最近のトラックバック

« ルビーの週末 | トップページ | 20年は長くて速い »

2015年1月12日 (月)

若い女子に癒やされる

三連休の最終日は、今年最初の大きな懸念事項(仕事以外)を無事に解消することができました。それは、成人式の着付けの手伝い。

新成人の着付けをするのではなく、「下回り」と言って、着付ける人の下働きみたいなもの。着付けをするほどの実践能力がないので、まずは下回りから経験してみようと参加しました。
2年ほど前に卒業式の着付けの下回りをしましたが、その際、「成人式はこれとは比べものにならないほど大変よ」と聞かされていたので、前日にはものすごーく緊張して、お腹は痛くなるわ、頭は痛くなる時わ、ガラにもなく柔(ヤワ)な人になってしまいました。
さて、当日。スタート時(7時半頃)は着付け予約をしている新成人もまばらで余裕がありましたが、そのうちものすごく混みだし、アタフタ・ドタバタ。2回くらい着付師さんに怒られたりしましたが、なんとか無事に職務を遂行できました(と自分では思っているけどどうかな?)。
成人式の着付けでは、着物文化に縁の無いお嬢さんが“とんでもないリクエスト”(花魁風にしてくれとか)をすると聞かされていたけど、それほどヘンな人はいませんでした。
何より、若い女の子の振り袖姿はかわいい!着付けが仕上がった新成人を出口に案内する際、お世辞でも建て前でもなく、本心から「かわいいですね〜〜〜!」って言葉が出てしまいました。いやもうホント、かわいいですから!!
振り袖はやっぱり若くないとね。若い子にもっともっと振り袖を着て欲しい。若いときだけですよ、振り袖と振り袖に合わせた帯結びが似合うのは。
前日からの腹痛・頭痛はどこへやら。たいへんだったけど新成人のかわゆさに癒やされた半日でした。
三連休最終日の「ありがとう」は、一緒にドタバタ走り回ったTさん・Kさん、指導して下さったMさん・Sさん、そしてかわいい新成人のみなさんに。
それにしても、イマドキの若い女の子には不思議なことに“ブス”が存在しない。

« ルビーの週末 | トップページ | 20年は長くて速い »

コメント

振袖を着ようとするお嬢さんたちにブスがいないだけでは?なんて。
若くて皮膚も輝いて、良い時ですものね。慌ただしい様子が分かります。重労働でしたね。

>kazuyoo60さん

ブスがいなかったのは、プロ(美容師)がメイクをしていたからかもしれませんhappy01
たいへんでしたが、いろいろと勉強になりました。

>振り袖はやっぱり若くないとね  
本当にそう思います。  結婚式の披露宴などでも、振袖姿の御嬢さんは、ドレスの方よりもよっぽど素敵で引き立ちます!!

確かにいまどきの女子は、みんな可愛いけど、みんな同じ顔に見えるのは私だけでしょうか・・・

>こしあぶらさん

確かに、同じような顔の子が多いですね。
髪型とメイクが同じだからでしょうか。

私はいまだにAKBもHKTもNMBもモモクロも区別がつきませんcoldsweats01

suzieさんが前日プレッシャーを感じてしまうほど、成人式の着付けって忙しいのですね。華やかな場所で、気分があがりますね。記憶違いでなければ、昔はsuzieさん、着付けは頼まれてましたよね。すごい。いろいろ出来て。女性らしいことも、アクティブなことも、西洋も和もあって、素敵です☆。

>つーみーさん

成人式の着付けは「初めて」だったこと、事前に「ものすごく大変だよ」と聞かされていたことで、必要以上に不安になってしまったようです。

そう、つーみーさんの結婚披露宴の時は、ホテルに着付けをお願いしました。その頃は着物のたたみ方さえ知りませんでしたcoldsweats01
いろいろ囓るけど、案外どれも中途半端ですbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/58573068

この記事へのトラックバック一覧です: 若い女子に癒やされる:

« ルビーの週末 | トップページ | 20年は長くて速い »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ