最近のトラックバック

« 結果から導き出せ | トップページ | 13年前って何してた? »

2014年2月 2日 (日)

ズレてもいいじゃないか

Dsc_0001 今年最初の歌舞伎座。演目は「心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)」。お目当ての菊之助丈は芸者小糸の役で、期待に違わず美しく艶っぽく、そして哀しく。ひとつひとつの動きに色気があって、ますます良い感じです。

久しぶりに、けっこう遠い席から舞台を見ました。今まで近い席が多かったので、今回はあえて離れて。

歌舞伎の舞台って面白い。妙な遠近感と妙な現実感と妙な強調感。そして平面(2D)と立体(3D)の交差。昔の日本人の想像力はすごいですね。

そして、花道から表れる役者への反応が時間差なのも面白い。花道の幕から役者が登場すると、すぐそばの客が「わっ」と反応し、かなりの時間差で前方の客が歓声と拍手を送る。通常の演劇では、そういうズレ、つまりタイムラグはマイナス要因として嫌われるのかもしれないけど、これがなかなか楽しいです。

上の歌舞伎座の写真、もっと違う角度からいろいろと撮ろうとしたのですが、1枚撮ったところでいきなりカメラが不調になり、このショットしか撮れませんでした。

今日の「ありがとう」は、いつもお世話になっているK子さんと、隣に座ったHちゃんに。

« 結果から導き出せ | トップページ | 13年前って何してた? »

コメント

時間差、なるほどです。
感動は自然と湧き上がるものですものね。

遠くから見ても立体的に俯瞰で楽しめるって、いいですね。ある程度歌舞伎を楽しまれたことがある人ならではの楽しみ方だと思いました。

>kazuyoo60さん

「あら!」「え?」「なになに?」「きゃー」という感じで、徐々に歓声と拍手が広がりますhappy01

>つーみーさん

久しぶりに遠くから見て、近い席だと役者の顔ばっかり追ってたんだなって思いました。
遠くから全体を見るのもたまにはいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/54839668

この記事へのトラックバック一覧です: ズレてもいいじゃないか:

« 結果から導き出せ | トップページ | 13年前って何してた? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ