最近のトラックバック

« 名もなき美しき書き手 | トップページ | ときめきでさえ止められない »

2018年8月20日 (月)

ぎゅっっっっと詰まった1時間

先週、某公共放送で、米澤穂信氏の短編ミステリーをドラマ化した番組を3夜連続で放送していました。「万灯」「夜警」「満願」(いずれも『満願』に収録)。

ヒットした短編小説のドラマ化はよくある話で、たいてい、2時間もしくはそれ以上のスペシャルドラマ、ときには連続ドラマなんぞになったりします。

短編を連ドラにすると、当然のことながら、原作にはない逸話が盛り込まれたり、原作にはない人物が登場したりと、かなり「違う作品」になってしまう場合が多いです。

しかし、今回のドラマは、いずれも1時間。私は原作を読んでいませんが、おそらく余計なものを足すことなく、もしかしたら、原作からいくつかそぎ落としてまとめたのではないかと思われます。

それゆえ、「心を鬼にして中核部分だけ残した」ような、凝縮された素晴らしい出来映えで、久しぶりにドラマを“堪能”しました。

主演は、「万灯」が西島秀俊、「夜警」が安田顕、「満願」が高良健吾。どれも良かったのですが、とりわけ夜警の安田顕がすごかった。第二の山崎努になるんじゃないか。実力ある役者に「第二の○○」なんて名付けるのは失礼ですかね。

質の良いドラマを見せてくれた某公共放送に「ありがとう」。というか、こちとら金払っているのだから質の良い番組を作ってくれなきゃね!bleah

« 名もなき美しき書き手 | トップページ | ときめきでさえ止められない »

コメント

そんな素晴らしいお時間を、良かったですね。知らずに過ごして残念です。

>kazuyoo60さん

だいぶ好評だったようですから、おそらくそのうち再放送すると思います。
その際には是非!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/74078625

この記事へのトラックバック一覧です: ぎゅっっっっと詰まった1時間:

« 名もなき美しき書き手 | トップページ | ときめきでさえ止められない »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ