最近のトラックバック

« いつのまにか10年目 | トップページ | ひな祭りの甘い失敗 »

2016年3月 1日 (火)

4年に1回跳ねたり閉じこもったり

昨日は4年に1度の2月29日でした。

せっかく4年に1度なので、昨日中にブログをアップしようと思ったのですが、結局時間がなくなってしまい、果たせず。

さて、そんな4年に1度だった昨日、FBでは「4年に1度の肉の日!」といって肉料理をアップしている人がかなりいました。なんのことかと思ったら、4年に1度の「ニク(29)の日」ってことだったのですね。

しかし面白いことに、いや、むしろ当然なことに、いつもハイカロリーな食事をしている人ほど「4年に1度の肉の日!」といって大量の肉料理を食べている様子でした。

まあ、いつもよくスイーツを食べる人ほど、「今日は自分へのご褒美♡」といって高価なケーキを食べるような感じですね。

ところで、閏年って英語でなんて言うのかな?と思って調べてみたら「leap year」でした。跳ねる年。

1日余分にはさむから、跳ねるというのはむしろ逆の表現ではないかと思ったら、3月1日以降の曜日が前年に比べて2つ進むことになるため(閏年以外は1つ進む)「曜日が通常より1日多く飛び越える」ということでleap year(飛び越える年)という表現になったという説明をネットで見つけました。

じゃあ「うるう」はどういうい意味?と思ってオンライン辞書を引いてみても、「暦を調節するため、1年のうちの日数・月数を普通の年より多くすること、またはその余分な日や月のこと」と記載されているだけ。つまりは「うるう」は「うるう年」「うるう月」「うるう秒」のためだけの言葉だったのですね。

で、「閏」の文字は、暦からはみ出た余分な日に王が門の中にとじこもって政務をとらなかったことを表しているそうです。

閏年を何十回か経験して、ようやく知りました。

4年に1度の日の「ありがとう」は、楽しい思い出話と美味しい焼き鳥で盛り上がったE美とKちゃんに。また近々会おうね。

« いつのまにか10年目 | トップページ | ひな祭りの甘い失敗 »

コメント

何時も食べてる人が、4年に1回、大量に!、そういう企画も有るのですね。食が足りてる国では4年に1回とはと、逆に取って苦笑いです。
うるう、を知らない人はいないのに、この時だけに使う、そういえばほかには使わないです。
2/29生まれの人の誕生日は、4年分盛大にでしょうか。(にこにこ)

>kazuyoo60さん

私の知り合いに2月29日生まれの人がいます。
必ず「絶対に忘れないよね!」「みんなに覚えてもらえるね!」などと言われるけど、
本人曰く「みんな絶対に忘れるんだよ!」だそうです。
やはり4年に1度は、記憶するには間が開きすぎますねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/64228887

この記事へのトラックバック一覧です: 4年に1回跳ねたり閉じこもったり:

« いつのまにか10年目 | トップページ | ひな祭りの甘い失敗 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ