最近のトラックバック

« 海は人生なり。はずしたり、あきらめたり・・・ | トップページ | VIVA! 100周年と40周年 »

2014年6月28日 (土)

鰯の群は疾風のように

今週のダイビングは井田でした。透明度は上がってきて10〜15m。水温も上がってきて上は20℃、下は・・・16℃、相変わらず冷たい。

P6280012 珍しくビシャモンエビのペアがきれいに撮れました。手前(中央)に居るのが雄、向こう(上側)に居るのが雌です。といっても、ビシャモンエビを実際に見たことのある人にしか分からないと思います。

P6280032 水温が上がってきた浅場ではキンギョハナダイがいっそうはしゃいでいます。浅場なので、若干光が入っているため、オレンジがいっそう映える。

P6280041 そして、今回のサプライズはなんといってもイワシ稚魚の壁!少し沖側に、上から下までイワシ稚魚の群がいつ途切れるのか分からないくらい大群で流れていきました。その後浅場に移動してのんびりと海草や岩の間を(何かいないか)見ていると、「サァーーーーーーーーーーー」という音とともに、イワシ稚魚の大群がビュンビュン通り過ぎていきました。このときはあまりに驚いたため、ちゃんとシャッターが切れなかった。それにしても、きれいな音がするもんですね、大群って。

地上ではかわいい双子猫がボートの影でかくれんぼ。無事に引き取り手は決まったらしい。
P6280083P6280088

今日の「ありがとう」は井田の海とスタッフと猫、そしていつも一緒に楽しい時間を共有してくれるKちゃん、Bちゃん、M里、Mっち、久しぶりのK太くんに。

« 海は人生なり。はずしたり、あきらめたり・・・ | トップページ | VIVA! 100周年と40周年 »

コメント

大変ご無沙汰しています(*゚ー゚*)
『ビシャモンエビ』初めて知りました。
雄のしっぽらしきものしか分かりませんsweat01
上手に擬態していますねshine

>ちびたくさん

お久しぶりです。
ビシャモンエビ、見事な擬態です。
一緒に潜っていた友人も、なかなか分かってくれませんでした。

ビシャモンエ、名前さえ初めてです。賑やかな装飾ですね。
キンギョハナダイ、綺麗ですね~。
鰯の稚魚なのですか。大型魚や、海の動物を支えてるでしょう。
大阪海遊館で、円柱の中をぐるぐる泳ぐ鰯たち、高い天井、太めの円柱でした。
速く泳がないと命に関わりますものね。
鰯の大群の音、いろんな体験をなさいますね。

>kazuyoo60さん

イワシの稚魚の大群が高速で移動していると、後ろから大きい魚(カンパチとかヒラマサとか)が追いかけてくるのに遭遇することもあります。
今回は大きい魚は来ませんでしたが、イワシ稚魚だけで圧巻でした。

こんなに沢山の キンギョハナダイやイワシの稚魚たちに囲まれたら、自分も魚になったような錯覚に陥るでしょうね!
ただただ 羨ましいlovely

ビシャモンエビ、拡大してじーっと見るけど、さっぱりわかりませんcoldsweats01

>こしあぶらさん

ビシャモンエビがちゃんと撮影された写真を(検索して)確認したあとなら、少〜〜し分かるかもしれませんcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/56647168

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の群は疾風のように:

« 海は人生なり。はずしたり、あきらめたり・・・ | トップページ | VIVA! 100周年と40周年 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ