最近のトラックバック

« 肉体に驚き、時間に絶句する | トップページ | 片付けてから帰りなさい »

2012年10月20日 (土)

7月の朝を振り返る

Dscf6586 淡墨です。「朝」と書きました。

書道教室で、毎年7月に普段の習字とは違う何かにトライするのですが、今年は淡僕でした。
7月はまだ陽が昇るのが早くて、しかも梅雨が明けたあとだったので、朝がとっても気持ち良かったこともあり、この字を選びました。

左側は浮かび上がった日を、右側は山に身を隠した月を表しているそうです。「朝」とは、日(太陽)と月がバトンタッチすることを意味しています。

7月に淡僕で書いて、その後紙を補強してもらい、サイズを合わせたパネルを作ってもらったので、完成が今になってしまいました。

10月の現在、朝私が起きる頃は暗く肌寒く、「朝ーーーー!」と書きたい気分にはなりませんが、7月だから書く気になった字ですね。

他の方々は、余白を上手に活かした雰囲気のあるさまざまな字・作品を書かれていましたが、私の字は真ん中にでーんと・・・・(^^; でも先生が、「淡墨のおもしろさが出ている」とおっしゃってくださったので、木に登ってブログに載せちゃいました。

今日の「ありがとう」は、いつも楽しくご指導して下さるF先生へ。

« 肉体に驚き、時間に絶句する | トップページ | 片付けてから帰りなさい »

コメント

わ~素敵!!書道も習ってるんですね。多趣味で羨ましいです。
「朝」という字にそういう意味(由来?)があるとは知りませんでした。
考えれば、ああ、そうか。と思いますが、なかなかそういう事に気づくことってないですよね。
ひとつ勉強になりました。どうもありがとう。
そして、これからもこの素敵な趣味を続けて、またすばらしい書を見せてください。

かわいくって
女性らしい書
好きですね、こういうの

どんどん木に登っちゃってください

お酒のラベルにしたい様な書だわ

篆書(てんしょ)でしょうか?
他界した私の父が、
書いたり、印を彫ったりして使ってました。

表具してもらったのですか?
ステキですね。shine
淡墨も好きです。
個性が表現されて、味があるから。

書も嗜むsuzieさんが、素敵ですlovely

お日様が上る意味があるのかな、作られ始めの漢字を感じます。綺麗な作品です。

楽しい一日の幕開けという感じの『朝』だな。

「古典のおおらかな雰囲気が感じられてすてきです。
そう言われれば、余白が少ないですね。
これから・・・これから楽しくなりますよ」これは
親バカばーばのコメント。

>K美さん

ありがとうございます。
趣味というより、「この歳でこの字の下手さはまずいだろっ」と思い、3年前に始めました。
毛筆と硬筆を指導してもらっています。
なかなか進歩しないけど、ほめ上手な先生のもとでけっこう楽しみながら続けています。

>?さん

気に入っていただけて嬉しいです。
今度は「辛口」とか書いてみようかしら(^_-)

>まりりんの娘さん

何体か忘れましたが篆書体ではなかったと思います。
表具なんてしませんよ〜(^^;
パネル板を作ってもらって貼り付けただけです。
まりりんの娘さんのお父様は書も印も嗜まれていたんですね。
私はまだまだ「習字の練習」の段階です。

>kazuyoo60さん

ありがとうございます。
おっしゃる通り「作られ始め」の漢字です。
朝のヘン(左側)は、お日様が上るのを意味しているらしいです。
上っている雰囲気、出ているでしょうか。

淡墨というのですね。
難しいことはわかりませんが、私、凄く好きです♪

顔にも見えるし、太陽と月の形にも見えるし、明という字にも見えるし、見ていて飽きません。
出来れば、葉書サイズでほしいぐらいです。
柱に貼っておきたいです。

ベタ惚れしちゃいました(*^_^*)


左側は、ご来光をあおいで、万歳しているみたいに元気よく
右側は、ひっそりとした雰囲気が良く出ていますね!

上司とソリがあわないのが元で“心の風邪”を引き込み、早期リタイアへとつながりました。主治医からそんなことで(会社)辞めてはいけません。診断書はいくらでも書きますと言ってくださいました。
そんな折、倉嶋厚著「やまない雨はない」に出会い、これを勝手に「朝の来ない夜はない」と置き換えて何度も読み返し心の支えとしました。

もっと早くにこの素晴らしい「朝」と言う書体に巡り合っていたら、或いは別の今があったかも・・・と、少し悔やまれます。
なお、勝手ながら早速にプリントアウトし、デスクの傍らに掲げております。
どうもありがとうございました。

心の琴線に触れるような「朝」に感服いたしながら、改めて見入っています。
重ねてありがとうございます。

>時の塒じーじさん

昔の人は、朝が来る(陽が昇る)=幸せ だったんでしょう。

>ばーばさん

褒められているのか慰められているのか微妙な感じですが、どうもありがとう。

>ぷうちゃん

そんなに気に入って貰えるなんてとっても嬉しいです(*^^*)

確かに「日」と「月」では「明」ですね。
改めて見直すと、「月」がちょっと貧弱だったかな。

>こしあぶらさん

そうなんです。
左側は目玉おやじが万歳してる感じだなーって思っていました(笑)

>omotannさん

こんな書をデスクに置いていただいているなど、とんだお目汚しです(汗)

お仕事で辛い思いをされたのですね。
でも今は早朝ウォーキングで美しい朝をご覧になっています。
omotannさんの早朝の写真で、私も癒やされています。こちらこそありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90117/47527037

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の朝を振り返る:

« 肉体に驚き、時間に絶句する | トップページ | 片付けてから帰りなさい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ