最近のトラックバック

« 引きこもっても、春 | トップページ | 苦労も社二病も若いうちに »

2014年4月14日 (月)

やっと会えたね、ゴマフー

日曜日の井田の透明度は5〜8m。先週、しばらく好調な透明度を維持していたのに、土曜日にがくっと5mまで急落。これでもわずかに回復です。

P4130029ミズタマウミウシを一生懸命探したけど見つからず、残念!でも、人生初のゴマフビロードウミウシには会えました。モフモフしていてかわいい。ちなみにこれは下方が頭です。

P4130004 そしてよく目に付いたのが、黄色がきれいなミツイラメリウミウシ。いったいどこで区切ったらいいのか困る名前です。ミツイ・ラメリ・ウミウシ?ミツイラ・メリ・ウミウシ?ちなみにこれも下向いています。

P4130020 水温は15℃。少〜しずつですが、水温上がってきています。水温が低かろうが高かろうが、透明度が良かろうが悪かろうが、いつも元気なキンギョハナダイ。この脳天気ぶりには癒やされます。

水深1〜3mくらいだと、陽の光が入ってそこそこきれいに見える。まるで水槽の中のようなホンダワラ。春はこれがワンサワンサと茂ります。今回一番気に入った写真。
P4130017

透明度はイマイチで、天気もほぼ曇り(たまーに陽射しが出る程度)だったけど、早朝に発生したソロモン諸島付近の大地震の影響もなく、海はとっても穏やかでした。

日曜日の「ありがとう」は、いろいろな条件が重なって、思ったより滞りなく1日が終わったことに。

« 引きこもっても、春 | トップページ | 苦労も社二病も若いうちに »

コメント

ゴマフビロードウミウシ、貴重です。どちらが頭かですものね。ミツイラメリウミウシもですか。ウミウシの多色は知っていますが、透明度が良くないのに、出会えてよかったです~。
キンギョハナダイの混雑ぶり、嬉しくなります。
ホンダワラが茂って、魚たちの産卵場所になるのでしょう。流れ藻も作るのでしょう。
海中でも確かな情報はですね。潜られる前にご存じだったかもしれませんが。

海に行ってよかったね。
潜っていると嫌なことも忘れられるものね。(*^-^)

ウミウシの仲間は、何種類くらいいるのでしょう
しかも、どれもカラフルで綺麗!!
何のために、こんな目立つ姿をしているのですか?

海藻が波に揺れているのを、じっと見ていると酔ってしまいそうになるこしあぶらですdespair

>kazuyoo60さん

ウミウシに馴染みのあるダイバーならどちらが頭か分かるのですが、ふつうはなかなか分からないでしょうね。
特に今回の写真はちょっとピントが甘かったのでsad

>時の塒さん

潜りに行くと楽しい。
その代わり、潜りに行くと一日があっという間です。
平日の半分にも満たないうちに終わっちゃっている感覚です。

>こしあぶらさん

私は、キビナゴなどの小さい魚の群が、水面近くでざざーっと揺らめいているのを見上げていると、船酔い状態になりますwobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/55780020

この記事へのトラックバック一覧です: やっと会えたね、ゴマフー:

« 引きこもっても、春 | トップページ | 苦労も社二病も若いうちに »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ