最近のトラックバック

« 上野にて外憂を忘れ | トップページ | 私史上、過去最大? »

2013年1月31日 (木)

姿も味も栄養も満点

牡蛎の松前焼きというものを作ってみました。食べるのも作るのも人生初。たまたま見かけたレシピで知りました。

作り方は簡単。まずは牡蛎を醤油に漬けて、昆布をお酒に浸して、柔らかくなった昆布の上に牡蛎を乗せて、オーブンで焼くだけ。

Dscf6972 これがすっごくおいしい!なぜ今まで知らなかったのか。

写真では2個だけですが、本当は5個焼きました。美味しくて3個ばくばくと食べた後、残った2個を撮影した次第。もちろん、あとで昆布もむしゃむしゃたいらげました。

牡蛎、大好きなのですが、過去に3回生牡蠣で“当たった”ために、もう生は食べないようにしています。

しかし、生牡蠣が食べられなくなって気づいたことは、火を通した牡蛎は味も姿もよろしいですね。ぷくっとふくれたところなんか、いかにも美味しそうでかわいらしい。

牡蛎は栄養豊富なことで有名ですが、あらためて牡蛎の栄養を検索してみると、よくまぁこんな小さい体にこれだけの栄養が詰まっているものだと感心します。

亜鉛の含有量は他の食材より群を抜いて高く、牡蛎2個食べれば1日の亜鉛摂取量をクリアするとのこと。たった2個・・・。こんなに美味しいのだから、2個と言わずにもっと食べさせて欲しい。

亜鉛は取り過ぎても問題ないのかしら。と考えつつ、5個完食。

今日の「ありがとう」は、N社に確認の電話を入れてくださったKさんに。

« 上野にて外憂を忘れ | トップページ | 私史上、過去最大? »

コメント

美味しそうですね~。私も牡蠣は大好きですので、今度作ってみようと思います。
でも、3回も生牡蠣にあたったら、いくら火を通しても嫌になったりしなかった?
私は生牡蠣にはまだあたったことないけど、あたって苦しんでいる人たちを見たことがあるので、それ以降食べないようにしています。
いずれにせよ、suzieさんが牡蠣嫌いにならなくて良かった。栄養たっぷりだし、ほんとに美味しいもんねheart04
(ちなみに一番好きな牡蠣料理は、月並みですが牡蠣フライです。)

うわ~美味しそう(*゚▽゚)ノ

この料理を知ることが出来て良かったですね。

プリッと身厚で見た目もバッチリだし、シンプルだから余計に牡蠣ですって感じでいいです。

白子を昆布にのせて焼く料理を食べたことがあります。感覚的には似たような感じかな。
もちろん味は牡蠣のほうが旨みありそうですけどね。

殻つきの牡蠣に当たってから、食べたいけれどまた当たってもと敬遠でした。美味しそうですね。3個買って、生は1個、焼いて2個だったのに~~。(苦笑)
テレビで牡蠣の吸い物も映っていたのです。次は買ってきましょう。

>K美さん

3回当たっても嫌いにならなかったです。
生牡蠣だって嫌いになっていないのですが、食べたらまた当たるかもしれないので我慢してます。

ちなみに私の牡蛎料理ナンバーワンは牡蛎飯でしたが、松前焼きが首位奪取しそうないきおいです。

>ぷうさん

昆布にのせて焼く料理を「松前焼き」と呼ぶようですね。白身魚を乗せた松前焼きもあるようです。

白子の松前焼き・・・・すっごい美味しそう〜〜〜〜〜happy02日本酒必須ですね!bottle

>kazuyoo60さん

食べたいのに我慢しなくてはならないのは本当に辛いですよね。
当たるのと同じくらい辛い・・・?いや、当たる方が辛いですねcoldsweats02
我慢、我慢です。

牡蠣美味しいですよね~。
私は生牡蠣は苦手で、絶対加熱したものに限ります。
あんなに別物になるから驚きですよね。
松前焼ですか…。そんなに美味しいなら、
今お味噌汁に入れようと買っておいた牡蠣が
我が家の冷蔵庫で待ってるので、やってみますかな?
出来るか否か心配で、ソテーとかにしちゃうかもcoldsweats01

>まりりんの娘さん

貝類は生と火を通したものでは食感が断然変わりますね。
で、結局牡蛎は松前焼き?それともソテーに?
どちらでも美味しく召し上がったことでしょうhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/49061560

この記事へのトラックバック一覧です: 姿も味も栄養も満点:

« 上野にて外憂を忘れ | トップページ | 私史上、過去最大? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ