最近のトラックバック

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

連休中の控えめな主役

毎年、ゴールデンウィークは東京を離れることが多いのですが、今年は東京にほぼ引きこもりなので、無事に確認できました。駒沢オリンピック公園の満開の藤。ごくごく小さい一画だけなのですが。
P4300024P4300009

ジョギングコースも緑がだいぶ美しくなってきました。
P4300002

走りにではなく、緑と藤を眺めながらゆっくり朝ごはんを食べるために来たいものです。よし、連休中に朝ごはんを食べに来よう。

今日の「ありがとう」は、4月最後の晴天に。

2016年4月26日 (火)

国芳・国貞・五十円玉

仕事が“谷間”になったのを活かして、混まない平日を狙って行ってきました「俺たちの国芳・わたしの国貞」展。

少しでも安く見ようと、会場に行く前に前売り券をゲットするべくチケットぴあへ。しかし前売り券はもう「終わった」とのことで、当日券のみの販売になると。本当かあ!?当日券ならチケットガイドで買う意味はないな〜と一瞬考えたけど、どうせチケットは買わなければならないのでここで買っても同じか、ってことで「当日券でいいです」と1500円で購入。ちなみに前売り券は1300円。

すると「今回、この展覧会のチケットを購入くださった方に、銭洗弁天で洗った五十円玉を差し上げています」と大入り袋を付けてくれました。
P4270008

結果的に50円引き、しかも銭洗弁天(日本橋・小網神社)の御利益付き。おお、小さな幸せheart01 なぜか前売り券(200円安)以上に得した気分。とても豊かな気持ちで国芳・国貞を鑑賞しました。

それにしても国芳ってすごい。日本が世界に誇る「マンガ」はすでにこの時点で国芳が8割作り上げていたのではないかと。投げ飛ばされる人々、ばらばらと落ちる瓦、稲妻を表す線、巨大骸骨、化け猫。

そして、国貞の描く隅田川花火大会の様子は、花火を描かずに、優雅に花火見物に来た前面の主役たちと、背景には橋の上のぎゅうぎゅうに混雑する群集。昔から隅田川花火大会はこんなに混雑していたのね。

さて、なぜに国芳・国貞に銭洗弁天の五十円玉が付いたかは分かりませんが、まったく期待しない時のサプライズはどうしてこうも喜びが大きいのでしょうね。

だからもう一生何も期待しない。そう決めました。

しかし何も期待しないことに、「万が一のサプライズの喜びを大きくする」という期待が潜んでいるこずるさ。やっぱり素直に期待したいことは期待しよう、と決心を翻しました。

今日の「ありがとう」は、笑顔で大入り袋を付けてくれたチケぴの店員さんに。

2016年4月23日 (土)

SNSの恩恵と副作用

前回のブログ更新から今日までの間に発生した熊本地震。震度5以上の揺れが何度も繰り返され、支援物資がうまく行き渡らないところがあるなど、被災地の方々はさぞ怖い・辛い思いをされていることでしょう。心から御見舞申し上げます。

過去に例のないタイプの地震だとかで、経験則があてはまらないという気象庁発表がありましたが、地震そのもの以外でも過去に例のない動きが感じられませんか?

それは、SNSでの、一部著名人に対する激しい批判。今までの大きな災害で、被災地を心配するツイートや励ましのツイートを発した芸能人がこんなに攻撃されることってあったかな?

被災地への配慮が欠けていたり、災害を軽々しく扱ったりするような発言なら批判されるのも分かりますが、今回、なぜ批判が集中するのか分からないケースをよく見かけます。単にこの芸能人のことが嫌いなだけじゃないの?

こういった災害のとき、SNSは安否確認や現場のリアルな声の発信、支援の呼びかけなどなど、とても役に立つツールとして威力を発揮していますが、誰かを“叩く”というお手軽なストレス発散の手段としても使われるようになってきている気がします。

良い面だけを上手に活用して、悪い面を最小限に封じるってことはできないものでしょうか。SNSを使う限り、それは常に、そして永遠に表裏一体なのでしょうか。

技術の力で世の中が便利になればなるほど、怖い副作用も覚悟しなければならない状況に向かっているような気がします。

今日の「ありがとう」は、松濤美術館の鑑賞券をゆずってくれたMさんに。招待券がなければわざわざ行くことはなかったでしょう。駅から遠かった!

2016年4月16日 (土)

郵便局に赤い宝石

先日、郵便局に行ったら、カウンターに何か個装の袋がたくさん入ったカゴが置かれていました。

クッキーか何かかな?「ご自由にどうぞ」みたいな感じで、ただでもらっていっていいとか?と期待してよくよく見たら、紀州の梅干しでした。しかも、そのカゴの手前に、通販申込みのカタログ(郵便局によくある『ふるさと小包』みたいなもの)が貼られていました。

あ、「申込み受け付けてます」ってことなのね。タダでもらえるわけじゃないんだ。ちょっとガッカリ。

と思いながら用事を済ませると、「この紀州の梅干し、買われたことありますか?」と聞かれ、「いいえ」と答えると、とても美味しくて人気の商品であることを説明され、「どうぞ良かったら」と、申込み用紙と1粒個装の梅干しを渡されました。

非常にうれしい。
P4140018

たけのこご飯と一緒にいただきました。この撮り方だとさほど大きく見えませんが、相当大きいです。直径4cm。おいしゅうございました。
P4140022

甘みがあって、ごはんのお供というより、お茶のお供という感じ。ちょっと贅沢。自分用に購入することはないでしょうdelicious 郵便局員さん、ごめんなさい。そしてありがとう。

熊本地震、今朝未明が「本震」だとか。しかし、どれが前震だろうと本震だろうと余震だろうと、とにかくどれも大きい。みなさんの無事を心から祈ります。

2016年4月15日 (金)

いよいよ満開です

熊本地震に被災された方々に心から御見舞申し上げます。被害がこれ以上大きくならないことを祈ります。原発のある地域が大地震に見舞われることに、何かの啓示を読み取ろうとしてしまいます。

さて、桜が満開です。

P4150031 は?いつの話?とお思いでしょう。ココ、つまり私の居住地の話です。駅前通りの八重桜が満開(すでにピークを越えたものも)になりました。毎度言い訳しますが、花とほぼ同時期に葉も茂ってくるので、全体的な色合いはソメイヨシノなどに比べていまいちです。

P4130015 でも近くで見ると、花びらたっぷりの八重咲きがかたまりになって見応えあります。駅前通りにあるのは関山、普賢象、普賢象より白っぽいもの(名前分からず)。この写真はたぶん関山。


そして注目の1本が御衣更(御衣黄)。緑の桜です。
P4150033r

地元のさくらまつりは先週でした。1日だけの開催。毎年、満開と一致しない。難しいですね。今日の「ありがとう」は、寝る場所と食べるものと着るものがあることに。

2016年4月 9日 (土)

喧噪のそばで今昔の桜

本日は上野で桜を堪能。毎年恒例、東京国立博物館の「博物館でお花見を」。
P4090017

4月10日まで庭園解放です。だいぶ緑が目立ってきましたが、まだ少し桜色が残っています。
P4090023

路面の花びらと、舞い散る花びらがまるで雪のようです。
P4090067

館内の常設店では、桜にちなんだ品物が随所に展示されています。
P4090076

フラッシュをたかなければ撮影OKです(一部撮影禁止のものもあります)。
P4090089

スタンプを集めてバッジをゲット!
P4090103

昨年は来そびれたので、今年は来られて良かった。
今日の「ありがとう」は、淡々としたトーハクのスタンプラリー係の方に。

2016年4月 3日 (日)

満開の下、チラホラ

P4010065 桜がほぼ満開、そして週末ともなれば、当然「花見日和」ですが、残念ながら天気は雨&曇りでした。そんなわけで、家の中で桜ごはん。ご飯に桜の塩漬け(もちろん塩抜きしてから)を混ぜただけ。

駒沢オリンピック公園では屋内競技場の改築工事が進んでいます。2020東京オリンピックのための改築だとばかり思っていたのですが、2020年オリンピックが東京に決まる前から決定していた改築計画のようですね。
P4020001_3

桜と重機を撮ってみました。重機のパステルカラーと桜のピンクがなかなか良い感じですね。重機メーカーさん、よければこの写真、宣伝にお貸ししますよ。
P4020009

今日は花見には出かけず、落語を習っている友人の発表会に。友人の出演が何時か分からず、適当な時間帯に行ったらすでに友人の出番は終わっていました。でも、他の方々の落語を聞き、友人も参加した「寄せ踊り」を見て、なかなか楽しい時間を過ごしました。

会場の近くの川(隅田川の支流)が桜満開でとってもきれいでした。残念ながらカメラ忘れました。

残念なことチラホラ、楽しいことチラホラ、な週末でした。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ