最近のトラックバック

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月29日 (月)

神様のご新居へ

すっかりブログをさぼってしまいました。

Dsc_0039 先週末は、「お白石持(しらいしもち)行事」に参加してきました。伊勢神宮の式年遷宮行事の1つで、神様の新居(正殿)の周りに敷く石を運んで奉納するというものです。

本来は地元の住民が参加する行事なのですが、友人(三重県外在住)のお姉様がその地域と交流のある活動に関わっている関係で、仲間に入れていただきました。

Dsc_0023 まず衣装は、○に「河」の白い法被、白いズボン、白い靴、空色の帯、白いはちまき(白い帽子で隠れますが)。なぜ「河」かというと、伊勢市河崎六ヶ町が担当する奉納に参加させてもらったため。河崎地域の中でもエリアによって法被の色や背中の大紋が違います。

Dsc_0034 こちら紺の法被は、青年団員の方々。やっぱり法被の着こなしは男性の方がかっこいいですね。

Dsc_0033 これが、お白石を積んだ奉曳車。木樽の中にお白石が入っています。お白石は事前に「お白石拾い行事」で宮川河川敷で集められたものです。

Dsc_0061 奉曳車につながれた綱をみんなで引いて内宮の宇治橋まで練り歩きます。老若男女が引くので、ゆっくりゆっくり進みます。実際に引いている(駆動力になっている)のは極々一部の方だったと思われます。

給水車もちゃんと付いてきてくれるので、ところどころ休憩して冷たいお茶や飴などを補給。通過地点の地域の方々が「おもてなし」としてお茶などふるまってくれることもあります。

Dsc_0069 休憩する時は、綱は決して地べたに起きません。このようにゴザの上にとぐろを巻くようにきれいにおさめます。神聖なものなので、またぐのも御法度。

ようやく宇治橋鳥居前に到着。鳥居下に奉曳車を付けるときは、いままでのようなの〜んびりとは違い、一気に曳いて急カーブで停車します。
Dsc_0079Dsc_0080

このあと宇治橋を渡り、手を清めて白い布の上にお白石を配ってもらい、内宮の新しい正殿にまで持っていきます。普段の参拝では決して入ることのできないあの塀の中です。神様の新居はぴっかぴかで、まるで黄金の如く輝いていました(大げさではなくそう感じました)。長年の強い信仰によって実現する正殿はとても神々しく、でも決して威圧的ではなく、なぜか涙がにじんできました。欄干の擬宝珠は色とりどりの七宝。そのかわいらしさが神様への信仰というより愛情を示しているような気がします。

残念ながら、ここは撮影禁止。神様のお住まいですからね。しかし朝日新聞のサイトに写真が出ていました(私たちの前日に行われた、別の地域による奉納行事の取材)。さすがに大手メディアは撮影が許可されるんですね。でも、(負け惜しみではないですが)写真で見ると神々しさが半減。実際にはもっともっと感動的に美しいお住まいでしたよ。

Dsc_0089 行事は予定より1時間遅れで終了。あわてて荷物を預けていた宿にタクシーで戻り、(汗だくのまま)すぐに駅に向かって特急に乗り、まずは伊勢ビールで「お疲れ様」。それから名古屋で新幹線に乗り換えて、さらに私鉄を乗り継ぎ乗り継ぎして無事に帰宅しました。赤福買う余裕はまったく無しでした。

あっという間の一日。終わってみると「あれ?夢だったかな?」と思うような体験でした。

Facebookにこの参加体験のことをちょろっと投稿したら、Rちゃんが(ある縁でこうした行事に参加できたことについて)「suzieさんの日頃の行いよねぇ〜」とコメントをもらいました。思うにこの縁は、「これから日ごろの行いを良くしなさい」っていうインセンティブ(誘因)として授かったものだと思う。

この有り難い縁を運んでくれたBちゃんとそのお姉様、一緒に頑張ったM里とY江、受け入れてくださった河崎六ヶ町の方々、伊勢の方々、インセンティブに気づかせてくれたRちゃん、どうもありがとう。そして伊勢の神様、深く感謝です。

ちなみに今回のお白石奉納は内宮、8月に外宮のお白石奉納が行われます。残念ながら外宮の奉納には参加できませんが、伊勢の方々の奉納が無事に執り行われることを祈っています。

Dsc_0004 さらに追伸。今回宿泊に使った星出館はとても趣のある宿。宿の主人もお白石奉納に参加されるため素泊まりのみの受け入れでしたが、いつかまた伊勢神宮を訪れる時は是非ゆっくりと宿泊したいと思います。

2013年7月17日 (水)

朝の喜びとサプライズ

Dscf7409Dscf7408 朝顔が咲きました。うだるような暑い夏の朝のちょっとした喜び。

実は、第一・第二朝顔はすでに先月咲いていたのですが、うっかり写真を取り損ねてしまい、これは第三・第四朝顔です。いずれも大輪。

両方とも赤系ですが、それぞれ全ぃ違う色。こういう“言い表せない”色が和人心(わじんごころ)をくすぐりますね。

今年もすでにバッタとの闘いが始まっていますが、できるだけたくさん咲いてくれますように。

今日の「ありがとう」は、すこーしだけ涼しくなった曇りと雨、そして大輪の朝顔に。

おまけ:今朝、目の前の道を通ったトラックの運ちゃん(比較的若い)が、「ベサメ・ムーチョ」を大声で歌っていた。ベサメ・ムーチョですよ!ベサメ・ムーチョ!ちょっとした早朝のサプライズです(笑)

2013年7月15日 (月)

充実の海(皿の上)

週末は久しぶりに泊まりがけダイビングでした。宿泊は西伊豆の民宿「あま」。食事がとても充実!西伊豆は東伊豆に比べて地味ですが、民宿の食事は断然良いです。

Dsc_0005 追加料金無しでこの刺身盛り合わせ(ヒラメ、サザエ、タコ、マグロ中トロ)!この豪華さは大勢で泊まったことと、幹事がM澤さんだったってことが要因ですね、きっと。

で、ダイビングの話しに移るかと思いきや、続いて食べ物の話。

Dscf7390 以前、友人がFacebookにあげていたタイカレー缶、そのときはその存在を全然知らなかったのですが、最近、近所で見かけて3種類購入しました。なかなか美味しい。すると今朝、テレビで「人気がありすぎて入手困難なタイカレー缶」と紹介されていました。缶詰でこれだけのクオリティー。素晴らしいです。

週末の「ありがとう」はM澤さんはじめ、仲間の皆さんと、民宿「あま」、そしてい○ばのタイカレー缶に。

2013年7月12日 (金)

ちょっくら深海まで

行ってきましたよ。ぷらっと上野まで国立科学博物館「深海」。

深海生物のビデオや、深海生物の標本がいっぱい。N○Kで放映されたダイオウイカの映像もダイジェストで視聴できます。竹中直人のナレーションが少々うるさいけど、夏休みの家族(子供連れ入場者)狙いなので、ま、仕方ないか。標本展示も、全般的に目線が低めです。

有人調査船「しんかい6500」の実物大模型も展示。調査員が乗り込む耐圧殻はとっても狭い!こんなところに何時間も閉じこもるのね。でも、死ぬまでに一度乗ってみたい。しょこたん、羨ましいぞ!

久しぶりに見たダイオウイカの映像も感動的だったけど、メンダコのビデオにも感激でした。メンダコLOVEheart01

深海の生物は、一生懸命にひたすら生きているだけなところがいい。それを一生懸命研究して翻弄されている人間も素敵だ。

ついつい、図録、手拭い、ファイルケースなどなど、グッズいろいろ買ってしまいました。
Dsc_0021

VIVA深海!今日の「ありがとう」は深海の生物と海洋研究開発機構に。

2013年7月 8日 (月)

四谷怪談の痛み

Dscf7401 週末は歌舞伎観劇でした。夜の部は「東海道四谷怪談」通し狂言。お岩さんはもちろん菊之助丈。チラシ(部分)はこちら。眉が無くても美しい。右側は伊右衛門を演じる染五郎丈。

いや〜怖かった。もちろん話の展開はとっくに分かってるし、仕掛けも昔ながらのものだし、現在の技術を駆使した映画のようなドッキリビックリはまったく無いのだけど、おどろおどろしさ満点。こんなに醜い菊之助丈は初めて。

顔が変わる前からすでに怖い。薬を飲んでいる姿からして(薬を飲んだらどうなるか分かってるだけに)妙な‘不均衡感’でなんだかぞわぞわ。

それにしても残酷な話。これが最初に上演されたときは、さぞ衝撃だったことでしょう。見ていて、痛い。あ、「痛い」といっても、最近言うような「イタい人」とか「イタい車」とかの「イタい」ではありません。本来の「痛い」です。

四谷怪談を観ながら「サンタ・サングレ」という映画を思い出しました。アレハンドロ・ホドロフスキー監督が「忘れられない映像で、見る人を傷つけたい」という意図で作った映画です。あまり万人にお勧めできる映画ではないですが、その思いを見事に具現化していると感じたものです。

その意味で、四谷怪談とサンタ・サングレは似ている。鶴屋南北の四谷怪談は1825年作だそうで、サンタ・サングレ(1989年作)より160年以上早い。鶴屋南北も「観る人を傷つけたい」と思ったのだろうか。

私は見事に傷つけられました。

週末の「ありがとう」は、昼・夜とも良い席を回してくださったK子さんに!菊三昧の週末でした!shine

2013年7月 7日 (日)

営業マンのモチベーション

Dscf7398 書道の先生にいただきました。花柄の和紙の便せんと封筒。先月、某書道団体の展示会を見に行ったのですが、そこで先生がけっこう大きな賞を取り、「わざわざ見に来てくれたから(にっこり)」ということだそうで。

わざわざというほどの手間はかからなかったのに(しかも入場無料)、見に行っただけでこんなに喜んでもらえるなんて。

以前にもちらっと書きましたが、私の書道の先生。けっこう美人です。いつもにこにこ、でも少しうっかり者でとてもかわいいです。この先生が喜んでくれると、こっちもとても嬉しいので、頑張らなければ、と思わされてしまいます。

そんなわけで、今日は朝ラン→歌舞伎座昼の部→江戸東京博物館ファイン・バーグコレクション展、そして帰宅後、ビール飲みたいのを我慢して書道の練習しました。ちょっとだけね。

いただいた便せんは、OA対応なので「プリンターで印刷してみたけど、けっこうきれいにできたわよ」と先生がおっしゃるのですが、せっかくなのでこの便せんを使う時は手書きにします。硬筆はなかなか昇級せず停滞気味ですが・・・。

営業マン
はあなたの笑顔のために頑張ります。今日の「ありがとう」は、罪作りな笑顔の先生に。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ