最近のトラックバック

« 水中と地上でいい出会い | トップページ | カエルアンコウ祭り »

2012年11月17日 (土)

キミもボクも戦国時代

先日のテレビ東○「カンブリア宮殿」は石川県某市の“常識破りスーパー公務員”こと高野氏がゲストだった。どんな方でどのようなことをしたのかは、番組公式サイトでご覧になっていただくとして、その高野氏の言葉。

日本の農業は「戦国時代」を演じている。どっちの県がおいしいとか。一方、九州ほどの大きさのオランダは農産物輸出で世界3位。日本はオランダに負けない素晴らしい技術があるのに、なぜ売れないのか。それは「内」ばかり向いているから。
(記憶力の悪い私の記憶なので、正確性は保証せず)

そのテレビ放映の翌日が衆議院解散。ニュース番組では何人もの議員のコメントを流していた。「打倒○○(政党名)」とか「政権奪還」とかね。つくづく、「戦国時代」だなーと感じた。韓国や中国政府の方がよっぽど外(世界)を向いてます(その方法が良いか悪いかはここではあえて言及しないとして)。

しかしそれよりも呆れたことが。それは、自分の目も結局のところ「戦国時代」しか見ていなかったということ。「まったく民主党は」「かといって自民党もねぇ」「維新はちょっと危険」「太陽の党は代表がキライだもん」とかね。どれだけ「内向き」なんじゃ!しかもネガティブ。

実際の戦国時代の武将の方がよっぽどグローバルな思考だったかもしれません。次の選挙では、もうちょっと本気で外向きに考えて投票しましょうね!(と自分に言い聞かせる)

今日の「ありがとう」は、いろいろと助けてくださった、Jさん、Sさん、Oさん、Hさんに。本当に勉強になりました。

« 水中と地上でいい出会い | トップページ | カエルアンコウ祭り »

コメント

有難い選挙権のはずです。
昔の戦国時代は選択を間違えたら、所領も命までもです。その深刻さが伴わないからでしょう。
誰がなってもの気持ちもあります。地元候補すら全部は知りません。いけないのは分かっていてもです。

>kazuyoo60さん

そのありがたい選挙権を放棄している人が半数近くもいるのですよね。とても残念です。
それにしても、誰に投票しようかしら。
都知事選も衆院選も(^^;

東京都はダブルで選挙ですね。
政党の掲げる政策をよく比べて投票しようと思いましたupwardrightupwardright
新聞勧誘で、サービスいっぱいつけるから買って、というのと似ている気がします。サービスが焦点になるんじゃなくて、中身ですよね。

>つーみーさん

そうなんです。東京はダブルです。
ますます投票者がなおざりになってしまいそうですbearing
自分の希望にピッタリ合う政党は不可能なので、どれを優先するか投票者もちゃんと焦点をしぼる必要がありますね。
うーん、自分にできるかなcoldsweats01

私も見ました

公務員でもあんな人いるんだね

「遅咲きのひまわり」のドラマと重なった

>ひでこ儘さん

高野氏はかつてテレビ局で勤務されていたので、公務員らしからぬ発想をされるのでしょうね。

「遅咲きのひまわり」、見ていないですbearing
いずれ再放送になったら見てみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/47877288

この記事へのトラックバック一覧です: キミもボクも戦国時代:

« 水中と地上でいい出会い | トップページ | カエルアンコウ祭り »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ