« それぞれの処し方がある | トップページ | 巻き込まれないように、斜め読み »

2018年10月31日 (水)

応援したい女子たち

「炎上する君」(西加奈子)。短編集。

表題作の「炎上する君」が一番良かった。西加奈子の作品に出てくる女の子は、共感するところが多く、とても愛しくなる。がんばれーと、静かに応援したくなる。

どの収録作も、少し現実離れしていて、不思議なストーリー。外的要因か、あるいは内的要因か、いずれにしろ、自信やら希望やらやる気やらを失ってしまった人が、どこかに向けて一歩踏み出してみるきっかけになりそうなストーリー。

「舟の街」もいい。私も舟の街に行きたい。私が舟の街に行ったら、もう戻ってこないかも。

今日の「ありがとう」は久しぶりに観劇チケットをお願いしたK子さんに。さっそく連絡とってくださってありがとうございます。

« それぞれの処し方がある | トップページ | 巻き込まれないように、斜め読み »

書籍」カテゴリの記事

コメント

感動なさった作品、応援したくなる女性たちなのですね。なんだか嬉しくなるお話です。

>kazuyoo60さん

うまくいくのか、失敗するのか分からないけど、とにかく、進んでみようかな、というきっかけを見つけて、動き出す話しです。
読んだ後、ゆるりとした気持ちになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 応援したい女子たち:

« それぞれの処し方がある | トップページ | 巻き込まれないように、斜め読み »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ