最近のトラックバック

« ノーベル物理学賞で蘇る苦い経験 | トップページ | 秋晴れにサンマ! »

2014年10月12日 (日)

ニゴニゴだけど優しさいっぱい

日曜日は1100本記念ダイビングでした。

いつも井田ダインビングセンターにお世話になっているので、いつもの井田で記念ダイブをと思っていたのですが、特大台風19号の影響が思ったより早めに現れたため(今日までなんとかもつと思ったんだけどなぁ)、隣のポイント、大瀬崎の湾内にスイッチ。

風や波の影響を受けにくい大瀬崎湾内、混み混みでした。もともと大瀬崎で潜る予定だった人に加え、私たちと同じように別のポイントから流れてきた人たちも多かったようです。

水温22℃。透明度4〜6m。だいぶ濁っていましたが、大小いろんな魚に出会えました。

Pa120014 瓶に住み着いたミジンベニハゼのペア。周辺にいくつも瓶があって、何組もペアが住み着いていて、大撮影大会になっていました。

こちらはミカヅキツバメウオ。成魚というには少し子供な若魚ですね、
Pa120036

Pa120060 たまたま見つけたオレンジ色のカエルアンコウ。むっとした表情を正面から摂ってみました。少々ブサイクですが、そこがかわいい。思ったよりピントがちゃんと合っていなくてごめん(^^;

そのほか、特大のアジとか、アジより小さいカンパチとか(アジが大きすぎる)、アオリイカとか、あ、そうそう、ニゴニゴの中で必死に写真を摂ってるこんな集団も。

Pa120005 はい、私たちです。Mっち、Y香さん、K本さん、K太くん、一緒に潜ってくれてありがとう。そして、毎回みんなの引率&世話をしてくれるKちゃん、いつもいつも&今回もどうもありがとう。Kちゃんは撮影してくれたので写真には入っていません。ごめんね〜〜。

今回のダイビングは、ダイビング前(計画段階)、ダイビング中、ダイビング後(帰宅後)を通して人の優しさをしみじみ感じました。FBで「おめでとう」コメントをくれた方々も、ありがとうございます!

« ノーベル物理学賞で蘇る苦い経験 | トップページ | 秋晴れにサンマ! »

コメント

ミカヅキツバメウオ、名前も知りませんでした。格好良い姿です。若者、幼魚ですか。
オレンジ色のカエルアンコウ、可愛いです。カエルアンコウは何度か拝見しましたね。

>kazuyoo60さん

ミカヅキツバメウオ、幼魚くらい幼いと体に対してヒレがとても長くて、またちょっと違った姿です。
カエルアンコウ、覚えていて下さって嬉しいですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/57668515

この記事へのトラックバック一覧です: ニゴニゴだけど優しさいっぱい:

« ノーベル物理学賞で蘇る苦い経験 | トップページ | 秋晴れにサンマ! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ