最近のトラックバック

« セミDEEPな浅草散策 | トップページ | ふなっしーLOVE! »

2015年5月27日 (水)

あちらとこちらの見方

五月といえば團菊祭。昼の部は1等席で、夜の部は3等席で観劇しました。

昼の部は、菊之助丈が主役の玉手御前を務める「摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)」と、準主役(という認識でいいのかな)の天一坊を務める「天一坊大岡政談(てんいちぼうおおおかせいだん)」。ちなみに大岡越前を演じるのは菊五郎丈。

夜の部は、松緑丈が立ち回りで頑張る「丸橋忠弥(まるばしちゅうや)」、海老蔵丈が復活させた歌舞伎十八番の1つ「蛇柳(じゃやなぎ)」、祭に相応しい「め組の喧嘩」。め組の親分、辰五郎はもちろん菊五郎丈。

てな具合に、團菊祭というより菊菊祭といった様相。団十郎丈がいないので、「団」と「菊」のバランスをとるのはなかなか難しい。海老さんは昼の部で天一坊にちょろっと出て、夜の部で蛇柳だけ演じておしまい。

私は「菊」ファンなので、これで十分楽しめたけど、「団」(成田屋)ファンはどうなんだろう?と、成田屋びいきの團菊祭観劇ブログをちょこっと検索。

海老さんが「不当に」出番が少ないって思っている人がちらほら。まー確かにファンにはそう思えるだろうな〜。

さらに海老さんファンらしきブログを読み進めていくと、「菊之助は博多人形のような顔をして表情が乏しく味気ない」と。「所詮博多人形なので、立役(天一坊)をやっても物足りない」と。

菊之助=博多人形という着眼点は菊ファンの私も同意見ですが、それに続く展開が、まったく違う!同じ地点からスタートしても、立場が違うとこんなにもかけ離れたコースになるのかと、驚きの発見でした。

もちろん、菊ファンの私から見ても、玉手も天一坊もこれが完成形ではなく、まだまだ勉強する余地は十分有りそう。菊ちゃんはこれからもどんどん進化しますよ。どんなゴールになるか楽しみです。

ちなみに夜の部は、丸橋忠弥もめ組も、上(3階)から見たら、立ち回りの形式美や、屋根の上での工夫(=苦労)などが見えて、かなり楽しめました。たまには3階席もいいですね。すんごく狭いけど。

週末の「ありがとう」はチケットをとってくださったK子さんと、久しぶりに感想を語り合ったCさんに

« セミDEEPな浅草散策 | トップページ | ふなっしーLOVE! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/60157647

この記事へのトラックバック一覧です: あちらとこちらの見方:

« セミDEEPな浅草散策 | トップページ | ふなっしーLOVE! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ