最近のトラックバック

« 今年もGAN・TAN・RUN! | トップページ | 今年もますます健康に »

2013年1月 6日 (日)

お宝拝見でリフレッシュ

天気もいいし、正月気分も今日で終わり(にしなければならない)なので、気分転換に江戸東京博物館へ。「尾張徳川家の至宝」展を見に行ってきました。

展示会は1月2日に始まったばかりで、今日は長期正月休みをとった人には家でゆっくりしたい最終日、カレンダー通りの正月休みだった人には正月休暇直後で出かける気にならない日曜日、ということで比較的空いていて、音声ガイドを聞きながらの〜〜んびり鑑賞できました。

Dscf6951 最近の音声ガイドは、電子ペンで音声ガイド用パンフレットの番号(あるいはその写真)に触れるだけで、該当する音声が流れるのですね。反応も音質もなかなか良く、技術の進歩を実感しました。

特に(個人的に)感心した展示作品は「箏 銘:小町」と「秋の野蒔絵十種香箱」です。とにかく美しく、ため息が出ます。保存状態がいいので、けっこう見応えあります。2月24日までなので、お近くの方は是非ご覧になってはいかがでしょうか。

« 今年もGAN・TAN・RUN! | トップページ | 今年もますます健康に »

コメント

権力と財力と集まった時代です。悲惨な生活の庶民が居たはずですが、そうでないと、いわゆる芸術文化が育たなかった、皮肉です。
とはいえ、ちゃんと保存されてるのは良かったですね。

>kazuyoo60さん

まさにそうですね。
映画「第三の男」の名台詞を思い出します。

——グルジア家の圧政はミケランジェロ、ダヴィンチ、ルネッサンスを生んだが、スイスの500年のデモクラシーと平和は何を生んだ?鳩時計さ——

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/48625126

この記事へのトラックバック一覧です: お宝拝見でリフレッシュ:

« 今年もGAN・TAN・RUN! | トップページ | 今年もますます健康に »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ