最近のトラックバック

« 真夏の昼の上野 | トップページ | 真夏の快適なNOテクノロジー »

2017年7月27日 (木)

上野でボーゼン

またまた上野に来ました。

先日、国立科学博物館の「深海」展に行った時に、上野の森美術館で書の展覧会をやっていることに気づき、見に来ようと思っていたのでした。

石川九楊氏の「書だ!」展。
Img_0848

たいへん有名な方のようですが、恥ずかしながら今まで知りませんでした。
もう、なんというか、唖然呆然、そして感服脱帽。
一見、線や記号に見えるものが、実は文字!

日本の文字の可能性がこんなにも果てしないのかと、驚きました(主な出展作がこちらのサイトに掲載されています)。最後まで線の集合体にしか見え無いものも多数ありましたがcoldsweats01

会場には、氏の言葉がいくつか壁に書かれていまして、その中に「夜のしじまの中でひっそり静かに墨を磨れ・・・・」というの文言がありました。

正直、夜中に墨をすったことがありません。もし、夜のしじまの中でひっそり静かに墨を磨ったならば、その先に何かを見つけることができるだろうか。

早寝早起きの私には少々しんどい行為ですが、今度チャレンジしてみようと思います。

今日の「ありがとう」は、30度を下回る過ごしやすい天候に。

« 真夏の昼の上野 | トップページ | 真夏の快適なNOテクノロジー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/71259336

この記事へのトラックバック一覧です: 上野でボーゼン:

« 真夏の昼の上野 | トップページ | 真夏の快適なNOテクノロジー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ