最近のトラックバック

« 若い女子に癒やされる | トップページ | 空色と赤色が降ってくる »

2015年1月17日 (土)

20年は長くて速い

阪神・淡路大震災から20年経ちました。もうそんなにも年月が流れたのですね。

あの日は、朝起きてテレビを付けたら、とても日本とは思えない光景が映し出されていて、特撮番組を見ているような感覚だったことを覚えています。

2011年の東日本大震災を経験したとき(といっても私はまったく何の被害も受けていないですが)、阪神・淡路大震災当時にその重大さ・悲惨さを分かっていなかったことを痛感しました。決して軽く考えていたわけではないですが、やはりどこかに「遠くのこと」といった感覚があった気がします。

今や神戸は見事に復興しましたが(20年以上訪れていないのであくまでテレビなどから受けた印象)、被災した方々の心の傷はなかなか癒えることはないでしょう。

それでも、震災を知らない世代が被災地で半数近くを占め、どんどん前に進んでいかなければならない中、被災された方々のこれからの生活が穏やかであることを、心から祈ります。

P3190001

今日の「ありがとう」は、一緒に美味しいものを食べて飲んだY江、Aみちゃん、Eちゃん、同席したたくさんのひとたちへ。

« 若い女子に癒やされる | トップページ | 空色と赤色が降ってくる »

コメント

高速道路が大きく傾いて、落ちそうな車が映っていました。それから火の海になった街もです。
壊れた家の下敷きで、そのまま命終えられた方も多数です。昨日の法話中、和建築の本堂は落慶法要から2か月目の震災で全壊だったと法話中にありました。補強工事をとは思いながらも、昨秋の工事でも、耐震工事は出来ませんでした。家が古すぎるからですが。

耐震・免震の重要さは分かっていても、なかなか簡単に実践できることではないですものね。
でも我が国は地震大国ですから、必ず大地震が起こると覚悟しながら生活する必要がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/58614887

この記事へのトラックバック一覧です: 20年は長くて速い:

« 若い女子に癒やされる | トップページ | 空色と赤色が降ってくる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ