最近のトラックバック

« さむい!きれい!おいしい! | トップページ | 倍速・極寒の日曜日 »

2013年2月13日 (水)

名前は想像の源

もう何年も前から気になっていることが・・・・。それはアルファベット名前の芸能人が多いということ。主にモデル、ミュージシャンですね。日本語の名前をわざわざアルファベット表記する。

日本人たるもの、横文字の名前なんてけしから〜ん!と言いたいわけではありません。

私は自分が比較的ありふれた名前なので、人の名前にとっても興味があります。姓から「もしかしてこの人は○○県出身かな?」とか「先祖は特別な職業だったのかな?」とか考えたり、名から「この人が生まれた頃に大人気だったスポーツ選手と同じ名前だ」とか「この人の親はこんな思いでこの漢字を付けたのね」とか、あれこれ思い巡らします。たとえ本名とはまったく違う芸名でも、その芸名を付けた意図・エピソードを知ると面白い。

だから、アルファベットの名前は・・・・・つまらんのです。ちょっと「いいな」と思うモデルやミュージシャンでも、名前がアルファベットだと興味半減。いや、10分の1くらいに。

さだまさしの息子が、バイオリニストとピアニストの3人組ユニットとして活動しているそうで、名前(ユニット名ではなくメンバーとしての名前)はTAIRIKUさんだそうです。ま、有名人の息子ですから、本名が「大陸」であることはすぐに分かるのですが。しかしもったいない。なぜ「大陸」にしないのか。さだまさしは30年以上前に自腹で巨額をはたいて中国を舞台にした「長江」を制作した。そんなこんなの長きにわたる中国大陸に対する深い思いを込めて「大陸」と名付けたんだろうなと想像されるのですが、それがTAIRIKUですから。興味100分の1です。

もともとモデルで、その後役者として活躍しているARATA氏は、昨年、名前の表記を本名の井浦新に変えられました。ある映画に三島由紀夫役で出演した際、「三島を演じた役者の名前がアルファベット表記でエンドロールに出ることは好ましくない」と思ったからだそうです。ARATAさん、もとい、新さん!よくぞ気づいてくれました!

さて、アルファベット名前が好ましくない理由がもう1つ。それは、瞬時に認識しづらいこと。たとえば、ドラマの最後や、短時間のCMで、ちょろっとクレジット表記されたときに、アルファベットだとすぐに識別できない。当然、記憶するなんていう高度な段階には進まない。日本語だと、なんとなく記憶というか印象に残る。少なくとも、名前の一部は覚えていたりする。

アルファベットだと、「なに?あ、消えちゃった。ま、いいか」で終わる。若者達はすぐに認識しているのかな。いや、さすがに無理でしょう。興味があればネットで調べたりするんでしょうけど、あたしゃ興味持つまでに至りません。

ちなみに今一番興味がある芸能人は剛力彩芽ちゃん!名前のインパクトが素晴らしい!ルックスもかわいい!話し方もしっかりしていて好感が持てる!応援してます(^^)

今日の「おめでとう」は菊之助丈に。末永くお幸せに。

« さむい!きれい!おいしい! | トップページ | 倍速・極寒の日曜日 »

コメント

ゴーリキーってちょっとロシアっぽい名前だなと勝手に思って見ています(笑)

彼女は本名だけど、もしいかにも、みたいな芸名だとこうはブレイクしなかっただろうって何かで読んだ記憶があるよ。名前のインパクトがすごいよね。
私は母の旧姓の忽那(こつな)が好き。珍しいでしょ。最近忽那(くつな)なんとかって若い女優さんがいるけど。
前っておもしろいよね。
あ、苗字ね。
下の名前は最近すごいもんねえ。

あ、でもちょっとsuzieさんの言ってることとずれちゃった。

私が嫌なのは、読めない名前かなあ。
例えば、みゆうちゃんって子がいるんだけど、感じは 心優 って書くの。心優しい子になって欲しかったのねと思うけど、読めない。

大陸さんのことは知りませんでした。親が偉大だから本人は避けたいのかもしれませんね。利用する方と別れるのでしょう。
確かに漢字は意味まで直ぐにひらめきますものね。
菊之助さんのことは新聞で見ました。ますますご活躍なさるでしょう。

読み返してみると、文章も目茶苦茶なら文字も
おかしい。

前⇒名前
感じ⇒漢字

です。恥ずかしい。

>うっちーさん

えー!お母様の旧姓は忽那さんだったの?羨ましいhappy01忽那汐里も好きよ、かわいいし元気だものね。(同じ字だけど読み方は違うのね)

近頃のいわゆるドキュンネームやきらきらネームは、先に読み方=音を決めて無理矢理漢字を当てるので、思いを込めて名前を付けるという感覚とはちょっと違いますよね。
どちらかといえば、ヤンキー用語(よろしく=4649=夜露死苦)に近い。

>kazuyoo60さん

私もTAIRIKUさんのことは、2・3日前のテレビ番組で知りましたが、一部ではだいぶ前から知られていたようです。

3月に菊之助丈の舞台を見る予定です。楽しみですheart02

わかります。当て字じゃなくて、漢字の意味を大切にした名前をつけている赤ちゃんに会うとなんだかホッとしますscissors
最近アナウンサーやレポーターに、キラキラネームっぽい、日本人ぽくない名前の方が増えてきました。時代の流れなのかな。
アルファベット表示のモデルさんが増えて、そのせいでかえって目立たないような印象を受けます。
剛力さんも忽那さんもインパクト大ですね。

>つーみーさん

日本人ぽくない名前のアナウンサーやレポーターって誰かしら?混血だからということではなくて?
たぶん何度も見ていて名前も聞いてい人だろうけど、なんせ興味が10分の1以下に落ちてしまうので、私の頭の中に残っていないのでしょうねcoldsweats01

名前って、名付けた方の思いとセンスが如実に現れますよね。
名前は言霊。その後に影響大だから、よくよく考えたいものです。
流行もあるのでしょうが、最近の女の子の名前には「子」があまり付いていませんね。
“「子」という字は「一(はじまり)」と「了(おわり)」で成り立っている”ことを教えてもらってから、私はさらに好きになったのだけど(^_-)
“襲名”のある歌舞伎の世界。名前をとても大切にされている文化ですね。

>mariさん

「子」にはそんな意味があるのですか。
私が聞いた別の説は、昔は女の子がなかなか育たず子供のうちに亡くなることが多かった。もともと女性は「陰」の気、男性は「陽」の気とされているので、女の子に陽の気を(生命力を)加える意味で、「陽」の気を持つ「子(干支の“ね”)」を付けたという話しでした。

いずれにしろ、「子」には願いがこめられているのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/49384485

この記事へのトラックバック一覧です: 名前は想像の源:

« さむい!きれい!おいしい! | トップページ | 倍速・極寒の日曜日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ