最近のトラックバック

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月26日 (月)

美しい朝

近所の定番(だった)桜並木が今年はちょっと寂しかったので、やはりあの場所しか無い!と、今朝、自転車を飛ばして見に行きました。

そう、そこは砧公園。
今年も、期待を裏切らない美しい風景が繰り広げられていました。日本人で良かった。
P3260116
P3260148
P3260112

そして、「私の桃」はまだこのくらいでした。コロコロ丸い蕾もかわいい。
P3260129_2
P3260125

今日の「ありがとう」は砧公園に。今年も美しい桜をありがとう!

2018年3月25日 (日)

You ain't seen nothing yet.

東京は、24日が「桜満開」とのことだったので、仕事が終わってから、近所の桜の名所に行ってみました。

が、桜が少ない!!
Img_1429
ここ、小川を覆うように桜が咲いて、本当に見応えのある遊歩道だったのです。枝を切っちゃったのかなあ、と思いながら、とぼとぼと家路に向かうと、途中でこのあたり(高級住宅地)に住む顔見知りのマダムに遭遇。

なんでも、かなり樹齢を重ねていたので、だいぶ樹を切ったそうです。切った分、若い樹を植えているそうですが、今年は残念ながらちょっと寂しげな風景。

で、マダムと遭遇した地点の目の前に、見事な枝垂れ桜を敷地内に持つ家がありました。
Img_1438

すごいでしょ!個人宅にこれだけ見事な枝垂れ桜!!!
マダムの情報によれば、ときどきは、行き交う人々が枝垂れ桜を見やすいよう、 手前のシャッターも開放してくれるそうです。

そして今日(25日)こそ満開の桜を見に行くつもりで、多摩川沿いの土手に行ったら

目当ての場所に桜が無い!!!!
何年か前に、ここで、満開の桜並木のすぐ横で花見をしたのにweep

そういえば、その花見をした際、二子玉川の再開発に伴って桜が切られる計画なので、伐採反対の署名をお願いします!と声をかけてきた方がいましたっけ。

ということは、花見をしたのは再開発前。ということは、ゆうに7〜8年経っていたのですねcoldsweats01

桜はまったく無くなったわけではなく、少しは残っていたのですが、あの頃(7〜8年前)と比べると、「無くなった」も同然なくらい。とてもとても悲しい気持ちになりました。
※あまりに悲しくて写真無しです

とりあえず、“仕上げ”に近所の図書館の桜の樹(1本)を見に行ったら、まだまだ3分咲きくらいでした。ソメイヨシノとは違う種類なので、満開はもうちょっと先。
お楽しみはこれからだ。
Img_1443

週末の「ありがとう」は、「美しいものは一緒に楽しみましょ」とおっしゃったマダムHに。マダムとお話ができてよかった。

2018年3月21日 (水)

願わくばローギアで

桜が咲くと、必ず「花冷え」になりますが、今日がまさにそれでした。

天気予報では、「冷たい雨、もしかしたらみぞれが混じるかもしれません」などと言っていましたが、見事に雪でした。

Img_1398
道路に積もるほどではなかったですが、地面(土)や草木、塀などの上には積もりましたよ。

夕方には雪から雨に戻りましたが、1日中寒かったbearing

しかしこれで、明日から春まっしぐらです。都内の桜は今度の日曜日に満開の見通しだそうですが、今日の強烈な冷えで、ちょっとスピードをおとしてくれないかな。いや、むしろ明日から一気にギアを上げてしまうかも?

さて、どこの桜を見に行こうかしら。ちらっと見るだけ、で終わりそうですが。

今日の「ありがとう」は、メッセージをくれたSちゃんに。引きこもりの休日、ちょっとだけおしゃべりできた気分になりました。

2018年3月19日 (月)

痩せるセオリー

珍しく風邪を引きました。胃腸風邪(ウィルス性胃腸炎)です。何が原因か分かりませんが、冷や汗が出るほどの胃の痛みは数年ぶりです。

仕事は半日分休ませてもらいましたが、翌日は無事に通常どおり就業しました。

数年前は、友人数名と外食し、その翌週に友人たちから「ノロにかかって、週末大変だった。たぶんあの店が原因だと思うけど、スージーは大丈夫だった?」とメールが。確かに、その週末、私はダイビングに行き、潜り終わった後に激しい胃痛に襲われ、楽しみにしていたランチを全然食べられなかったのです!!!

はい、私としては、十分に「たいへん」な事態でした。たぶん、一般的な人より、免疫力が高いのかも知れません。

激しい胃痛は(薬のおかげもあって)1日でおさまりますが、何か食べると胃が反応して痛みがぶり返すので、2日間くらいは栄養ドリンクとかヨーグルトなどで我慢です。空腹感は普段通りにあるので、我慢するのがつ・ら・い。

そして、この3日間でちょっと痩せました。学生時代、痩せたという男子(もともと痩せ型)に「どうしたら痩せるの?」と聞いたら、「食わなきゃ痩せるよ」と言われたことを思い出します。

まあ、こうして体調不良で痩せた分は、すぐに戻るのですけどね。

そんな中、東京でも桜の開花宣言。あああ、どうしよう、もう咲いてしまった。今年は桜を愛でている余裕がなさそうですsad

今朝、砧公園の桜がどうなっているかどうしても気になったので、明け方視察に。ほとんどの樹は蕾がだいぶ膨らんで、ほんの数輪、開きかけている花がある程度。
P3190040

少しほっとして帰宅しました。なぜ「ほっとした」のかは不明ですが。

今日の「ありがとう」は体調を心配してくれたCちゃん、Kさん、Mちゃん、幼なじみのYに。

2018年3月11日 (日)

あの日を忘れない、けど記憶はおぼろげ

今日は「春の陽気」との予報にも関わらず、午前中は雲が垂れ込め、気温も上がらず、ずっと寒かったのですが、昼ごろ陽が差すようになると、予報通りぐんぐん気温が上昇。

あの日の東京は、これほどまで暖かくはなかった気がします。雨は降っていなかったけど、晴れていたか、あるいは薄曇りだったか。記憶は曖昧。

あの日、つまり、東日本大震災の日です。

あれから7年経ちました。もう7年、まだ7年。

東京にいる私は、物損被害もなく、在宅勤務のため帰宅困難者になることもなく、後の「計画停電」でも対象外の地域(当時の閣僚の数人が区内に住んでいたからという噂)だったので、ありがたいことにまったくもって無事でした。

しかし一人暮らしのため、被害の甚大さに対する不安や脅威、被災地に親類を持つ親しい人への心配、そういったものを話す相手もなく、無事に過ごしていることへの申し訳なさとともに、重い孤独感に包まれていました。

毎年3.11が近づくと、あのときのニュース映像がテレビで流され、とても悲しい気持ちになります。

それは、被災地と被災者に寄せる哀惜や憐憫だけではなく、あの頃の孤独感が蘇ってきているためだと、今年はっきり気づきました。気づいたというか、認めたというか。

まったく被害に遭っていなくてもこんなに悲しい気持ちになるのだから、一人暮らしで被害に遭った方、あるいは震災によって一人暮らしになってしまった方は、どんなに辛いことでしょうか。

3.11、忘れてはならないのだけど、今日は東日本大震災の特番は見ないでおきます。

ぽかぽか暖かくなったので、自転車を飛ばして駒沢公園へ。梅はだいぶ散っていました。被災者の方々が少しでも早く穏やかな生活を送れますようにと、心の中でつぶやきながら、パチリ。
P3110039

今日の「ありがとう」は、トートバッグの上に舞い落ちた花びらに。こんなにかわいい形でこんなにきれいな色。
P3110058

2018年3月 8日 (木)

教えて!梅津先生、金田一先生!

第90回アカデミー賞の「メーキャップ&ヘアスタイリング賞」に辻一弘氏が選ばれました。

まったく知り合いではありませんが、おめでとうございます!

ひたすらクオリティを追求し、常にその上を目指し、妥協を許さないであろう風貌の辻氏。実年齢より若く見えます。

さて、辻氏受賞のニュースでとても気になったことは、「アカデミー賞を受賞」という言葉。

これ、「馬から落馬」ではないでしょうか?だって「受賞」自体、「賞を受ける」ことを意味しているのだから。私は仕事で「『賞を受賞した』はダメ、『賞を受けた』もしくは『賞を獲得した』と記述する」よう指示されました。

もちろん、普段友人同士で会話している際に、誰かが「日本人がアカデミー賞を受賞したね〜」と言ったからといって、「その言い方は…ウンタラカンタラ…」と説教するつもりはありません。

でも、ニュース番組や情報番組でアナウンサーが読む原稿は、当然、プロが書いているわけでしょう。私が見た番組の半分以上、いや、7割くらいで「アカデミー賞を受賞」と言っていました。それとも「賞を受賞」はヘンではない?

同様に、「違和感を感じる」も、それこそ違和感。正しくは「違和感を抱く」ではないかと。もちろん、普段の会話で誰かが「違和感を感じる」と言ったからといって、「それはね…ウンタラカンタラ…」と指摘するつもりはありませんが。

それとも、「違和感を感じる」もいまや正しい言い方なのでしょうか。ああ、梅津正樹先生、金田一秀穂先生に聞きたい!

今日の「ありがとう」は、嬉しいニュースを日本にもたらしてくれた辻氏に。腕が優れているだけでなく、主役俳優から是非にと誘われたとの逸話から、人柄も素晴らしいのだろうなと想像されます。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ