最近のトラックバック

« 四谷怪談の痛み | トップページ | 充実の海(皿の上) »

2013年7月12日 (金)

ちょっくら深海まで

行ってきましたよ。ぷらっと上野まで国立科学博物館「深海」。

深海生物のビデオや、深海生物の標本がいっぱい。N○Kで放映されたダイオウイカの映像もダイジェストで視聴できます。竹中直人のナレーションが少々うるさいけど、夏休みの家族(子供連れ入場者)狙いなので、ま、仕方ないか。標本展示も、全般的に目線が低めです。

有人調査船「しんかい6500」の実物大模型も展示。調査員が乗り込む耐圧殻はとっても狭い!こんなところに何時間も閉じこもるのね。でも、死ぬまでに一度乗ってみたい。しょこたん、羨ましいぞ!

久しぶりに見たダイオウイカの映像も感動的だったけど、メンダコのビデオにも感激でした。メンダコLOVEheart01

深海の生物は、一生懸命にひたすら生きているだけなところがいい。それを一生懸命研究して翻弄されている人間も素敵だ。

ついつい、図録、手拭い、ファイルケースなどなど、グッズいろいろ買ってしまいました。
Dsc_0021

VIVA深海!今日の「ありがとう」は深海の生物と海洋研究開発機構に。

« 四谷怪談の痛み | トップページ | 充実の海(皿の上) »

コメント

NHKでも宣伝してました。大王烏賊の映像は迫力ですよね。
何時手に入るかもしれない食料を獲得するのはです。何種に生まれるかは自身で決められない、生息場所もある程度しか選べない、それが生物でしょうね。

>kazuyoo60さん

生きるため、エサを採るため、それぞれ独自の方法を持っています。
300℃の熱水が噴き出すところに住むエビやカニにもびっくりでした。

私も20日に行く予定です

情報、参考になりました

>ひでこさん

夏休み初日ですね。
子どもたちで混むかもしれませんが、負けずにダイオウイカに会ってきて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/52449998

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっくら深海まで:

« 四谷怪談の痛み | トップページ | 充実の海(皿の上) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ