最近のトラックバック

« みなさん、ありがとう | トップページ | 星に願いを »

2015年6月25日 (木)

さかなクンに近づけたかな

JCUEというダイビング団体のイベント「お魚料理講座」に参加しました。

食材は、左奥がシイラ、手前の縞々がテングダイ、右奥がエチオピアシマアジ、小さくて分かりにくいのがトビウオ、マツカサウオ、ドンコ。
P6240192
左がマルバラユメザメ、右がシュモクザメ。
P6240195

宮内祥子先生(Facebookプロフィール)ご指導のもと、ユメザメのフライ(写真左)、ブリの漬け&ハンマー刺身&シイラなめろう風丼(写真右)、ユメザメのトマトソース煮、ユメザメ刺身、エチオピアフライ、テングダイ刺身、テングダイ皮ソテー、シイラソテーのトマトソースがけ、ドンコ&トビウオあら汁、〆サバ対決(マサバvsゴマサバ) 、ユメザメ肝など食べました。
P6240216P6240224

参加者22名に対してマツカサウオ1匹だったので、極小刺身をひとかけずつ。
P6240226

珍しい食材と、めったにない調理体験に、さかなクン並みにテンション上がりそうになりました。

宮内先生、手際の良い仕切りと忍耐強いご指導ありがとうございました。S木さん、素晴らしい企画ありがとうございました。参加された皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

« みなさん、ありがとう | トップページ | 星に願いを »

コメント

シュモクザメもでした
か。テレビでは何度か見ています。
珍しい多彩な料理ですね。
>極小刺身をひとかけずつ
これは愉快です。有毒でなければ、美味しく無駄なくですね。珍しい果物は買える値段なら買うのに、魚類は~なのです。奈良は並ぶ種類が少ないのに、その一部しか買ってません。(苦笑)
カマボコなど練り物類には、鮫も入ってる?でしょうか。

>kazuyoo60さん

馴染みのない魚を買うのはなかなか勇気が要りますね。
こういう機会があると助かります。

サメを原料にする練り物もあるそうですが、あまり多くはないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/60536131

この記事へのトラックバック一覧です: さかなクンに近づけたかな:

« みなさん、ありがとう | トップページ | 星に願いを »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ