最近のトラックバック

« 愚かすらも愛おしく | トップページ | いつか光速を越えるかも »

2018年6月23日 (土)

理解者の祈り

昨年末頃からお茶の稽古に加わった女性(たぶん30代後半)。まわりの友達はどんどん結婚し、自分ひとりが独身で、非常に悩んでいるとのこと。話している内容がちょっとまとまりがなくて、それくらい心が焦りと不安であふれちゃっているのでしょう。

分かる、分かるわ。私もそうだった。私が何かいけないのかしら。私は一生このままかしら。うすぐらーい夜道を歩き続けるような感覚。どっちの方向に行けば光が見えるのか。誰か教えてほしい。必ず光にたどりつくなら、それが1万km先だろうと、その方向を進むのに。

結局どうやってそんな状況をやり過ごしたか、よく覚えていない。たぶん、不安が長引いて、鈍感になって、慣れた、という感じかな。

「今、彼氏もいないし、出逢いもないし・・・。将来が不安で不安で・・・。ずっと出逢わないままなんでしょうか」と、彼女。

普通はここで「大丈夫よ。きっといい人に出逢うから」と元気づけてあげるのでしょうけど、私の口からは言えない。なんといっても、私自身が、一生出逢わなかった成れの果てなのだから。

あなたのその不安を世界一理解できるのは、たぶんこの私。でも、あなたを救ってあげられるのは、おそらく私ではない。

人生は不安と失望の繰り返しよ。でも、ところどころ、楽しいことや嬉しいことが落っこちているのよ。という言葉が頭に浮かんだけど、うーん、なんの慰めにもならないな・・・。ごめんなさい。まったくお役に立てなくて。

彼女を救ってあげられる人が、早く彼女の前に現れますように。

« 愚かすらも愛おしく | トップページ | いつか光速を越えるかも »

コメント

世話焼きな仲人さんと呼ばれる方が減ってきたのは事実でしょうね。
どの生き方にも利点はあると思います。
少なくとも、否定的に考えないでいただきたいと思います。
近いうちに出会いがあるかもですし、見逃さないようにしてほしいと願っています。

>kazuyoo60さん

まさにそうですね>見逃さないようにしてほしい
幸運の神様は前髪しかない、って言いますよねhappy02

わが両親は、生涯で48組の月下氷人を務めており、小生と弟もその数に入っています。勿論結論は自分で出し、親がそのきっかけを作ってくれたことに感謝しています。
人生において3回くらいは仲人をして恩返しすると良いと言われますが、小生は1回ぽっきりです。何か終生責任を感じて、仲立ちをしたカップルから目が離せません。

> omotannさん

48組もまとめられたとはすごいですね。
ご両親は人を見る目をお持ちだった上に、周囲からとても信頼されていたのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/73735842

この記事へのトラックバック一覧です: 理解者の祈り:

« 愚かすらも愛おしく | トップページ | いつか光速を越えるかも »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ