最近のトラックバック

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

神も美しいものが好き

P3310059

桜って、なぜこんなにも咲き進むのが早いのでしょう。2日前は五分も咲いていなかったのに、もう八分以上、つまり満開です@砧公園。

平日にぽかぽか陽気の中でのんびり花見をできる人々が羨ましい。平日のこの時間に桜の樹の間をジョギングしている私もけっこういい身分ですが(自虐的な意味で)。
P3310041

「私の枝垂れ桃」も見頃です。ああ、毎年なんて可愛らしいんでしょう。今年は特に可愛いheart04
P3310048

世界フィギュア男子ショートをテレビで見ていたら、羽生結弦君の素晴らしい演技に引き込まれました。「神は細部に宿る」とはまさにこのこと。頭のてっぺんから指先、つま先にいたるまで、すべてに意識が行き届いた美しさ。わずか3分未満の「あっという間の鼓動」です。まるで桜ですね。

今日の「ありがとう」は美しい桜と美しい羽生結弦君に。そして、相変わらず愛らしい枝垂れ桃にも。

2016年3月28日 (月)

大ニュース(のはず)だったのです!

先週の土曜日、驚くことがあったのです。 どこかのニュースに出るかと思いましたが、見当たりません。絶対にニュースになっていると思ったのに。

それは、朝、霰が降ったのです!

早朝ランをしていた6時20分ごろ、ぱらぱらと何かが降り、「雨かな」と思ったら、なんとなくウエアに当たる感触が雨っぽくない。まさかと思って手を広げてみると、手袋に直径1mm程度の氷の粒が。

10分くらいは降っていたと思います。

当日の朝の気温はおそらく5℃くらいで、雪や霰が降るほどの冷え込みではなかったのですが。

そこのあなた。どうせ見間違いだろうと思っているでしょう!霰を確認したのは私だけではありません。そのとき同じ駒沢オリンピック公園を走っていた他のランナーも証人です。

さて、その霰が降った日の午後に、お香の講座に参加しました。テーマは桜香。4種類のお香を聞きます。10炉(回)お香を聞いて(嗅いで)、何番目がお香がどのお香かを当てるというもの。聞けば聞くほど、分からなくなる。結果、ま〜、当たらないこと当たらないこと。

でも、当たる当たらないは重要ではないらしいです。いや、もちろん、ちゃんと聞き分けられた方がいいのですが。

当たらなくても、その香りから感じる風景とか物語とか、香記(記録)の書面の景色とか、そういうものを楽しむそうです。

究極の贅沢なゲームですね。ゲームなのに勝ち負けが“勝負”ではないという。まさに殿上人の遊戯だな〜と思いました。

こちらは講座の終わりにいただいたお茶と和菓子。
P3260014

土曜日の「ありがとう」は感動のお話をしてくれたみ○さんに。

2016年3月24日 (木)

春はもう来ていました

P3240051 久しぶりに新宿御苑へ。平日なのであまり混んでいなかったけど、とにかく外国人率が高く、外国人:日本人=6:4、いや場所によっては7:3かもしれないくらい。

外国人のほとんどは中国系だったけど、今日見かけた人たちは、よく報じられているような迷惑行為はなく、楽しげに(多少はしゃぎ気味に)桜を楽しんでいるようでした。

それにしても、やっぱり新宿御苑は良い!なんといっても桜の種類が多い!すでに満開だったり、5分咲きだったり、まったく咲いていなかったり。

定番の染井吉野
P3240131

陽光は満開間近
P3240055

枝垂れ桜は見頃
P3240095

寒緋桜はそろそろおしまい
P3240124

桜の紅白!
P3240059

足もとにも桜!
P3240113

そしてDocomo御殿!
P3240144

今日の「ありがとう」は、早く仕事を片付けることができた諸々の条件と、心和ませてくれた数々の桜に。

2016年3月21日 (月)

標準間違い

本日3月21日、ようやく東京都心、桜の開花宣言しました。(下の写真は靖国神社の標準木ではなく、駒沢オリンピック公園の桜)
P3200014

昨日(20日)、某ラジオ番組(午前10時〜12時)を聴いていたら、「連休初日(19日)は東京・開花宣言なりませんでした。おそらく今日(20日)、開花宣言になると思いますが、気象庁の方が判断するのは午後になると思うので、残念ながらこの番組ではお伝えできません・・・」と話していました。

すると、リスナーの2名が、番組になりかわり自分が開花宣言を見届けようと靖国神社に馳せ参じたとのことで、番組終了間際にMCがそのリスナーに電話。電話に出たリスナーは「すでに3輪咲いています」「4輪目咲きそうです」「今日、確実に開花宣言になると思います」と話していました。

で、夜のテレビのニュース番組では、「今日(20日)、東京都心は開花宣言ならずでした」と。映像では、気象庁の方が「咲いているのは2輪でした」ときっぱり。

3輪以上咲いているのではないのか?もしかして、某ラジオ番組のリスナーが見ていた桜の樹は、標準木じゃなかったのでは?来週の番組で解明してくれるのか?気になるな〜。

でも、すぐに靖国神社に出かけられるエリアに住んでいることが羨ましいなと思った一日でした。

何はともあれ、本日東京の桜は公的に開花。ああ、1年間この日を待っていたのに、何も心の準備が整っていない。散るまでにどうやって桜を堪能するか、焦りばかりが湧き上がります。

今日の「ありがとう」はときどき曇った空に。一日部屋にこもっていた私への配慮と見ました。

2016年3月12日 (土)

昨日より今日

今日は3月12日。つまり昨日は3月11日でした。

テレビでは各局が特別番組を組んで放送していました。

「震災当時小学生だった○○君は今高校2年生」などというナレーションを聞くと、そんなに月日が経ったのかと驚きます。

被災地では、着実に復興が進んでいるエリアと、状況が進展しないエリアとがあるようで、報道がその両方を正確に伝えることも、行政がその両方に平等に対応することも、難しいんだろうなとつくづく思いました。

やはり、こんな大きな課題を抱えた日本が、オリンピックなんぞ誘致するべきではなかったんじゃないかと、あらためて思います(もともと、アンチ五輪誘致&アンチ石原)。

それでも、こうなってしまった以上、前に進むしかないんでしょう。困難は、解決できる人にこそ降りかかる。

今日の「ありがとう」は、今日も朝起きて、走って、食べて、電車に乗って、無事に帰ってこられたことに。

今日からまた新しい日々です。昨日より今日、今日より明日がいい日でありますように。

2016年3月 9日 (水)

ポロポロと春こぼれ出る

お茶の稽古のあと、たいてい、茶花をいただいて帰ります。先生が「良かったら持って帰っちゃって」っておっしゃるので、ありがたく。

で、先週いただいた茶花がこんなふうに実がついている枝でした。
P3090001

実だと思っていたら蕾だったらしく、今ではこんな感じになっています。
P3090008_2

こんな房状の花が咲いています。当初の“冬の枝”のイメージから一転、ほんわり春っぽい!
P3090006

なんていう花なんでしょう。いや、聞いたんですけどね、お稽古の時に。でもすぐに忘れてしまいましたcoldsweats01

持って帰って水に差しておいただけなのに、ちゃんと花が開いてくれる。草木のけなげさに、毎度のことながら感動します。

今日の「ありがとう」は、ゆうべ久しぶりに会ったSちゃんに。Sちゃんは学生の時と全然変わらないよ〜。また会おうね。

2016年3月 6日 (日)

きのこ派のリサーチ

あなたは“きのこ派”ですか?“たけのこ派”ですか?

もちろん「きのこの山」「たけのこの里」の話です。私は発売当初から“きのこ派”です。

さて、今回、その「きのこの山」に、「チョコかけすぎました」バージョンが出ました。

で、さっそく購入。

パッケージはこんな感じ。通常よりかなり大きいです。
P3050003

中身は個装が8個。
P3050004

じゃじゃーん。これが実際の“ブツ”です。石づき(軸)部分までチョコ。
P3050006

いざ、実食。

軸にもチョコがかかっているだけではなく、全体的にコクがある感じです。かさ部分もチョコ増量してるのかな。比較のためにスタンダードな「きのこの山」も買おうかと思ったのですが、買ったら食べなければならないので、それは(ウェイトコントロールの面で)まずいと思ったのでやめました。

おいしいけど、個装8個だけというのはちょっと寂しい。やはり、「きのこの山」はザラザラと入っているのが醍醐味ですから、ドバッと入れて欲しい。せめて10個はねsmile

今日の「ありがとう」はアンケート調査の電話をかけてきたN○Tなんちゃら部署の方に。今日唯一の会話でした。

2016年3月 3日 (木)

ひな祭りの甘い失敗

桃の節句。今年もやっつけ的ではありますが、ちらし寿司を作りました。

P3030007 今年は緑にアボカドを使いました。やはり海老がないと、なんか淋しいですね。相変わらずイメージ通りの盛りつけができないのです。

今回は、これまで使っていたレシピと違っていたらしく(同じだと思ったのですが)、全体的に甘めに仕上がってしまいました。人参、かんぴょう、干ししいたけ、れんこん、卵、酢飯、すべて甘い。つまり失敗wobbly

私の母は、お祝いや来客などのときによく五目寿司を作ってくれたのですが、思ったより酢飯が柔らかくなってしまったり、甘くなってしまったり、酸っぱくなってしまったりすると、人生の一大事ってくらい困った顔をして、「どうしよう〜、あ〜、失敗〜、あ〜」と嘆いたものでした。

別に飲食店でもやってるわけじゃなし、そんなに困らなくても、っていつも思っていましたが、今回、ちらし寿司を失敗してみて母の気持ちが…

やっぱり分かりません。「ちょっと甘くなっちゃったよ、失敗失敗、てへっhappy02」ってなもんです。ま、私の場合、自分しか食べないしね。

味よりも、無病息災を願う気持ちが大事なのだ。みなさんつつがなく、健康で春を迎え、楽しみましょう。

今日の「ありがとう」は、早めに指示メールをくださったK藤さんに。おかげで作業を早く進められました。

2016年3月 1日 (火)

4年に1回跳ねたり閉じこもったり

昨日は4年に1度の2月29日でした。

せっかく4年に1度なので、昨日中にブログをアップしようと思ったのですが、結局時間がなくなってしまい、果たせず。

さて、そんな4年に1度だった昨日、FBでは「4年に1度の肉の日!」といって肉料理をアップしている人がかなりいました。なんのことかと思ったら、4年に1度の「ニク(29)の日」ってことだったのですね。

しかし面白いことに、いや、むしろ当然なことに、いつもハイカロリーな食事をしている人ほど「4年に1度の肉の日!」といって大量の肉料理を食べている様子でした。

まあ、いつもよくスイーツを食べる人ほど、「今日は自分へのご褒美♡」といって高価なケーキを食べるような感じですね。

ところで、閏年って英語でなんて言うのかな?と思って調べてみたら「leap year」でした。跳ねる年。

1日余分にはさむから、跳ねるというのはむしろ逆の表現ではないかと思ったら、3月1日以降の曜日が前年に比べて2つ進むことになるため(閏年以外は1つ進む)「曜日が通常より1日多く飛び越える」ということでleap year(飛び越える年)という表現になったという説明をネットで見つけました。

じゃあ「うるう」はどういうい意味?と思ってオンライン辞書を引いてみても、「暦を調節するため、1年のうちの日数・月数を普通の年より多くすること、またはその余分な日や月のこと」と記載されているだけ。つまりは「うるう」は「うるう年」「うるう月」「うるう秒」のためだけの言葉だったのですね。

で、「閏」の文字は、暦からはみ出た余分な日に王が門の中にとじこもって政務をとらなかったことを表しているそうです。

閏年を何十回か経験して、ようやく知りました。

4年に1度の日の「ありがとう」は、楽しい思い出話と美味しい焼き鳥で盛り上がったE美とKちゃんに。また近々会おうね。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ