最近のトラックバック

« 賑やかなベビー桜たち | トップページ | 青い海と感謝の雨 »

2016年10月27日 (木)

言葉の壁は高い、壁の内側は心地よい

久しぶりに歌舞伎座に行きました。

しかし今夜の歌舞伎座はとっても違和感。それもそのはず、歌舞伎公演ではなく、東京国際映画祭のイベントでした。やたらと外国人記者と劇場スタッフが多い。

お目当てはもちろん菊之助丈の「鷺娘」です。これだけ見てさっさと帰ってもいいかな〜とさえ思っていたのですが、鷺娘は最後だったので全部見ることに。考えてみたら、映画祭だから映画がメイン。鷺娘は特典みたいなものですよね。

メインは、ほとんどが消失してしまった1928年製作の「血煙高田の馬場」と昨年発見されたという1926年製作の「忠臣蔵」(デジタルリマスター版)。血煙高田の馬場は古舘伊知郎氏のしゃべり倒し(フリートーク)付き。

ナマ古舘氏、初めて見ました。よくしゃべるわ〜〜〜〜coldsweats01 外国人客が多いので、というか外国人向けのイベントでもあるので、同時通訳者がいたそうなのですが、う〜ん、あのしゃべり倒しは通訳できるのでしょうか。きっと無理だと思う。それでもおかまいなしにガンガンしゃべる。日本人には非常に楽しめました。

続いてプロの弁士が語る忠臣蔵が上映され、幕間に特製お弁当を食す。美味しかったです。

Dsc_0027_1Dsc_0029_1

最後の鷺娘はあっという間でした。実際には30分くらいあるのですが、私にはせいぜい10分くらいに感じられます。とても美しくてうっとりしているうちに幕。ちなみに菊ちゃんが鷺娘を歌舞伎座で舞うのは初めてだったそうです。そういえば、以前見たのはなんとかホールだったっけ。

今日の「ありがとう」は素敵なイベントに誘ってくださったK子さんに。久しぶりに着物で歌舞伎座に行って、体がバキバキ、痛くなりました。

« 賑やかなベビー桜たち | トップページ | 青い海と感謝の雨 »

コメント

テレビでも良くしゃべられる方とは拝見していますが、生の古舘伊知郎氏のしゃべりですか。着物で長時間、やっぱり気を張っておられるでしょうから。お疲れ様でした。

お弁当がとても美味しそうです。歌舞伎座で映画祭も行えるんだと初めて知りました。お着物姿、その場を一層華やかにするし、Suzieさん、盛り上げいうことに協力されましたね😊。

>kazuyoo60さん

古舘氏、たぶん一般的な日本人の3倍の速さでしゃべっていると思いますcoldsweats02
しゃべり以外では、非常にきゃしゃな手が印象的でした。

>つーみーさん

お弁当、なかなか美味でしたよ。
外国人は(おそらくセミフォーマルを意識して)ブラックが多かったので、その中で着物はけっこう華やかに見えました。
私はちょっとおとなし目でしたconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/68142190

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉の壁は高い、壁の内側は心地よい:

« 賑やかなベビー桜たち | トップページ | 青い海と感謝の雨 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ