« アスリートは架け橋 | トップページ | 応援したい女子たち »

2018年10月26日 (金)

それぞれの処し方がある

今回読んだのは「氷の轍」(桜木紫乃)。

女性刑事が主人公。桜木紫乃で推理ものは意外だったけど、私が読んでいないだけで、他にもあるのかな?

推理ものといっても、推理が主体ではなく、複雑な出自を背負った女性達の、それぞれの「処し方」が焦点。だと思う。「処し方」という言い方が適当でなければ、「折り合いの付け方」かな。

どの方法がいいとか悪いとかではなく、その人は、その方法でなければ、やってこられなかった(生きてこられなかった)。

桜木紫乃は、とても好きな作家の1人です。「ホテルローヤル」「蛇行する月」「それを愛とは呼ばず」「砂上」「霧」を読みましたが、まだ読んでいない作品がたくさん。映画化された「ターミナル」も未読。図書館ではずっと貸し出し中なので。

今日の「ありがとう」は、なぜかとても近く見える月に。

« アスリートは架け橋 | トップページ | 応援したい女子たち »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの処し方がある:

« アスリートは架け橋 | トップページ | 応援したい女子たち »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ