最近のトラックバック

« ゴールデンな海 | トップページ | 5カ月ぶりに3時間 »

2014年9月29日 (月)

地道に道を歩む喜び

日曜日は、年に1回参加している「花月百騎の会」でした。
以下、お茶を習っている人以外にはまったくなんのことやら分からない内容ですcoldsweats01

花月を含め、百回を目指してひたすら七事式をこなす会。今回は、大先生が体調不良のためいらしていなかったせいか、全体的に進行がゆったりで、おそらく百回に届かなかった様子ではありましたが、充実した一日でした。

さて私は、「一二三之式」「濃茶付花月」「茶箱付花月」「三友」と4つも参加させてもらいました。一二三之式は、当初別の方が亭主(点前)を務める予定だったけど、突発事項により私が点前をすることに。最も基本的な濃茶点前にしてもらって、どきどきしながらなんとか濃茶を点てました。いざ姉弟子たちの評価は「花二」が3つ、「花一」が1つという嬉しい札。

以前、練習したときは、全員「花三」でしたが、今回はおそらく「花月百騎の会だからおまけ」ってこともあるでしょうけど。札を見て喜びのあまり・・・・最後の総礼のタイミングを間違えてしまったbearing バカ〜〜〜〜。

でも、Hさん、Sさんに「いいお点前だったわよ」と誉めていただき、本当に嬉しかった。と、同時に根気強く指導してくださったHさんとSさん、そしてOさん、お茶の世界に誘ってくれたJ子さんへの感謝の気持ちでいっぱいになった。

日本の「道」っていいなとつくづく思う。才能の有る無しにかかわらず、地道に続けていれば、何かは得られる。ゴールが決まっていないから死ぬまで続けられる。

Hさん、Sさん、Oさん、J子さん、今まで本当にありがとうございました。そして今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いします。

P9290004

« ゴールデンな海 | トップページ | 5カ月ぶりに3時間 »

コメント

綺麗なしふくです。漢字が分かりません。
お菓子もおいしそう、お茶碗も良い色、そしてお茶の色が良いですね。
抹茶も濃い茶も大好きです。

>kazuyoo60さん

和菓子は、花見の「白鷺宝(はくろほう)」です。
この花月百騎でかならず供されます。
食べるヒマがなかったので、持ち帰って家でゆっくりいただきました。

suzieさん、すごいです。いろんなきまり、順番があるのを覚えられるなんて。尊敬します。こういうときのお茶菓子ってとびきりなんでしょうね。美味しそうです!。

>つーみーさん

手順はすべてばっちり頭の中wink


なーんてわけはなく、こそこそ隣に聞いたり、目配せで助けを求めたりしながら、なんとかこなしましたcoldsweats01

お疲れさまでした。
さぞ緊張されたことでしょう。
でもその緊張も楽しまれたのでは?
ところで、
なぜいつも「白露宝」なのですか??
浦和の花見という老舗の和菓子屋さんのものですよ。
こちらの人間には馴染みのもので、
昔からウチの母が長野に帰る時、
必ずお土産にします。
先生のうちのどなたかが
ご用意されてるのですか?
流派が大日本茶道なら、
藤井先生という方がいて、納得ですが…。

>まりりんの娘さん

流派は裏千家だけど、ずっと何年も続いている会なので、最初に誰かが白鷺宝を手配してずつとそのまま・・・・・そんな程度の理由じゃないかと。
一般的に販売しているお菓子だから、誰が買ってもおかしくないし。
ちなみに毎回必ず、白鷺宝と別のお菓子2種(花見の商品ではない)の計3種が供されます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/57527795

この記事へのトラックバック一覧です: 地道に道を歩む喜び:

« ゴールデンな海 | トップページ | 5カ月ぶりに3時間 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ