最近のトラックバック

« 春を追いかけて、冷たい海へ | トップページ | 精一杯で手一杯 »

2015年3月10日 (火)

世界遺産に勝る記憶

先週末、青山にある某有名フレンチレストランに初めて行って参りました。奈良の蔵元が主催する、日本酒とフレンチを組み合わせたイベントです。

こんなコラボで食べ・飲みしました。

P3070003P3070001
P3070009P3070008
P3070014P3070013

メインディッシュはこれ。「牛フィレ肉のパイ包み焼き、マッシュルームのクリームソース、温野菜添え」。
P3070017 

これを見た瞬間、昔訪れた英国の食事が思い出されました。

もちろん、英国でこんな立派なレストランに行ったことはないので、私の脳裏に蘇ったのは、パブなどで食べた大衆向けの料理、あるいは、ホームステイ先で出されたディナーのひと皿ですが。

世界三大料理の1つでもあり、世界遺産にも登録されたフランス料理のメインディッシュと悪名高き(though it is far from my real intention ;-p)英国料理のひと皿を一緒にするなんて、申し訳ないですが、どうにも懐かしい気持ちがわき上がってくる。

香りを嗅ぐと、う〜ん、ますます英国チック!味わってみると、ねっとりとしたグリーンピースのマッシュ(英国ではマッシュポテトでしたが) に、バラっとしたひき肉と主張する肉(当然、英国で味わったより柔らかい肉でしたが)にパイ、そしてグレイビーソースとキノコのみじん切り。まさしく、The Taste of England!

ああ!Iシェフ、ごめんなさい。せっかくの超高級フレンチディナーを、英国料理と重ね合わせてしまって!

でも正直言って、日本酒でもなく、ワインでもなく、冷たくないビールと一緒に食べたい気分でしたbleah

料理は必ずしも美味しい記憶が勝るわけではないという、実例でした(Opps, it's far from my .........)。

週末の「ありがとう」は一緒に参加したY江とEちゃん、そしていろいろとおしゃべりしたAちゃんに。蔵元のIさん、楽しいイベントをありがとうございます。

« 春を追いかけて、冷たい海へ | トップページ | 精一杯で手一杯 »

コメント

思い出を刺激してくれる料理とお酒だったのですね。
食材の名前だけよりも、見た目や味からですよね。良かったですこと。

拙ブログとfacebook共に一時休止することになりました。いつの日にかまたお目にかかりましょう。(omori@po3.oninet.ne.jp)

>kazuyoo60さん

名前ではピンとこないですね。
やはり、見た目や香りが記憶に残ります。
もちろん、味が一番ですが。

>omotannさん

すぐに復帰されることを祈っています。
どうぞお大事になさってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/59219071

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産に勝る記憶:

« 春を追いかけて、冷たい海へ | トップページ | 精一杯で手一杯 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ