最近のトラックバック

« 走っているのか歩いているのか | トップページ | 理解者の祈り »

2018年6月19日 (火)

愚かすらも愛おしく

久しぶりに、分厚い本を読んでみたいと思って、うっかり「光圀伝」(全751ページ 冲方丁著)を図書館で借りたのが2週間前。

最初の1週間はなんだか忙しかったり集中できなかったりで、ほとんど読めず。

読めるのか!?残り1週間で751ページ。ちなみに私は遅読です。

読み終わらなかったら貸し出し期間延長という手もあるのだけど、返却日が「6月19日」だったので、なんとか読み終わって「読了」という「区切り」を付けたいと思い、頑張りました。

そして感想。「私は冲方丁が好きだ!」

なんというか、冲方丁が描く人物って、“いつのまにか”引き込まれているのですね。淡々と書かれているので、最初はこれといって思い入れはないつもりなのだけど、いつのまにか、同じ時代を生きたい気持ちになっている。

思慮深く判断力と行動力に優れた主人公はもちろんのこと、つまらない見得やプライドで愚かな失敗をしてしまうキャラクターにさえ、愛着を感じる。

光圀伝は、特にラスト200ページ、眠るのを忘れそうなほどに入り込み、そして泣きました。

私の人生に大義は無く、大義を求めることもなく無為に生きている。でも、大義とは、抱くべき人が抱いてこそ、世のためになるのでしょう。

さて、なぜ返却日「6月19日」にこだわったかというと、今日は私の誕生日でした。

毎年言っていますが、この歳まで生き延びてきたのは、本当にありがたいことです。誰にともなく謝辞の気持ちを。

« 走っているのか歩いているのか | トップページ | 理解者の祈り »

コメント

記念すべき誕生日に良書に出会え、何よりのプレゼントでしたね。
吉田松陰は『今日の読書こそ、真の学問である』と言っています。
SNSの普及などによりめっきり読書時間の減った小生ですが、ここいらへんで立ち止まって、“真の学問”を求めたいものです。

>omotannさん

私も本を読む機会がめっきり減ってしまいました。
パソコンを見る時間を削り、その分を読書に当てて、なんとか読み終えました。
せっかくなので、今後もこれを習慣づけたいと思います。
(できるかなあcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/73713664

この記事へのトラックバック一覧です: 愚かすらも愛おしく:

« 走っているのか歩いているのか | トップページ | 理解者の祈り »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ