最近のトラックバック

« ひとりちらし | トップページ | 釣る気はなかったけど、海老で鯛 »

2017年3月 8日 (水)

マイナンバーは誰のため?

マイナンバーカード、みなさんはもう取得しましたか?

私は昨年12月に取得しました。

マイナンバーカードについては安全性や利便性に疑問の声があって、拒否する人が多いらしいですが、取得した時点で危険性が発生するわけでもないので、とりあえずとっておこうという、これといって主義主張の無い気持ちで申請しました。

まずは申請。送られてきた専用の申請書に必要事項を記入して、写真も貼って、投函。すると忘れた頃に交付通知書が送られてきます。しかしいつでもマイナンバーカードを受け取れるわけではなく、指定された窓口に受け取る日時をオンライン予約しなければなりません。予約した日時に予約した窓口へ、交付通知書と通知カード、本人確認証を持って行き、手続き用紙に希望パスワードなどを記入して待機。しばらくするとパソコンの前に呼ばれ、パソコンで必要なデータをあれこれ入力してようやく交付になります。

バカか!!!!と思うくらい面倒くさい。

しかもパスワードというのが、「住民記帳台帳用」「券面事項入力補助用」「公的個人認証情報の利用者証明用」「公的個人認証情報の署名用」と4種類も!「券面事項入力補助」ってなんだよ!「公的個人認証情報の利用者」と「公的個人認証情報の署名」の違いはなんだんだよ!

私が窓口に行った時は、高齢者がちらほらいらっしゃいましたが、彼ら/彼女らは無事に手続きできたのでしょうか。そこそこ、デジタル関係の手続きに慣れている私でも、そうとう疲労しましたよ。

だいたい4種類のパスワードなんて覚えられるはずもなく(それぞれの意味も分からんし)、マイナンバーカードそのものにパスワードを書いておくわけにもいかないので、たぶん、一生使わないでしょう。でも盗まれたりしたら困るので、大事に大事に奥の方に保管しておこう。

と思っていたら、確定申告で必要になりました。パスワードは不要でしたが、マイナンバーの記入欄があったのです。はて、どこにカードをしまったやら?なにせ、大切に奥の方にしまったので、探すのにひと苦労しました。マイナンバーカード、きっと普及しないでしょうね。

今回つくづく思ったのは、お上が言い出す「デジタル化(近代化)」は、消費者のためよりも、「自分たちの仕事が今よりも楽になる」ことを最優先に考えている。「自分ファースト」なので、消費者には広まらず、認知度も上がらず、税金を使うだけ使って、最終的に「自分たちの仕事がさらに増える」ことになるのです。

マイナンバーカード、持っているだけで損害を被るものではないけど、これに巨額の税金が使われたと考えると、詐欺に遭って消費者金融に借金して自己破産したほうが割り切れるとすら思ってしまいます。

今日の「ありがとう」は、書道用具店の親切な店員さんたちに。キョー○の店員さんはみな感じのいい人たちでした。

« ひとりちらし | トップページ | 釣る気はなかったけど、海老で鯛 »

コメント

マイナンバーカード、管理されるとはわかっていてもです。
一昨年の10月か11月に自宅からネット申請して昨年の2月に奈良市役所で交付を受けました。難しくなってるのですね~。4種類のパスワード、何のこと?と思います。自治体で関連付けしたくてそうなさってる?のかもしれません。特別なことは何もなかったです。自分で撮った写真を貼り付けただけの記憶です。
昨年からマイナンバーを税務署関係書類には書いています。農協も書いてほしいと言ったかな?。
免許証とマイナンバーカード、受診カードほか、カード類は長財布のポケットに入れて、ポケットが足りないほどです。銀行カードは別です。
10年後に申請時、そんなに難しくなっていたら、申請できるかな?です。(苦笑)

>kazuyoo60さん

マイナンバー、早い段階で取得されたのですね。
面倒なことはなかったですか。
4種類のパスワードは、東京だからだったのかしら?
10年後はすでに廃止されていたりしてbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/69854771

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバーは誰のため?:

« ひとりちらし | トップページ | 釣る気はなかったけど、海老で鯛 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ