です。

とにかく、読み進めるのに苦労しました。最終的には、飛ばし飛ばし読んで、とりあえず最終ページまで到達したという感じ。つまり、正直に白状すると、ちゃんと読んではいないです。

いろんな会話がランダムに展開され、いろんな場面がランダムに進行し、面白い!と思う時もあるけれど、訳が分からなくなってどうでもいいという気分になったり。

最終的に、私が期待する「結末」というものは存在しませんでした。

行方不明になった祖母レノアと他の人たちはどこに行ったのか?孫レノアとアンディーは本当にこのあとうまくいくのか?もともとリックは何者だったのか?それらが分からないまま終わるなら、今までの展開は何のためだったのか?

もはや、貸出期間内に読み終わらなければ!ということだけを念頭にページをめくりました(図書館から借りたので。

ただ、本筋と関係あるのかないのか分からないまま展開する場面のいくつかが、昔読んだドイツの幻想小説の劇中劇のようで、それは不思議な感覚が味わえた。

ちなみに現代は「システムの箒」なのですが、訳者が「ヴィトゲンシュタインの箒」としました。これは、ヴィトゲンシュタインを読む必要があるのかも?学生時代に何か1冊読んだことがあったけど、私の頼りにならない記憶が確かならば、まるっきりちんぷんかんぷんでした。

今日の「ありがとう」は、頑張って大役を果たしてくれたS崎さん、K賀さんに。私も疲れたけど、二人の方が疲れたよね。ゆっくり休んでください。

2019年1月 3日 (木)

熱きお正月

今年も、がっつりとテレビ観戦しました。箱根駅伝

早起きして、スタート前におつまみとお酒を準備。のべ2日にわたる熱き観戦でした。
Img_2324

今年は例年以上に面白かった。往路優勝:東洋大学、復路優勝:青山大学、総合優勝:東海大学、と、優勝校がそれぞれ違う。どれだけ混戦状態だったかを示しています。

そして、天候に恵まれたこともあり、区間新記録が5区間も!

さらに、関東学連で母校の選手が走りました。前日まで「補欠」だったのですが、当日変更で出走が決定。下位チームなので、なかなかテレビに映らない、と諦めていたら、W大やC大など常連校(例年であれば上位チーム)の間にいたために、ちょこちょこカメラ枠内に入っていました。

なんといっても、一人のリタイアもなく、全校無事にゴールしたことが良かった。

箱根駅伝……関東以外の方々にはピンとこないかも知れませんが、関東では、正月といえばコレ!なのです。

私のお正月は箱根駅伝のスタートで始まり、全校ゴールとともに終わりました。

今日の「ありがとう」は、箱根駅伝選手のみなさんに。明日は初仕事です。

2019年1月 1日 (火)

願いは世界平和

明けましておめでとうございます。
2019

今年も元旦ランで1年のスタートを切りました。元旦ランも、今年でなんと9年目です。9年!

不思議なことに、この間、元旦に雨や雪が降ったことはありません。毎年走れる天候です。

しかし、日の出は毎回同じとはいきません。今朝は、暗いうちから雲がちらほら。日の出が近づくとともに、東の地平線のあたりにどんどん雲が集まり、一部の雲が赤く染まってきましたが、日の出時刻を過ぎでも日の出の輝きは確認できませんでした。

初詣は、元旦ランに行く前に済ませましたよ。最近は、自分の願い事はせずに、世の中が平和でありますようにと祈っています。

決して「無欲の境地」に至ったのではなく、自分の事をお願いしたところで全然叶えられないからです。

まあ、世界が平和であれば、私自身も心穏やかに過ごすことができるでしょう。

拙ブログをお付き合いくださっている心優しい皆様にも、幸せな一年でありますように。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ