最近のトラックバック

« 1年半ダマしてきたので | トップページ | 実力不足ですが・・・ »

2016年5月10日 (火)

200年前の奇才に謁見

P5100021_1 行ってきました「若冲展」。長〜い長〜い道のりでした。

実は先週金曜日に一度会場前まで行ったのですが・・・金曜日は20時まで開館、さらにその日は雨だったのでゴールデンウィーク中ではあったけれども混み具合はひどくないだろうと高をくくって行ったら、閉館1時間半前で「待ち時間50分」だったので、これは連休明けに来た方がましだろうと、今日、出直したワケです。

閉館1時間40分前に東京都美術館の門に到着。「待ち時間80分」shockOh! Noooooo!
先週金曜日に頑張って見ておけば良かった!

諦めて帰ろうかと思いましたが、今日以降、これより“混んでいない”日はあるはずもなく、見るなら今日、今日見なければ出直すチャンスは皆無。

年配の女性に「5時半きっかりに追い出されちゃうんですかっ!?」と詰め寄られている館員が「あ、え、延長したとしても30分です」と答えているのを聞き(つまり、30分は大目に見てくれるってことね)、並ぶことを決意しました。

用意してきた本を読みながら列に並んでいましたが、途中で読み終わってしまい、しばらく手持ちぶさた・・・。結局100分並びましたよsad

入場しても押すな押すなのすし詰め状態だろうなぁ。作品の断片をチラリと見る程度だろうなぁ。入場した途端、憧れの大学に入るためにガリガリ勉強して合格を果たした受験生のように、目的を見失ってしまうかもしれない、と案じていましたが、入場者数をしっかり管理していたようで、会場内部は思ったほど混雑してはいませんでした。もちろん空いてはいないけど、ごく普通の混み具合。

閉館が1時間延長されたこともあり、“じっくり”とはいかないまでも全作品“しっかり”鑑賞できました。さすが東京都美術館。

30幅揃った「動植彩絵」は圧巻で涙が出そうになりました。200年以上前に描かれたとは思えない鮮やかさとインパクト! プライスコレクションの「鳥獣花木図屏風」は躍動感とワクワク感があってなんとも言えない不思議な魅力!これ(鳥獣花木図屏風)日本に残しておきたいな。私が死ぬほどの金持ちだったら買い戻すのに(金がないから言える戯言)などと考えました。

会場から出たら予報通り雨が降り出しました。しかし疲労感は全くなく、100分待った甲斐ありました。ありがとう!若冲!You made my day!

« 1年半ダマしてきたので | トップページ | 実力不足ですが・・・ »

コメント

suzieさんが100分並んででもリベンジ果たされるほど、相応の展覧会だったことと思います。全作品を“しっかり”鑑賞できたとのこと、よかったです。

以前TVで『釈迦三尊像』を観たことがありますが、ぜひとも肉眼で拝見したいです。
菩提寺は天台宗の脇田山安養寺ですが、本尊の左右にまつる脇侍は、向かって右側に高祖天台智者大師、左側に宗祖伝教大師をおまつりしています。

大変ご無沙汰していますsweat01
前に九州国立博物館に来た時に若冲を見て以来、私も大好きになりました。200年以上も前に描かれたのが信じられないくらい、色鮮やかで斬新ですよね!
東京はいつも素晴らしい展覧会があってて羨ましいです。

>100分待った甲斐
大人気とは聞いていましたが。
管理状態が良いのと上等な顔料だったのでしょうね。若冲を知ったのは、10年になるかもしれません。勿論テレビです。アメリカの収集家の家の保存状態も写ったことがありますので、何度か映っていたのです。本物を目にしたことはないですが、力強い作品群ですものね。
当時の日本では、注目されない(異端の?)画家だったとか。前衛的だったのでしょうね、きっと。

100分も並んで入場されたなんて、驚きです。
今回、テレビでかなり詳しく紹介されたので、
私はじっくりTV視聴しました。
凄い作品ばかりで、
それらを肉眼で、ご覧になってきたのですね。
圧巻で涙が出そうだった…と。
実は私もその経験があります。
約30年前、ウィーンで
クリムトの接吻を観た時です。
それまで、好きではなかったクリムトですが、
本物を目の前にしたら、脚が動かなくなり、
眼も釘づけで、涙が出てきました。
本物を観ることは、本当に素晴らしい!!

>omotannさん

はい、素晴らしかったです。
「釈迦三尊像」も「動植彩絵」に囲まれて、いっそう存在感を増していました。
機会があれば是非ご覧になってください!たとえ100分並んでもsmile

>ちびたくさん

おお!お久しぶりです!
お元気ですか?

若冲、本当に200年以上も前の人なのかと、驚きますね。
作品1つ1つからエネルギーを感じます。

>kazuyoo60さん

力強い上に、ワクワクした気持ちにさせる“何か”があって、見ていて100分の疲れが吹き飛びましたhappy01

>まりりんの娘さん

私もNHKの番組見ました!
会場では、番組で紹介されている細部を確認する余裕はありませんでしたが。

クリムトは私も好きですwink

なんでも「生」はテレビの画面や印刷物では得られない感情や感動がありますよね。しかし、100分待ちとはTDLのアトラクションみたいです・・・。

>ばななちょこみるくさん

やっぱり「生」は違います!
ごくたまに、テレビの方が良かったってこともありますがcoldsweats01

TDLのアトラクションに並ぶ元気は無いわ〜wobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/65416690

この記事へのトラックバック一覧です: 200年前の奇才に謁見:

« 1年半ダマしてきたので | トップページ | 実力不足ですが・・・ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ