最近のトラックバック

« 14年の眠りから | トップページ | 夏の終わりを惜しむ »

2016年9月22日 (木)

ゴジラは豊洲の地下にいる、たぶん

そうとう面白いと巷で評判の「シン・ゴジラ」を見に行きました。観客は若者から私よりも上の世代まで、年齢層広し!

映画が始まってからしばらくは、車が飛んだり壊れたりするCGにほのかにチープ感があって、それがかつての特撮を思い起こさせて少しだけ懐かしさに浸りました。

半ばくらいから、ゴジラが第4形態(最終的なゴジラの姿)になったあとは、炎や発光の映像が美しく、ゴジラの立ち姿もかっこよかった。庵野監督がやりたいことすべてを詰め込んだという感じです。

そして、庵野監督がやりたいことは、広い年齢層の多くが、ワクワクしそう映像なのかもしれません。

登場人物の早口で専門用語満載の会話はとてもついて行けませんが、これはついていかなくてもいいんだな、と早いうちから理解することを放棄しましたcoldsweats01

シン・ゴジラを見ながら、これは今の東京も似たようなものだなと思いました。絶体絶命の危機なのだけど、政治は空回り気味。本当の危機を理解している人はごく一部。

映画では、ずば抜けて頭脳と行動力が優れた少数精鋭部隊がゴジラを分析して対策を進めていくのですが、そういう優秀なグループは東京都にはいるのかな。

特撮自体はワクワクするけど、映画館の大きいスクリーンでいろんなものが壊れていくのを見るのは、単純に疲れますね。東京は足もとから、いえ、地下から崩れ落ちそうです。どうなっちゃうのかな、東京。

今日の「ありがとう」は映画に付き合ってくれたE美に。これは劇場でもらった来場記念ステッカー。
Godzilla

« 14年の眠りから | トップページ | 夏の終わりを惜しむ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/67633362

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラは豊洲の地下にいる、たぶん:

« 14年の眠りから | トップページ | 夏の終わりを惜しむ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ