最近のトラックバック

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月28日 (水)

のんきで従順な子どもの開き直り

サッカーワールドカップ(W杯)開催目前のブラジルで著しく建設が遅れてる状況について、「本当に大丈夫なのか?本気で開催する気があるのか?」と批判が集中していますが、今朝のテレビ東京「モーニングサテライト」で、「そんなに時間厳守が大事なら、ドイツかスイスを開催国に選べばよかったじゃないか」というブラジル人コラムニストの意見を紹介していました。

ものすごい開き直りようだ。さすが時間にいい加減なブラジル。

と呆れつつ興味が湧いたので、米ニューヨークタイムズ紙に掲載された元ネタ(記事)を探してみました。記事を読む前は、ブラジルの自分勝手な言い分が理解不能でしたが、読んでみると、なんとなく執筆者の気持ちが分からなくもないという心情になったので、紹介します。つたない訳ですが、概要はこんな感じです。

ブラジル人は怒られるのにもう疲れた———バネッサ・バーバラ

国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副委員長は4月、「リオデジャネイロの2016夏季五輪に向けた準備状況は今まで見た中で最悪」と発言。これに先立ち、国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・プラッター会長は今夏開催されるブラジルW杯の準備が「過去のいずれの開催国よりはるかに遅れている」と指摘。FIFAのジェローム・バルク事務局長は3月に、「(ブラジルW杯で)われわれは最悪のイベントの最悪の主催者になりかねない」との危惧を示した。

なんともキツイ言い方ではないか。ブラジル人は、常に外国当局の優秀な知恵に服従してきた。50年前、ジョアン・グラール大統領の失脚に米政府が関わっていたことが明白でも文句を言わなかった。80年代と90年代に、たとえブラジルの国家主権が損なわれようとも国際通貨基金(IMF)の緊縮政策におとなしく従った

気楽なお国柄で知られるわれわれは、油田採掘権も気持ち良く外国企業に譲った。われわれはフレンドリーで従順で快活で、嬉しい気分になるのが好きなのだ。

しかし今、FIFAやIOCは厳しい親のような態度をいくぶん取り過ぎているだろうという気持ちが膨らみつつある。

われわれは、FIFAの前では、特に視察団にはお行儀良くしようと努めてきた。スタジアムでビールが飲みたいと言えば、法律を変えてまで対応した。免税を適用しろと言われれば、同意した。これまでFIFAをもてなすのに、約120億ドルを費やした。

 競技場や諸々のインフラを建設するために住民を立ち退かせ、会場周辺に厳しいセキュリティゾーンを設けた。反対派を懸命に抑えつけ、非武装の市民に催涙弾を投げたり、テロリストとして告発したりもした。これが莫大な経済成長につながるのだと自らに言い聞かせてきた。その逆を示す多くの証拠があるにもかかわらずだ。しかし、FIFAはそれでも決して満足しない。

 IOCはといえば、われわれがなすことすべてを否定する。建設の遅れに文句を付け、リオの水路汚染を批判し、われわれが2004年のギリシヤオリンピックにすら劣ると言う。

 時間厳守を要求するなら、ドイツかスイスを開催国に選べば良かったのだ。われわれブラジル人は(ドイツ人やスイス人とは)少し違う。

 コリンチャンス(ブラジルの名門サッカーチーム)のマリオ・ゴッビ代表は先月、「遅延はわれわれブラジル人の生活の一部だ」と述べた。

 FIFAとIOCは好きなだけ説教すればいい。われわれは、残り1分になっても終わることはない。そして、最終的に完成したとき、予算はオーバーし、作業場では事故が何件か発生している。

だいたいこんな感じです。しまいには「われわれは自分たちのやり方でやる。アメリカを呼んできたって無駄だ」と言い放っています。開き直りというよりやけっぱち状態です。でも、なんとなくその気持ち、分かります。

しかし、約束と時間は守らないとね。国際ステージでは信頼が大事です。

今日の「ありがとう」は、「モーサテ」に。

2014年5月25日 (日)

89歳の集大成とか23歳の悪行とか

Bunraku 先週は歌舞伎観劇でしたが、今週は文楽観劇。一部と二部を通しで見たので、身体バキバキです。

一部の「恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)」では、本公演を限りに引退される竹本住大夫師匠の最後の床(舞台)。久しぶりに拝見した住師匠の姿は、とっても小さくなっていてビックリ。やはり声のハリは弱まった感がありましたが、役ごとの使い分けや抑揚は見事で、ついこっくりこっくり・・・・。はっ、うっかり落ちてしまった。

決して退屈で寝てしまうのではなく、なんだか気持ちよくてすぅーっと眠りに入ってしまうのですねぇ、住師匠の声は。でもこれが最後!と頑張って起きて聞いていました。

住師匠、御年89歳だそうです。はちじゅうきゅうだったんだ!今さらながら、すごいなぁ〜・・・。長い間、お疲れ様でした。

で、二部は「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」と「鳴響安宅新関(なりひびくあたかのしんせき)」。
女殺は圧巻でした。主役の与兵衛がひどい奴なので、ストーリーとしては大嫌いなのですが、殺しの場面での演出が秀逸。油でつつつーーーーっと滑る様子がまるで映画のようなスペクタクル!最初にこれを考えた人はすごいです。(って、以前にもブログに書いたような気がする)

しかし、ほんとに悪いやっちゃなー、与兵衛。幕間のとき、近くにいた女性どうしが「このあと与兵衛がどうするかって案外知られてないのよね」と話していたので、気になって検索してみました。

油まみれでお吉を殺して金を奪ったあと、借金を返すのかと思いきや遊郭に行き、その後何食わぬ顔でお吉の三十五日の供養に列席。そこで悪行がばれて御用になるそうです。

すごいストーリーだ・・・。

鳴響安宅新関はいわゆる「弁慶の勧進帳」です。私はこの演目では富樫の衣装が好きなんです。歌舞伎でも同じ、空色の衣装。さわやかです。

今日の「ありがとう」は、いつものごとくK子さんと、ちょっとだけ楽しい会話をした隣の席の方に。

2014年5月17日 (土)

引きずり込まれる楽しみ

思い返してみると、今日はずいぶん頑張って活動しました。朝ラン、掃除洗濯、三井記念館で工芸品鑑賞、歌舞伎座で夜の部鑑賞。

Photo 三井記念館の「超絶技巧!明治工芸の粋」は知人に勧められて見に行ったのですが、これが本当に超絶なのです。なぜにここまでこだわるのか!?と思うほどの精緻の極み。それはもう、富でも名声でもなく、ひたすらに職人としての意地ではないかと。

もちろん、芸術として優れているのですが、芸術家というより、日本の職人だから、これほどの領域に到達したのだろうと感じました。開催期間は7月13日までです。お時間のあるかたは是非お出かけくださいまし。

ここで予定外に没頭してしまったために、歌舞伎座の一幕目を見逃してしまいました。まーいっか。アノ人が主役のアノ演目は別に興味ないし。あ、でも、身のこなし軽やかでおちゃめなアノ人も出演していたのだっけ。それを考えるとちょっともったいなかったかな。

ということで歌舞伎座は二幕目「幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)」から鑑賞。たぶん見るのは初めてだけど、どうも好きになれない演目でした。ストーリーが、あからさまなだまし討ちで・・・。いや、“あからさま”だから“だまし”ではないのだけど。そんなわけで、大奮闘(いろんな意味で)する海老蔵丈を目の前にしながら寝てしまいました。

でもいいんです。目的は三幕目の「春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)」ですから!弥生を演じるのはもちろん菊之助丈!

Org_20140502001102 最初に菊之助丈の鏡獅子を見たときは、どうしてもこの人が女の子にしか見えず、頭が大混乱しました。しかし菊之助丈もはや36歳で一児の父。最前列から見る弥生の顔はさすがに時の流れを感ぜずにはいられませんが(私に言われたくはないでしょうけど)、しかし、その舞はとてもかわいらしく、かつ深みが増して魅力的で、どうしても目が離せない。引き込まれる、というより、引きずり込まれる感じ。

さて、この弥生に獅子の精が乗り移って、後半は獅子の精が舞うのですが、こーれーがーまーたー良かったんです!花道を逆走するときのスピードが記憶よりも遅めだったけど、その後、舞台中央に入ってきたときは見事に目が合って(ファンの妄想)クラっときました(@_@)

菊ちゃんの獅子の精は、迫力がありながらも、フワッとした軽やかさがあって、それが“実体の無い獅子”、つまり物理的な生き物ではなく獅子の精という存在を感じさせてくれる気がする。

などと夢のような世界に浸っていたら、あっちゅーまに終わってしまいました。なんだよー、長兵衛の4分の1くらいしかなかったんじゃないの?と、心の中で文句をいいつつ、顔はニヤニヤしつつ、帰宅しました。

ずいぶん頑張った一日でしたが、明治の職人や菊之助丈の頑張りに比べれば、らくらくで楽しい一日でした。今日の「ありがとう」は、三井記念館を勧めてくださったSさんと、歌舞伎座チケットを手配してくださったK子さんに。

2014年5月10日 (土)

世界遺産、今日も良し!

井田は天気良し、富士山良し!
P5100047

そして海の中は透明度1〜10m、水温16〜17℃!およよ〜coldsweats02
浅場は全然見えません。水深15m以上になると10m以上見えるけど、寒い。すっかり「水温17℃」のつもりで準備したので、フード無し。ちらりと見たダイコン(ダイブコンピュータ)は16℃をわずかに切っていました。寒い〜〜〜〜。

P5100013ウミヘビの仲間、モンガラドオシ。ライトの関係でものすごい深海っぽく写っているけど、実際には水深15mくらいです。 モンガラドオシはいつもは顔だけ砂から出しているのだけど、全身が出ていたので撮ってみました。背びれが意外ときれいだと初めて認識。

P5100019 こちらはヨメゴチ。ヒレを広げるとけっこう豪華。腹びれと尾びれの下側は実際にはもっと青っぽくてきれいです。ヒレを閉じていると、全体が薄カーキ色でものすごく地味。

P5100031 井田ダイビングセンターに居ついている野良猫コロが2週間前に子どもを産んでいました。分かりづらいですが赤ちゃん3匹います。かかかかかかわいいheart04井田ダイビングセンター西森夫妻の赤ちゃんもすくすく育っていました。夫妻ともルックスグッドなので、どちらに似てもハンサムに育つはず(プライバシーを尊重して写真無し)。

今日の「ありがとう」はのんびりな井田と井田ダイビングセンターのスタッフ、いつもの仲間に。

2014年5月 6日 (火)

海を臨む 海から臨む

防府(ほうふ)の大平山から瀬戸内海を臨む。とってもおだやか。
P5030027

P5030020 大平山の山頂は、あと1週間くらいでつつじ満開になる予定です。この、モコモコした茶畑のような緑が、つつじの赤や白や薄紅で覆われるらしい。まだ一分咲きにすらなっていませんでした。残念。

一方、日本海から萩の須佐(すさ)を臨む。これは屏風岩。
P5040057

P5040069 須佐湾を遊覧船(=漁船)で巡りました。この日の海はとてもおだやかだったので、のんびり1時間コース。須佐といえばこちら、ホルンフェルス。白、黒、グレーのストライプの断崖がきれいです。

ちょっと山口県の観光案内をしてみました。連休の「ありがとう」は両親と猫と犬に。

2014年5月 2日 (金)

花と団子

眩しい緑の合間からスカイツリーを臨む。向島百花園からの風景。
P5020062

ツツジ、ウツギ、イチハツ、アヤメ、コデマリ、その他いろいろな野草がほろほろと咲いていました。藤はまだ咲き始めでした。珍しいものでは、クロバナロウバイ(下左)、コンニャク(下右)なども。
P5020053P5020067

花を堪能したあとは、団子(和菓子)へGO!
まずは「志”満ん(じまん)草餅」
P5020080

続いて「長命寺桜もち」
P5020082

歩き回って見つけた「青柳正家」の菊最中と上生菓子2種
P5020099

食を大事にする私は、お菓子を食事代わりにすることないので、お昼ご飯はきっちり「美舟音(みふね)」でお蕎麦をいただきました。(筏に乗って流れてきます)
P5020095

たくさん食べて、たくさん歩いた一日でした。今日の「ありがとう」は散策バディーと晴天に。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ